TEAM BLACK SS

釣りをメインに「おっちゃん達の外遊び」として
色んな活動を繰り広げる「TEAM BLACK SS」のオフィシャルブログです。

新子 (渓人wrote)

 明石界隈ではケンサキフィーバーに沸いていたようだけど、今年は久しぶりにアオリの新子があちこちで見ることができるらしい。
 昨日も仕事終わりに海へ出てみると、おるわおるわ(゚∀゚)アヒャヒャ
餌木は車に載ってたけど流石にロッドはなかったので、近くのツレん家まで借りに言ってチョイとシャクってみると、藻場からウヨウヨ出てくるもまだまだ小さく釣ろうとは思わないサイズでした。
5ハイほど釣ってこれならばと場所移動します。

某所の地磯でも同じような反応ですが、サイズアップ無し(;´Д`)

100907 001


 釣っても可哀想なのでクランクベイトのフックを外してしばらく遊んでいましたが、やっぱり新子は癒し系?

 釣れたら釣れたでエギングフィーバーが再燃するのかな?
この手の遊びはタックルやポイントの情報ばかりでマナーやルールを知らない輩も多いし、根こそぎ釣って帰る馬鹿者も多いので嫌になります。
どうせなら岸近くでなく沖で繁殖してくれれば釣れなくても枯渇する可能性が無いので安心なんですけどね。

第5回Bカップin安曇川広瀬 (渓人wrote)

 第5回BカップAYUの報告です。
ずいぶんと古い話(3週前)になりますが、かんちゃんがブログを書かないので代わりに更新です。
8月22日広瀬ペアマッチの後で行いました。
この日はほとんどのメンバーが集まるって事で企画していたのですが、2試合戦った後の者に決勝戦を暑い河原で観戦していた者ととにかく暑かったのでメンバーはバテバテです。
「え〜ホンマにやるの〜?」といった声まで聞こえてきます。
一人気を吐くメンバーが一人。。。
この人は勝負事となったら元気になります。誰とは言いませんが疲れというものを知らないのでしょうか?(爆爆

 さて、開催が決定して組合長のご厚意で試合で釣った鮎をわけていただきました。
img_924494_33042724_0

この中から適当にタモで掬い1回戦で釣果の少なかった者からオトリをもらってスタートです。これが今回のハンデとなります。
不正無しに私がタモから大きくて元気な鮎から配っていきます。
がっ!!最後尾スタートの私の時にはヘロヘロの鮎かビリビリのチビしか残っていませんでした。
こんなオトリでどないせーちゅ〜ねん!!と叫んでみても皆知らんぷりです(´;ω;`)

 会長とぱたちゃんは下流へ。他のメンバーは上流の瀬肩へ向かいました。
私は中間の深瀬から始めます。下流のぱたちゃんはトロ場からスタートです。この辺りが面白いと思うのですが、ブラックのトップトーナメンター2人は釣れないと思っていても敢えて人がやらない場所から始めますね。
さて、これが何を意味するのか。。。

 深瀬の私はメタル0.03号に錘をかましてのスタートです。
時折キラキラと鮎は見えますがチャラに比べると数が少なそうです。しかし、良型を期待して強い流れを引いてはみますが釣れるのは同じサイズのビリばかりでした。ペースも悪いので瀬落ちまで引き上がったところで少し上に移動します。
 左岸のチャラではたばこ屋が入れ掛かりモードを演じています。2分1匹ペースは彼にとってはとんでもない話だったのでしょう。
こっちも少し焦りますが3分流の真ん中の瀬で数匹、更に左岸のちょろちょろ流れを引き上がって瀬肩で釣るアフロ犬君の上に入ります。
最近はアフロ犬君も研究熱心で釣れ所を的確に釣ってはいますが。。。
 更に私はベタ竿で同じ筋を座ったまま釣ります。
座ったままには理由があるのですが、動かないで引き上げるにはちょっとした技術が必要です。
右岸の対面にはかんちゃんが良いペースで掛けていますのでメンチを切って威嚇しますが敵もさる者こっちを見ません(爆爆
どうやらペアマッチの決勝戦の時に我々の応援もせずにBカップのプラをしていたようですヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!
たけちゃんもその下でぽろぽろ釣れています。
 私は入れ掛かりまでとは言いませんがそこそこのペースで掛ります。
座ったままでと言うのは引き船ははるか下流に置いてあるので釣れた鮎をタモの中に入れておくしかなかったのでした。
座ったまま抜いて付け糸を掴んではタモに落としこむ一連の動作です。
アフロ犬君が下流へ動いたのを見計らって引き船を取りに行きましたが、タモの中には11匹の鮎が入っていました。
再度戻って瀬肩の流芯からかんちゃんの方向を釣りますが、さっきほどは釣れません。

b


結局は移動したアフロ犬君も自分の続きをぱたちゃんも自分の続きをやりに行ったようですが、決勝でそれほど釣れなかった場所に入ってどうすんねん!!
かん・たけ・たばこ屋はほとんど動かずに、約1時間40分の試合時間が終了し、スタート位置にまで戻ります。
が、戻ってきたのは私を含めかんちゃんとアフロ犬君だけで他のメンバーは延着です。
お前らみんな失格じゃ〜ヽ(#`Д´)ノ

検量の結果は
かんちゃん   28匹
渓人      26匹
サルモサラー 24匹
たばこ屋    17匹
ぱた      16匹
アフロ犬    16匹
たけちゃん   16匹

 これでかんちゃんのBカップAYUの3連覇達成です。
かんちゃんは当てモンに強いのか勝つ時はいつも一歩も動きません(爆爆
さて、メンバーの諸君!!打倒かんちゃんで頑張りましょう(´Д⊂)

この後は皆で朽木温泉てんくうでひと風呂浴びて飯食って帰りました。

JFTフレッシュトーナメント 有田川大会(渓人wrote)

私は来年の全日本アユトーナメントのシード権を持っているので今回の大阪支部大会にはアフロ犬君のセコンドととして参加してきました。

しかし、前日になってぱたちゃんがM口さんと参加するって連絡がありました。。。
予定が狂うやんけ〜!!

6時に岡本おとり店へ集合って事でJFTの先輩であるM松さんと合流して一緒に有田川へ向かいました。

参加選手は8名だったので4名を二ブロックに分けて2名残しとし、2回戦はマンツーマンで2ブロックで1名づつが勝ち上がる方式です。
今年の有田川は鮎が多すぎて成長も遅れ、全くと言って良いほど追わない状態です。
その中でも行く分釣果のあるオオセをAブロック、白石をBブロックとして1試合目のスタートです。
ぱたちゃんとアフロ犬君はAブロック。
M口さんはBブロックです。
役員の都合上で私はBブロックへ行きました。
1回戦位は放っておいても2人とも上がってくるだろうと思っていましたが、予定通り1・2で上がってきました。
M口さんは同匹数で抽選負け。

さて問題の2試合目ですが、当初の予定は同じエリアを使うつもりでしたが、一般の釣り人が多いのと下流でも掛りそうなので、新金屋橋下流と駅裏を使うことに決定しました。

4名で対戦相手を決める抽選でなんと「ぱ〜VSアフロ」ってど〜よ(^^;
P1130225_r


二人ともセンターを挟んで始めます。

P1130226_r


詳しくは「ぱたの釣り日記」で。。。
結果19対14でぱたちゃんの勝利でした。
これで俺と同じ3年連続トーナメント参加ですね。

負けたアフロ犬君はもっと修行しなさい!!
しかし、二人の試合をみていてまだまだ負けることはないと安心しました(爆爆

第2回安曇川広瀬友釣り大会(byかん)

先日、ブラックメンバー達と安曇川広瀬友釣り大会に参加してきました

朝4時前にぱたちゃんと自宅を出発し会場近くの道の駅に集合

46964875_org
久々のメンバー達と挨拶をかわしみんなで会場へ向かいます

P1000388

P1000391

試合はペア戦だったので事前に組合わせを決めていました

ブラックペア 会長、たばこ屋さん
優勝候補ペア 渓人さん、K森君
メタボペア ぱたちゃん、アフロ犬君
釣友ペア M口さん、N村さん
同級生ペア たけちゃん、おいら

早速着替えて他の選手達と情報交換
今回は予想以上の参加者だった為、上下流にブロックを分けて3時間の予選
決勝進出ペアは各ブロックの上位5組となります。

P1000392

46964693_org

くじ引きで上流ブロックは優勝候補・メタボペア、下流ブロックはブラック・釣友・同級生ペアになり試合スタート

上流組は何処で竿を出したのかわかりません

下流組は庄堺に向かいブラックペアは目の前の平瀬・釣友ペアは少し上の瀬方・同級生ペアは更に下流で始めました。

鮎はめちゃめちゃ見えますがケタバスの猛攻撃に釣果が伸びません((TДT)

P1000396
久々の釣りでどうもキャッチミスの多いたけちゃん

P1000398
鮎が多すぎで大きくなれない様でサイズはこんなです

ブラック新隊員のピーちゃんが仕事の合間に様子を見に来てくれて写真を撮ってくれました↑

ダラダラお喋りしながら釣っていたらあっという間に3時間終了

で、予選結果は優勝候補ペア、メタポペア、釣友ペアの3組が決勝進出
予定通りブラックペア、同級生ペアは予選敗退( p_q)エ-ン
自動的に決勝戦はカメラマン決定

優勝候補ペアはなんと150匹の釣果w(゚o゚)w オオー!

どないしたらそんなに釣れるの

決勝戦までは暫く時間があるのでみんなで昼食をとりますがこれが豪華弁当で試合参加費に含まれていておまけに飲み物も飲み放題・新鮮野菜も取り放題で広瀬漁協さんはとっても太っ腹

いよいよおいらには関係の無い決勝戦が始まります

46991103_org
真剣に試合説明を聞いてますが若干一名余裕のメタボがいます(`□´)コラッ!

46991084_org
大会会場の前が試合エリアとなってます

46991039_org
まずは予選個人釣果断トツトップのK森君の釣りが気になりブラックメンバーはほっておいて観戦

囮はよほど小さくない限り釣れれば必ず交換し最初の泳がせを大切にされている様子で弱れば無理はせずに入るポイントへ的確に攻めてました。
とにかく全ての動作が計算されていてとても静かで余裕があります。
当たり前ですが流石ですね〜

46990925_org
おっちゃんの釣りは何時も観ていますが未だに理解出来ない事が多く分かりませんε=ε=(;´Д`)
でも釣れます

46965191_org
アフロ犬君は何か考えていますね〜
ぱたちゃんより良く釣ってます

P1000499
ぱたちゃん得意の泳がせ
釣れたら大声で騒ぐので直に分かります

P1000496
M口さんも得意のメタル泳がせで順調に釣ってます

P1000494
N村さんも作戦通りM口さんの上で並んで良く釣れてる様子

試合途中はみんなのブログ参照してね

でもって早くも結果発表

P1000508
準優勝 優勝候補ペア

P1000510
4位 メタボペア

P1000503
8位 釣友ペア 後ろからしか撮ってなくてすいませんm(;∇;)mゴメンネ

P1000511
上位3組の方々

おめでとうございま〜す

漁協の皆様、大会関係者の皆様、HRCの皆様お疲れ様でした。
とても楽しい大会ですので来年も宜しくお願いしますね

猛暑でみなさんバテバテ気味でしたが楽しい釣りが出来て良かった良かった

終わり

、言いたいところですがこの後に「第5回 BカップAYU in 安曇川広瀬」がありました…

次回につづく

BLACK快進撃!! (渓人wrote)

 今年のブラックメンバーはとんでもないことになっています。
私こと渓人の報知オーナーカップ揖保川予選通過をかわきりに各大会に於いて好成績を納めています。

先ず私が
報知オーナーカップ揖保川予選通過
JFT全日本アユトーナメント5位入賞(来年の王座出場の可能性有)
第41回報知オーナーカップの本戦では1回戦で敗れたが翌日のドリーム戦に於いて来年のシード権を獲得
下野CAP益田川大会で全国大会出場権獲得

P1130144_r


715915c4


ぱたちゃんは他の予選は惨敗するも
シマノの揖保川予選を勝ち上がりセミファイナルも残って遂にはファイナリストになってしまいました。

ev10_jcup_ayu_semifinal_west03


準構成員のぴ〜君もJFTフレッシュ安曇川大会にて準優勝

o0400030010683286427


鮎ではないですがサルモサラー会長がフライのキャスティング大会で
3部門の優勝・3位・4位と大活躍!!

0012


春には若手のホープであるハルがメバリング大会にて優勝する始末です。

残るかんちゃんは。。。
このメンバーを降して今年のBカップを制しているので一番強いのかも?(爆爆

ともかく残りの試合と私とぱ〜さんの全国大会は悔いのないよう戦ってきましょう。
皆さん応援よろしくです。

因みに鮎の竿は
私がSPECIAL GRANDEL90・ARIUS CP2-80・SPECIAL GRANDEL PPP
ぱたがSPECIAL TB1・ARIUS CP2-80
ぴ〜がZPRO SFT
と皆がサンテックの竿を使用しています。
快進撃は竿のお陰なんでしょうか?



Archives
タグクラウド
HOMEへ戻る

livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ