檳榔(ビンロウ)とは何ぞや?一種の噛みタバコの様な物です。
檳榔子を細く切ったり、すり潰したものを葉に包み少量の石灰を混ぜて一緒に噛みます。
噛んでいると赤色や黄色に唾液が変化します。かなりキツイので飲み込まないで下さい。興奮作用があります。日本国内には持ち込み禁止です。

Betel nuts (from top).jpg

上檳榔の木、下檳榔の種


↓の写真に色、見て下さい。口の中が赤くなるの解ってもらえると思います。


台湾では若い女性(檳榔西施)が街頭や店頭で販売していました。
檳榔西施(ビンロウ シースー)と呼びます。
西施とは以前にもお話しましたが中国の四大美人の西施が由来です。(ビンロウ ビジン)と言う事です。以前、この仕事をする女性達のステータスともいえました。

この様にして噛みます。


ビンロウ美人の写真を集めてみました。ご協力ありがとうございました。

詳しく説明してくれてます。

この様なサイトもあります。

タイの某クラブの女の子みたいですが、台湾檳榔です。


どこかにこんなタコ焼き屋あったよな。


やっぱり女の子はピンクが可愛いです。
jp

この写真は韓国と間違えてしまう。


イマイチかな。


2000年前後はこんなにも凄かった。間違えた、2000年前後にはこんなにも良かった。
此処まで来ると台湾政府も動かざるを得ない。
・・・・.jpg

見て下さい、このセクシーなこと。
jp

真ん中、可愛いです。皆さんもそう思いますよね、、、え〜向かって右がいい???
あなたならタイの冷気茶室やアフリカへ行っても大丈夫みたいです。


顔は好みが有るので何とも言えないが、殆どの尾根遺産はスタイルが良かった。
Betelnut Girls 檳榔西施們

夏場になったら、日本の美女も道端でアイスクリームなんか売ってたらいいのに。


夜は特に外から丸出しです。いえ、丸見えです。


実際、旅仲間のメンバーで派手なコスチュームの檳榔西施を見た事があるのは、加藤さんと信二君と私の三人だけです。




2002年から禁止になり、セクシーなビンロウ売りの小姐も2004年には居なくなってしまった。現在はおばさんばかりです。今でも郊外へ出ると、こういった小姐も時々みます。以前の様な派手さは無いがセクシーな小姐は健在です。

私も数多い夜の遊びをしてきましたが、檳榔西施とHはしていない。

現在でも雲南省の一部やインド、ミャンマー、チベット、ベトナム等でも檳榔を買う事ができます。