2020年10月23日

11月16日例大祭について

 令和2年神明宮例大祭
  11月16日(月) 午前11時〜12時ごろ



毎年11月16日は神明宮の一番大きなお祭りである 例大祭 です。

このお祭りは7名ほどの神職により行われ、参列者も氏子総代および役員、御来賓の方々と限られておりますが、年に一度の御本殿の御扉が開かれる日とあって、その様子を見に来られる方々も多くおられます。


そんな例大祭でありますが、今年は新型コロナウイルス感染症の問題により、夏祭りと同様に神職と氏子総代、各会の代表者のみで行うこととなりました。

例年よりも少人数の神職で行うため、神事もコンパクトなものとなる予定ですが、しっかりご奉仕いたします。

この日を楽しみにしておられるみなさまには申し訳ありませんが、密になることを避けるため、お詣りについては例大祭をお納めします12時過ぎにお越しいただけますよう、よろしくお願いいたします。


なお、この日はお日柄は大安ということで、七五三などの御祈祷を予定されている方もおられるかと思いますが、例大祭のため10時30分より12時頃までは御祈祷はできません。

御祈祷を予定される方は、午前中については10時15分まで、午後については例大祭が終わりしだい(12時過ぎを目安で)行うことができます。

この日は平日ですので予約による受付となりますので、ご注意ください。







栃木のお伊勢さま 神明宮
 ・ ホームページ
 ・ twitter
 ・ Instagram



t_jinja at 12:00コメント(0)社務所よりお知らせ  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
神明宮について

栃木県栃木市旭町に鎮座する栃木市の総鎮守、神明宮の日常を綴っていきたいと思います。
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ