2016年03月21日

南会津町合併10周年 

年を重ねると10年とは本当に短い。南会津町が合併した時の事を思い出す。と言うか、合併前、協議会委員として皆さんの意見を聞き、勉強した事を思い出す。
生活では何が変わるのか?あの頃は想像力が乏しくあまりいい意見は出せなかった。
10年
住所や行政の形は変わっても、そこに住む自分たちは変わらない事を実感した。
一番変わったことは、と考えると、交流が増えたこと。多くの皆さんと交流し、話し、文化を知り、多くを知る。いい事、少し疑問な事をゆっくりと理解してきた。
急に変わることは出来ない。これからもゆっくりと。
・・・行政は確実に、早急に、公平にと多くの要求にこたえなければならないし、答える義務がある。
地域と情報を共有し、速く、ゆっくり、確実、公平 の実現を一緒に、と感じる。
P3192856P3192820P3192830P3192836
南会津町合併10周年式典は3月19日、御蔵入交流館で開催された。
会場は招待者と一般の町民などでいっぱいとなった。
式典で新しく完成した南会津町民の歌「春夏秋冬」がお披露目された。
作詞は南郷在住の平野恵美子さん、作曲は、マイバラードなどの合唱曲を作成している松井孝夫氏。
歌うのは南会津町特設合唱団、指揮は松井氏、伴奏は南会津町と交流のある桐朋学園芸術短期大学の有志。
会場に歌声が響く。「大地は目覚め柔らかに生命(いのち)の歌を奏でるよ〜」
爽やかで、やさしく、力強い歌詞と口ずさみやすく、落ち着いた中に現代を感じるメロディが新しい気持ちにさせた。
気持ちを込めて歌う合唱団の皆さん。その姿をじっと見、聴く作詞者の平野さんや会場の皆さんの様子は、歌詞のように「愛するこの町で幸せに生きよう 支え合い 信じあい」とぴったりと重なった。
指揮はの松井氏、「皆さんに口ずさんで頂く、歌って頂くのが歌の価値、末永く歌ってください」と挨拶。
合唱団と一つになり指揮してくれた。P3192854
式辞や祝辞はでは、今までの各地域の伝統や文化を大切にしながら一緒に町民と進む。交流も大切。隣町村との交流も大切に。少子化に向かう対策は課題。等多くの方が話していた。

オープニングに流す映像「希望のメッセージ」と題した映像を製作した。
10歳である小学校4年生を中心に、今の気持ちを言葉やパフォーマンスで表現してもらった。
元気な顔を出してくれるだけで嬉しくなるのは私だけだろうか?
出演して頂いた4年生、担任の先生、ありがとうございました。
P3192858P3092469P3152769P3152783 - コピーP3152788Still0321_00001P3142665P3102485 - コピー - コピーP3102501P3212891P3212888
取材する自分も会場の皆さんと同じ時間を共有出来た事を幸せと感じた。
また、この場所へ出かけてくることが出来なかった方へ情報提供や話が出来ればと感じた。
P3192865P3192873P3192879

最後の写真は、記念コンサート出演の桐朋学園芸術短期大学有志の皆さん!
作曲・指揮の松井先生、合唱をまとめて下さった荒川先生!

t_catv at 14:21コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
楽天市場