2015年09月11日

台風、長雨、南会津では・・・

9月9日から10日にかけて降り続いた雨の影響で南会津町では大きな被害が出た。
9月6日(日)自転車イベントを取材し、16時40分、無事にサイクルトレインの列車を見送った。この頃から小雨になった。
翌7日は雨の記憶がない。台風18号のニュースを聞きながらこちらは大丈夫と感じていた。
8日はいつもより風が強く「台風の影響?」と感じた程度。夜中から雨。
9日、朝から雨。夜中から降り始めていたようだ。降り方はそれほど強くなかったが1度も止まない。
午後、大雨警が出た。降り方はそれほど強く感じなかったが、夜中も1度も止むことなく降り続いた。
10日、朝、防災無線で土砂崩れや国道通行止めを知る。
Still0910_0001412550050125500781255011612550084125500851255009012550040
町では10日朝7時災害対策本部を立ち上げ対応に当たった。
会津高原駅のある滝原でも被害あり。その奥の舘岩方面国道352が通行止。多くの場所で国道が川の水で削られた。
国道289、田島〜南郷へ向かう途中でも道路陥没や土砂崩れ。
Still0910_00031Still0910_00030
桧沢川が数か所で堤防決壊。田圃が川になっていた。
Still0910_00021Still0910_00018
取材に向かう途中、田圃を見る。田圃が押し寄せた川の水のしぶきで白くなっていた。
被害を映像に納め、川の近くのおばあちゃんに話を聞く。「雨の降りはあまり強くなかったからこんなにひどくなるとは思わなかった」と話す。
床上浸水した家のお父さん「夜中に家財が浮いて気づいた。頭の上に水か来ていた」と話す。皆が「堤防が決壊するとは思っていなかっ流木やた」と思っていた。
12550127
11日再び取材へ。川や田圃は水が引き流木や土砂が顔を出す。関係者が見回る・・・
1255010712550098
国道289号はだいくらスキー場入り口を過ぎ少し登った場所で道路の半分程が陥没・崩落している。アスファルトの下は空洞で危険だ。復旧工事が始まった。
関係者も今のところ復旧の予定を立てるまでに至らない。しかし、情報がわかれば待てる。

11日午前10時に昭和村を通り401号を通り南郷へはいれることになった。しかし、289が通れないと物流もストップ。病院へ行くにも1時間以上かかる。舘岩地域に行くためには2時間かかる。

茨城・栃木・宮城県では比べ物にならない災害が発生している。救助を待つ人もまだいる。無事を祈りたい。

t_catv at 21:26コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
楽天市場