随分以前の出来事、遊技機検査にお伺いしたホールさんでのこと。
当該法人の営業係長さんと一緒に訪問したお店は店休日でした。現場では店長さんが立ち合い人に加わりました。

検査を進めていくと、そこには「故障中」とカードが差してあるパチンコ機が2台ありました。2~3台離れたところに設置中の同じ機種です。

「その台は故障中ですから検査しなくてよいです。」と店長さんから声が掛けられました。

故障中の台であろうが検査対象であるのは当然なので実施したところ、結果は2台とも「NG」。

その直後、営業部長さんが訪れ店長さんを詰問したところ残念な自供に至ったとお聞きしました。


ホールさんにとって我々は外部業者、身内ではありません。ルールをルール通りに遂行することに躊躇はありません。

では前述のケース、社内セキュリティ部門の検査スタッフさんであったとしても、店長さんの申し出に耳を貸さずに検査を遂行できたでしょうか・・・。



※ブログ内容の無断引用・転載禁止※
 無断での当ブログ記事の転載・引用・コピーは禁止とさせていただきます。
 ただしブログのタイトルとリンク掲載に限り、ご連絡いただかなくても結構です。

以下の二つのランキングサイトに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。  


にほんブログ村 パチンコブログへ