NBAトレカまったり収集

キッドHCが何やらよくわからぬままにネッツを去り、リビングストンがあっさりとGSWへ。
ブラッチも引き止め無しとの噂で、今日、昨シーズンの精神的主柱だったピアースがウィザーズへ移籍との報が流れました。
ロペスジョジョデロンの3人がいるうちはPO戦線から脱落するとは思えませんが、サラリーや怪我状況などを考えると、この3人でコンビを組んでいるうちに優勝することはかなり難しいでしょう。
そして待っているのは、2018年まで隔年の1巡目指名権。1巡目がある年もスワップ権を譲渡しているので好順位はまず望めません。
焼け野原と言っても差し支えないのではないでしょうか。
あるいは泥舟か。


要するに、ネッツは、ギャンブルに負けたのでしょう。


この後の展開としては、プロボコフオーナーのBKN売り出しが考えられます。
今すぐにはさすがにないでしょうが、約束の2016年が終われば、短気で飽きっぽいオーナーのことですから、確率は高いように感じますね。
大都市チームですから需要はあるかもしれませんが、ブービーに数十億円の大差をつける圧倒的赤字を垂れ流すこのチームに良いオーナーがやってくる確率は砂漠で砂金を探す行為に等しいのではないでしょうか。


2013-14シーズンの開幕前には既に覚悟はしていましたが、恐らく、これから10年程度は優勝の目など考える事もできないシーズンが続くでしょう。
仕方ないです。大博打に負けたのですから。


ゆっくりとカードを集めつつ、次の機会が来るのを気長に待とうと思います。


リビングストンもピアースも、短い間ではありましたが、興奮をありがとう。


キッドはちょっとなんとかせいや。

すっかりブログの更新が滞っていますが、トレカ収集は割りと活発にやっております。

ネッツは残念ながらヒートに敗戦。
ワンチャンあると思っていたのですが、想像以上に力の差が有りましたね。
今後10年分くらいの希望を生贄に今シーズンのメンバーを揃えたわけですが、来年は果たしてどうなってしまうんでしょうか。
オーナーの優勝の約束が2015年ですから多分なんとかするとして、本当の地獄は2016年からなのでしょうが。

さて、もうすっかりトレードはTwitterが中心になってしまっているのですが、オファーを追加したのでこちらで掲載しておこうかと思い。
全然たいしたものはありませんが。


新規ドキュメント_20新規ドキュメント_19新規ドキュメント_18新規ドキュメント_17新規ドキュメント_16新規ドキュメント_15新規ドキュメント_13新規ドキュメント_12新規ドキュメント_11新規ドキュメント_10新規ドキュメント_9新規ドキュメント_8新規ドキュメント_7新規ドキュメント_5新規ドキュメント_4







































































































































































































































































































































































以上!

このページのトップヘ