2007年04月08日

「10年間(店長を)続ける」 NHK羅針盤 ユニクロ 柳井さん

朝、テレビをつけたらNHKでユニクロの特集をやっていました。

大店舗展開をしていく話やM&A戦略の話など
それはそれで興味深いものでしたが最後に柳井さんが
言ったことが心に響きました。

「10年間(店長を)続ける」

「最近ではちょっと店長をやってスーパーバイザーや
 業務の統括など望む人も多いけれど10年店長を続けて欲しい」


と発言していらっしゃいました。
※店長でなくでもいいけど1つの仕事を10年と補足されていました。

私はサラリーマン時代が2年で20代は役員や代表者となっていたので
何か人より能力があるという思い上がった気持ちがありました。

よく考えれば1つ1つの経験は浅く急な階段を駆け上がって
いったようでした。

今、思えば

1つの仕事をずーっと続けている人=能力がない人
他のキャリアを積んで出世していく人=能力がある人

みたいな錯覚を持っていたのだと思います。

でも30になってしばらくして40,50歳になる自分を
想像した時に足りないものが見えた。

それが「1つの仕事をずっと続けていく」ということでした。

これが本当に難しい。逃げれないし。

5年目、6年目にわかってくることだって多々ある。
10年なら尚更のこと。

もちろんいろんな分野でキャリアを積んでいくことは大事です。
でも若い頃にやるべきことを年をとってから取得するには
難しいことも多い。

だから続けることでしか得ることができない経験は
早めに若いうちにした方がいい。

これからは変化が求められます。今まで以上に。

その時に羅針盤になるのは1つのことを続けてきた
自分が歩んできた道だと思うのです。

その経験が未来に対しての正しい洞察をさせてくれるものだと
思って地道に修練している次第です。











  



この記事へのトラックバック
「ブログの成長にかかるのは「3年」?「半年」?」なんてエントリーを書いたのが恥ずかしい。 もっとじっくり向き合え、というメッセージが飛び込んできた。 「10年間(店長を)続ける」 「最近ではちょっと店長をやってスーパーバイザーや 業務の統括など望む人も多いけ....
ユニクロ柳井さん、クオリア茂木さん、スガシカオさんからのメッセージ「10年」【PASSION HACK 情熱でマーケティングに差をつけろ!】at 2007年04月16日 12:37