2016年05月26日

わらび山開園

5月5日に山焼きが実施された、藤生わらび山は、5月25日、開園した。
P5254417
江戸時代から、かやぶき屋根の為のカヤかりと家畜の飼料のための草刈場で、昔から山焼きが行われていたが、平成7年からは、わらび園を開園し、老人クラブが運営していた。現在では地区のわらび生産組合が運営している。
山焼きから20日後に開園したわらび山、わらびは大きく広範囲にわたって成長していた。
途中の道も整備され、約15分で頂上まで登ることが出来る。
入山された多くの皆さんがわらびやふきなど、山菜取りを楽しんだ。
1174000211740003P525442820160525091333022_0001
開園から2時間半、途中で出会ったお客様。車のトランクいっぱいにわらびやふきが積まれていた。
頂上付近、グループでいらした皆さんが何組もいた。
栃木県からのお客様、「採るのが楽しく夢中になって採った。山は広く、入山料以上に、わらびを採ることができ、楽しめた」と話していた。
Still0526_00000Still0526_00005Still0526_00002Still0526_00004
藤生区の組合の皆さんは、毎日当番が交代で山の管理を行う。
働きながら、テントの中でも「お茶どうぞ、どちらから?わらびはどんな料理に?」とお客様との交流も活発に行っている。
イキイキとした笑顔が印象的だ。
帰りに飲んだ「岳清水」も冷たくておいしい!

t_catv at 14:51コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
楽天市場