※ メッセージボードは約7千字になります。記事本編につきましてはお手数ですが数度のマウス回転などをお願い申し上げます。↓↓↓

※ 各記事ですが、勝手に、フォントが変わる/リンク化する/改行される、と言った現象がしばしば発生しています。ヘルプによると、いったんメモ帳貼り付けを経由したうえの書き込みなどが提唱されています。小規模な記事は現在ほぼ全てメモ帳経由措置を実施していますが、修正に未反応となっている記事も有り得ることをご了承ください。



【ご挨拶】21.10.23修正
こんにちは。いつも当ブログにご訪問いただきありがとうございます。最近の諸活動ですが、



① 一次メイン同人作家(小説/随筆/論説)。(メディバンに15.06.17に登壇、15.12.08以前に累計第4位、メディバン18.12現在累計第1位1年以上継続を維持したまま、現在はマイナーなものの紙版も発行できるBCCKS(瑞洛書店)にて活躍中)。

  作者名:坪内琢正

☆ 現在執筆中: 小説
    『霊力使い小学四年生たちの京域信仰』/
    『霊力使い小学四年生たちの畿域信仰』/
    『霊力使い小学四年生たちの日本信仰』:
    うちいずれか、原則毎週月曜日更新。

  ※ あらすじ:
 約五百五十年前、人の、自身の心を謗る気持ちを媒体として、京都近郊各地の、神社や寺院が人格化された存在である『神霊』を惑わせる『末鏡』という書物があった。末鏡は『解脱』のない者を狙うと言われているが解脱の意味まではよくわかっていない。惑わされた神霊は、心を謗った人が発する鬼玉という妖気を喰らうことで、現世と幽世の関係を破壊しようとしていた。
 末鏡は当時の巫女によって封印されたが、その封印には、『伝教見真による末法対策の想定外の世の発生』という不可解な文言による解除の条件があり、現代はそれに当てはまったという。当時封印した巫女の娘、新蘭も亡霊となって現代に蘇り、光筒という霊の力を発することのできる短筒を用いて、再び末鏡を封印しようとするが失敗する。
 彼女は、偶然助けた珠洲、美濃ら八人の小学四年生の子どもたちが、自分以上に光筒をうまく操れることに気づき、彼らに事情を話し、彼らに、世界修復のために、惑わされた神霊たちの鎮魂と、末鏡の封印を頼む。
 平野の神霊は、本来男女を問わず子どもたちが知っているはずの。神霊にまつわる多くの伝承が、現代、急速度で忘却されており、それが光筒が子どもたちにより強く反応した理由と推測する。
 しかし、神霊たちが神幹を放ったり、各々が得意とする四季の文物などの神能を用いて子どもたちに抵抗してくるため、鎮魂を彼らの力だけで成し遂げるのは難しかった…。

  ※ 偶数話は前奇数話とセットとし、完結時以降は有料としています。これにつきましては諸事情もありますが、とりわけ、拙稿があなたにとって少しでもお役に立てたとの私の自己実現の満足をみたすものでもあるとお伝えいたします。

  ※ 自費出版サイトの充実に伴い、「一次同人」なのか「自費出版」なのかの区別がわかりにくくなってきていますが、こちらでは全て一次同人として取り扱っています。その特徴である、無料か、有料であっても手数料程度の非営利であることは満たされています。



①特 オンライン定期読書会オフ
  週1程度実施。特徴として、
・ 司会は作者が務める。
・ 参加者はSNSでもよく会える。
・ 集まることが重視で、小説はそのネタに過ぎない。
・ 褒めるのが基本で、批評めいたことは控える。
・ LINEの動画通話での口述が基本で、文章はメモのような扱い。
・ 各シーン(1ページ程度)ごとに口述していき、それに周囲が反応する。一人がずっとしゃべり続けるのではない。
といった感じのものがあります。「SNS」でも「週1程度のサークル」でも、片方だけとちょっと物足りませんでした。オンラインでも、ゲームとかだとあまり成長している感じがしないし、各自作品の読書会で、「SNS」、「オンラインオフ週1」くらいの両方を合わせています。



② 『救済要求政策集(旧レスの方針)20.07.11版』音声解説演説オフ
  京都南部を中心に各地で週1回程度実施しています。なお同じ週であれば内容は概ね同じです。
  またyoutubeにて保管しています。そちらでは当該解説箇所も引用して貼っています。
  
  概ねのスケジュールは以下の通りです。
  月曜16:45~17:30 近鉄小倉駅東口
    18:30~19:15 JR六地蔵駅南口
  水曜16:45~17:30 近鉄大久保駅東口
    18:30~19:15 JR宇治駅南口
  
 なお、『救済要求政策集(旧レスの方針)20.07.11版』にの主な内容は、
  【110番台:京域関連】
  111-2、京都市環状大深度新交通システム敷設。
  111-3、京阪伏見桃山駅地下化。
  111-4、鉄道交差地点、駅間3.5km以上かつ毎時2本以上に新駅10駅設置。
  111-5、四条烏丸~四条河原町地下道路敷設。
  111-8、スカイホップバス、一回券/バス一日券からの加算運賃での乗車設定。
  111-9、市バスの路線改良等計35系統。
  111-10、古参鉄道車両バリアフリー改造補助。
  112、一部地域高層建築200mまで認可。
  113、将軍塚ロープウェイ設置。
  114、マンガミュージアム、DVDも設置。
  115、文博拡充。観る/触れる/学ぶ×歴史/古典/倫理×各時代
  117、伏見城耐震化、入城再開、資料館等整備。
  118、京都駅観光案内所全都道府県パンフ頒布。
  125、御所新嘗祭復活及びそのための中和院、御台所の再建、春興殿の拡張等。
  【130番台、リニア、新幹線、旧公社関連】
  131、リニア亀山ー京都「駅」ー新大阪増線。JR北の赤字の約八割をこの収益で補填。
  131補論:
  「(重要なのは駅の居住都道府県ではなく、京都「駅」。あの規模の駅が滋賀県にあればそこでもよかったというレベル。前掲の各新幹線を新大阪だけで掃くのは困難。現状関西から東京行きに神戸始発はまずない。
 ところが一方、N700系登場以前の各夜行列車、現在でも、関空「はるか」、鳥取「はくと」、は京都始発、観光列車「瑞風」、「銀河」も半数京都始発。「はしだて」、「まいづる」に至っては京都発のみで大阪には行かない。
 特筆すべきことは、成田エクスプレスの場合、毎時2本、12両で、東京駅で、新宿行と横浜行とに6両ずつ分割するが、はるかは9両なものの、全便が京都発着。「東京という点」に対し「京阪という線」が重要であり、ここは何本引いても過剰にならない。)
 そのため前述のように、京都「駅」経由とすることにより、JR北海道の赤字の八割に登る逸失利益を回収でき、それによりJR北海道の赤字を救済することが可能となる。」
  132、旧公社系内部留保1兆以上は法人税7割化。
     うちJR海、東分は公共交通特定財源化。
     ・ 赤字ローカル線の補填、安全設備補助。
     ・ 3.5km以上かつ毎時2本以上の全国278か所駅設置。
     ・ ホームロープ柵、3000名以上で設置。但し小型サイズの開発が必要。
     ・ 新幹線追加。北陸米原ルート、常磐高萩、関西空港(京都始発)。
     ・ スカイライナー線上野ー横浜間延長。
     ・ 特急毎時1本程度以上の区間に途中駅までフルのミニ新幹線建設。大分、山陰出雲市、松山、高知、旭川、常磐いわき。
  【140番台:労働関連】
  141、日常生活品の製造、輸送、販売業は第二種賃金、2310円程度。セルフレジ導入などによりバイトは同事業所の半数以下、一人30h以下。左記スーパー近隣のコンビニ営業禁止。
  141補論より:
 「キャッチコピーをあえて言うとすれば、「欲しがりません、持続可能な国家市民たちのために」である。
 生活必需の製造・輸送・販売ではない、第一種である最低賃金が大半のコンビニや、大型量販店を半減し、教育、医療、防災なども従事者の自然科学的健康管理の範囲での就労とし、その代わりに欲しがらなくてはならないものとして、各世帯等倍以上の出生率を獲得し、生活必需の製造・輸送・販売において、事業所の半数以下、ワープアではなく主婦や学生がメインの、週30時間以内の補助従事者以外は、中小企業の平均賃金から成る第二種最低賃金を稼ぐ大黒柱を各世帯に最低一人置く、「大黒柱確保型男女共同参画」を実施し、遠近に関わらず公共交通機関の利用に回帰し、可能な限りの複世帯化を促進する。」
  142、定期昇給禁止及び寿退社ペナルティ。
  143、労基法拡充計17項目。
  144、労基法違反に児童虐待に近似した措置を導入。サイコパス上司追放にも対応。
  144補論より:
 「例えば、一般的な職業の場合、従業員の身体への危険が大きい、『後からの訂正はいくらしても構わないので、早急に情報をあげてほしい』職種と、『多少お客をを待たせても構わないので、なるべく正確に商品を探してほしい』職種とに分かれます。
 通常は「早さ」か「正確さ」のどちらかの自然科学的人為エラーが担保にされているので、数か月もすれば叱責は殆ど必要なくなります。
 換言すれば、「正確さ」が重視の業務であれば、強迫観念などから「すぐできます」と言ってしまい、応援も呼べず、完成に結局一週間かかってしまっても、実損がなければ何も腹を立てることはないということです。
 ところがサイコパス上司は自分の業務に自信がなく、同僚という感覚がなく敵対心しかもっていないので、何でもかんでも叱責の道具にし、そのためその両方を叱責し始め、また新人もその態度からそれを信じてしまい、その結果として「いつまでたっても叱責が減らない」現象が生み出され、「早さ」、「正確さ」のどちらかを担保にすることに億劫になってしまい、そしてその結果担保にしてはいけない方を担保にすることも多く、優秀な新人が潰されてしまうのです。
 これは暴力やパワハラなどのようにわかりやすい悪事ではありません。そのため悪事のなしにくい現代日本において、悪人たちにとっては職場での叱責は魚にとっての水のようなものですが、これを無くさない限り人権の確保された職場が出来上がりません。これは、頻度や状況の深刻さから安否を判断しないといけない児童虐待への対処に似た法規が妥当かつその整備が急務と言えるでしょう。」
 「人語を話しているからといって心が通じると勘違いすると人の心はやられるメカニズムになっています。とりわけ人生経験から通常よりも強い思いやりや、その思いやりからくるたどたどしさの大切さを知る心を持っている、優秀なHSPにはその被害を受けやすいです。一部の非適応障害系は害獣だと思った方が妥当といえるでしょう。そういう性質が観察されうる、というより、これは、非適応障害系の最大の特徴のひとつです。これは私たちがお互いに日本人として常に心に留め置いておかないといけない大切な心構えであると言えるでしょう。」
  145、単純過失への刑罰、行政処分の大幅緩和、職場復帰の推進。
  146、廃業に際しての吸収合併の推進。同職種従業員応援制度の再構築。
  147、法人税累進化。
  【150番台:厚生関連】
  151、生活保護住宅扶助を国交省最低居住基準分まで引き上げ。
  152、複世帯控除推進。 
  この他、
  160番台:法務関連、170番台:交通安全関連、180番台:防災関連、190番台:双務関連、200番台:政党関連
  としています。



②特 当ブログ/ツイッターにて丁寧語主体実名固定ハンネつき+板自己レス保管、ニュースコメント、時評など。



③ 紀行

  現在見聞開拓のため、数か月に一度、海外、外泊を含めた紀行を実施しています。

  ※ 上記の活動は今後数年以内程度をめどに、非営利活動をメインとしたものへの移行を検討しています。



④ ツイッター。
  自己垢の他、也垢交換手(中/背後)も担当。
  也垢はCC制を極力減らし、持ち垢公開の上複垢制を重視(もともとは一人一垢でしたが、規制が厳しくなったので、也の子たちによる内部自治での部署別となっているようです)。ブロック禁止、主語のなるべくの明記、外部へのリプライは一人がした場合他の内部はノータッチ、内間リツイートのガイドライン策定などネチケット重視。
  また、乗っ取り対策には親告制を導入し高度な内部自治を実現。一般垢の方々と交流するだけに留まらず、交換手として彼らの声を聞き、それを届けることは、私にとっても喜びとなっています。
  もともと創作物は逃げ込む場所ではなくストレートに影響を受けるものと思っていましたので、振り返ると、全垢リンク、実名使用、なるべくの丁寧語、ブロックの禁止などは、交換手を担当している也垢たちの影響であると感じています。
 個別に各キャラが独自の友人を作っていて、それ以上がなかなか広がらないので、④に挙げた独自の楽しみ方をしている各アカウントと同様、各アカウントとも尊重していく方針とせざるを得ない、喜ばしい状況となっています。



④特 ツイッターその2
  一次の子たちのうちおおよそ特定の若干名は、交代で、現在進行形で執筆している一次の内容(翌週月曜更新分)を、あたかも自分たちが映っているテレビを見るかのように一次実況をしているようです。
  また、二次也の子たちのうち、所属垢の垣根に関わらずおおよそ特定の若干名は、その一次実況にも強い関心を抱いているようで、一次側の許可のもと、まとめてのリツイートなどを積極的にしているようです。



などです。



その他、議論の際に論点そらしに使われそうなプロフィール
〇 京都府宇治市在住
〇 男性
〇 上ヶ原パイレーツのある大学の法学部卒
〇 国内旅行管理者資格(DCのときに取得)など
〇 プライベートの諸作業(個人他者の健康状態情報を含む)に伴う日中ログイン停止が週5程度であり。
〇 大学時代に診断されたHSP的なもので手帳あり。
〇 イヤーワームと幻聴
  TL(自己):現在体調に現れる異状について(イヤーワームと幻聴)
  http://blog.livedoor.jp/t_finepc/archives/8801761.html
  http://blog.livedoor.jp/t_finepc/archives/8802590.html
など。



ーーー

webでは主にBCCKS、ブログ、ツイッターを利用しています。

〇 WEBの本屋さん、瑞洛書店
https://bccks.jp/store/197524

 ※ BCCKSの機能を活用したWEBの書店です。同書店から出版も実施し、私の小説/随筆/論説を発表しています。  

〇 ブログ
http://blog.livedoor.jp/t_finepc

〇 ツイッター
@sigure_pc



ーーー

☆ ブログの主なカテゴリー:

【小説】霊力使い小学四年生たちの京域信仰【執筆中】
http://blog.livedoor.jp/t_finepc/archives/cat_89896.html

【小説】霊力使い小学四年生たちの畿域信仰【執筆中】
http://blog.livedoor.jp/t_finepc/archives/cat_89897.html

【小説】霊力使い小学四年生たちの日本信仰【執筆中】
http://blog.livedoor.jp/t_finepc/archives/cat_89898.html



【小説】霊力使い小学四年生たちの脱北支援【完結済】 ※ データ版は無料
http://blog.livedoor.jp/t_finepc/archives/cat_89865.html

【小説】霊力使い四年二組の内閣と史上最悪の人災【完結済】 ※ データ版は無料
http://blog.livedoor.jp/t_finepc/archives/cat_89866.html

【小説】霊力使い小学四年生たちと21C最悪の人災からの救済【完結済】 ※ データ版は無料。
http://blog.livedoor.jp/t_finepc/archives/cat_136242.html



【論説】救済要求政策集(旧レスの方針)20.07.11版 ※ データ版は無料
http://blog.livedoor.jp/t_finepc/archives/cat_74603.html



【論説】一般教養にして欲しい東アジア総合現代史【完結済】 ※ データ版は無料。
http://blog.livedoor.jp/t_finepc/archives/cat_89899.html

【随筆】沿革を中心とした京都の各社寺の随想100【執筆中】 ※ データ版は無料。
http://blog.livedoor.jp/t_finepc/archives/cat_89900.html



救済要求政策集音声解説演説オフの音声保管
http://blog.livedoor.jp/t_finepc/archives/cat_243210.html

紀行(特)
http://blog.livedoor.jp/t_finepc/archives/cat_12266.html

ツイッター也垢共通IP交換室内部間業務記録(一次実況/二次RT)
http://blog.livedoor.jp/t_finepc/archives/cat_258571.html



非営利活動関連 ※ 仮設置
http://blog.livedoor.jp/t_finepc/archives/cat_106136.html



〇 その他のご連絡先:t.takuma.revival3@gmail.com

.

〇 救要集解説演説オフと同youtube保管の活動について、今後数年以内程度をめどに実施に変更します。

〇 紀行の活動について、今後数年以内程度をめどに、非営利活動をメインとしたものへの移行を検討するとします。

〇 プロフィールページにて5ch掲示板一覧ページへのリンクも貼ります。

〇 国際デジタルワクチンパスポートが出来次第、来年1月頃をめどに台湾に行く予定です。

〇 HSP的なものについて、「大学時代に診断された」ことを公表します。

ーーー

〇 救要集音声解説演説オフと同youtube保管の活動ですが、現行の生活サイクルでも慣れればできそうなので、12月頃からの再開を予定します。


テスト

テスト

テスト

↑このページのトップヘ