鳥取短期大学の図書館倶楽部の日々の活動記。

♪探し物は何ですか?
♪見つけにくいものですか?
(夢の中へ/井上陽水)



古いですけど、こんな歌がありました。

皆さんは、探し物がなかなか見つからない経験ありませんか。
もしくは、何を探しているのかすらわからない経験ありませんか。

探し物があっても、漠然としすぎていて、目的のものが中々みつからないことがありますよね。どう探せばいいのか、これがそうなのか、果たして合っているのか。答えを知らずヒントだけで探そうとすると、正解を見つけるのは、意外と難しかったりしますよね。

その一方で、探しているものは見つからなかったけど、思いもよらぬものを見つけたりした経験ってありませんか。

セレンディピティという言葉があります。
それは、あるもの探しているときに、偶然に別の価値あるものを見つけることをいいます。

私には、このセレンディピティを感じる場所が二つあります。それが「書店」と「図書館」です。
私がそうなだけかもしれませんが、何かを探そうと意識的になっても探せないことの方が多いことが多いんです。

ですから、探し物があるときもないときも書店と図書館には通うようにしています。

たくさんの本のタイトルや表紙を眺めているだけで、自分の中から引き出される記憶があったり、突然の閃きがおきたりします。また、その記憶やそこからの連想で思考(妄想)をしたりするのも楽しいですね。

探し物や欲しいものが無い時にも行きます。何かがあるかもしれないからです。自分では気づいていないものが手に入るかもしれません。

人間は、とてもよくできているわりに、とても不器用でもあります。知覚したすべてのことを記憶しているわけではないですし、記憶した全てを思い出せるわけではありません。要するにしまうのも下手なら、引き出すのはもっと下手ってことですね。

意識して引き出せることは、全体から見ればわずかしかないかもしれません。奥底にしまってある記憶を引っ張り出すには、何かきっかけが必要です。また、閃きは、多くの場合、無意識化で起こるものだそうです。しかし、意識的に無意識をコントロールすることはできません。思いもよらぬ閃きをするには、思いもよらぬ出来事や出会いが必要なんですね。

だから、たくさんの言葉が景色として目に飛び込んでくるというのは、記憶を引っ張り出したり、閃きを起こすにはよいのではないかと考えています。変な言い方をすれば、頭の中にある記憶は目に見えませんから、書店や図書館は目に見える記憶と言えるかも知れません。


電子書籍ブーム熱は少し冷めたような雰囲気ですが、長い目でみればいつかは情報は、電子データで扱うことが主流となっていくことは避けられないでしょう。

けれど、紙の本には人間の知覚に刺激を与える要素を電子書籍よりもっていると思います。本から電子書籍となったとき、本から何が失われるか、ということも大事かもしれませんが、本だけではなく、本のある空間も大きな要素だと思います。そして、その時に人間が得られるものがどう変わるかということも考えたいですね。


長くなりましたが、探し物でお困りの方がいたら、是非、お近くの書店や図書館へ立ち寄って見てはいかがでしょうか。探し物がみつかるかもしれません。もしかしたら、見つからないかもしれませんが、代わりのものがみつかるかもしれません。

自分の望むものが自分にとって最良のものであるとは限りません。目的の無い人は、目的を探しにいくのもいいんじゃないでしょうか。検索窓からは覗けない世界を見てみることで、新たな発見があるかもしれませんよ。

本の数だけ、あなたの可能性が存在すると考えるととても楽しくなりますよね。


それではよい読書生活を。

あけましておめでとうございます!

旧年中は、たくさんの方にブログを見ていただき、ありがとうございました。


さて、今年の干支は「未(羊)」。

羊といえば、ジンギスカン、毛皮、ラムちゃん、ドリー、色々あるけど、実は図書館に関係することもあるんですよ。
司書過程をとっている人なら、もちろんわかりますよね。


そう羊皮紙!(※羊と書くが、羊の皮だけが使われていたわけではない)

知識と歴史を紡いできた偉大なる記録媒体!

今日の私たちの社会があるのもこの羊皮紙のおかげといっても過言ではないかも!?

2015年、新しい年の干支が図書館に縁ある「羊」ということで、歴史を思いながら読書に励むのもいいんじゃないでしょうか。ますます図書館活動にも精が出ますね!(強引)


それでは、今年も図書館倶楽部をどうぞよろしくお願いします!
新しい年を皆様が健康に過ごし、よい本と巡り合えますようお祈りします!

こんにちは、図書館倶楽部です。

今年もあと残すところ9日、新しい年はすぐそこまで来ています。しかし、その前にありますよね・・・・・

そう、ク・リ・ス・マ・ス

街中が毒気に侵され、一人身の人間が街を歩けば心を痛める日。例年ならば家に引きこもって、目と耳を口を塞いでやりすごしているところです。だけど・・・私には図書館倶楽部があるじゃない!(?)
ということで、今年は図書館倶楽部でクリスマス会を行いました

IMG_0631






先生がケーキを用意してくださいました!
IMG_0624











さらに、我が部の誇る「A・Coffee」とお菓子もバッチリ!
IMG_0621IMG_0618







みんなで楽しくお話をしながら、最近の出来事を振り返りました!
IMG_0626







いやぁ、クリスマスっていいもんですね。

ちょっと前まで、もし私が総理大臣なったら、真っ先に「クリスマス」と「バレンタイン」を廃止する法案を提出するのに、と思ってましたけど。こんなクリスマスならあってもいいんじゃないでしょうか。


え、まだ12月16日?

ちがう?

え?え??

どういうことなの???

ん?クリスマスって12月24日なの?

へー・・・・・初耳やん。

・・・・・・・

・・・・・・・



やっぱ、クリスマスは仮死状態で過ごすことにします。


そうだ、クリスマスはみんなで読書する日にすればいいんじゃないだろうか!!

そうしよう!!

やっぱクリスマスって言ったら読書だよね〜。

え、デート?ハハッ!おくれてるぅ〜!





メリークリスマス!!

こんにちは。

雪が降り、寒さも厳しくなってきましたね。
いよいよ今年も残すところあと一か月となりました。

師も走り回る12月の師走。学科行事や就活、勉強などで倶楽部員のみならず、学生の皆さんが忙しく過ごされていると思います。けれど、忙しい忙しいと根を詰めていても気持ちが続かず、中々捗らないことも多いのではないでしょうか。そういう時にこそ、あえて息抜きをしてみてはいかがでしょうか。友達と遊んだり、睡眠をしたり、散歩をしたり、息抜きの方法はたくさんありますね。その中で私がお薦めするのは、冬にぴったりの息抜きです!

それはもちろん・・・・「読書」!!

こたつに入りコーヒーの臭いを嗅ぎながら、みかんの皮を剥きつつ本をめくる・・・・、幸せじゃぁないですか。

ね?そう思いますよね?ね?

思った?やっぱり!

そんなあなたにお薦めする本をご紹介します!
現在、鳥取短期大学付属図書館では、「学生選書コーナー」を設けて、新刊の特別展示を行っています。学生選書とは、学生自らが図書館に入れる本を選ぶことです。「Book Hunting」とも言いますね。今回、図書館に新たに入った図書は、11月9日に米子の今井書店錦町店に、学生と先生で乗り込み、本を選んできました!人気のベストセラーから、こんな本があったのか!という普段自分では見つけないような変わった本まで幅広くそろっています!学校の図書館は参考資料ばかりで面白い本が無いと思ってるあなた!学生目線で選んだ本が、きっとそんなあなたの好奇心をくすぐるはず!

IMG_0617IMG_0611









IMG_0612IMG_0614










私のお勧めは、朝井リョウさんの「何者」とジュリアン・バジーニの「100の思考実験」です。

「何者」は就活中の大学生たちの物語です。現実の自分をごまかしながら見栄をはり、インターネットでは見られたい自分を演じて、他人を見下すことで精神的な満足感と自己肯定を自己演出している人たち。様々な人たちが就活という状況で、お互いの顔や内面を隠し、その裏ではツイッターで相手の様子や本音を監視しながら付き合っている様子がとてもリアルに描かれています。ツイッターやライン、フェイスブックを利用している人たちならどこかで身に覚えのあるような場面がでてくるかも。朝井リョウさんは、若い人たちの人間関係や心理描写を表現するのがとても上手で、まるで誰かの心を覗き込んで書いているかのよう。読んでいてどこかチクチクするのは自分がまだ理解できる世代にいるということなんでしょうか。朝井リョウさんの作品はどれも面白いので、この本が気に入ったかたは「桐島、部活辞めたってよ」もどうぞ!

「100の思考実験」は読む読んではありません!考える本です!「我思う、故に我あり」(ルネ・デカルト)と言われるように、この世界疑えば、ほとんどのものが疑わしくなります。例えば、これは善である、あるいは悪であるかと考える。けれど、論理的に辿ると、そもそも善とは何かとなってくる。実は論理的根拠というのは真実だけを辿ろうとすると、完全なロジックは存在しない。では、何故それをそうだと私たちは決めているのか。私たちが日常に考える常識や善悪の価値観、いわゆる正解や不正解の判断は一体どこからもたらされるのか。それはそういうものだからと考えずに身を委ねていませんか。しかし、意識的にその判断を問われる時になったら私たちはどう選択するのか。”常識”や”道徳”の中に”真実”は存在するのか。この本は、読む人に答えの無い問いを考える楽しさと苦しさを教えてくれます。疑って疑って・・・人間不信になるがいい!!(嘘

もちろん、上記の二冊以外にもお薦め本はたくさんありますよ!(カイジとか・・・

Book Huntingには初めて参加しましたが、楽しかった!予算や本の種類など一応制約はあったものの、あまり気にすることなく、本当に読みたい本を選ぶことができました。買うときは二の足を踏むような本でも、値段を見ることなく選べるなんてとりたん最高や!!(宣伝) 個人的な選書でもあるので、他の学生に見てもらえるだろうかという不安を感じつつ、色々な人の目線で選んでいるので、バラエティに富んだ選書になっています!ぜひ一度図書館に立ち寄って見ていってくださいね!!

Book Huntingは来年以降もある予定らしいので(あくまで予定?)興味のある学生は是非参加してください!また、図書館に入れてほしい本がある人は、図書館の中のコピー機の横に「リクエストカード」があるので、どしどし出してください!

図書館がつまらないなら、面白くしちゃってください!あなたの一票のリクエストと行動が図書館を変えます!(選挙) 要望があるのなら出さないと損ですよ!意外と使えるゾ!図書館!キャンペーン実地中です!



PS:図書館倶楽部(珈琲倶楽部【映画倶楽部】)でクリスマス会やろうかと思ってます。

このページのトップヘ