2018年1月9日付、業界団体を通じて注意喚起文書が発せられました。

内容は、北電子製パチスロ機の一部が体感器ゴトの被害に遭うことが判明したというもの。
対象機種は以下の機種が挙げられています。
  ・アイムジャグラーEX
  ・アイムジャグラー7
  ・ラブリージャグラーA
  ・ジャンキージャグラーⅢ
  ・ゲッコウカメン2A
  ・ホウリョウ7

体感器ゴトの手口には2種類あり、赤外線を利用する手口と電波を利用する手口。
いずれもスタートレバーを誤作動させる。
よって、ゴト氏は自身の手でレバーに触れていないのがその特徴のひとつであるとしています。
時にはベース値が上昇することもありますが目立つことは少ないようです。

上記情報は既にブログにても複数回掲載しています。
しかし、いまだに「体感器ゴト」そのものに懐疑的な業界人もあり、本気の取り組みに遅れが出ているケースも散見されます。



※ブログ内容の無断引用・転載禁止※
 無断での当ブログ記事の転載・引用・コピーは禁止とさせていただきます。
 ただしブログのタイトルとリンク掲載に限り、ご連絡いただかなくても結構です。

以下の二つのランキングサイトに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。  


にほんブログ村 パチンコブログへ