神戸在住のアコースティックギタリスト熊谷朋久です。ギター教室や演奏活動の日々をマイペースに書いています。

気がつけば9月下旬。猛暑もようやく和らぎ、

秋らしい日が増えてきましたね。

わずかに湿度が下がり始めたので、

ギターの鳴りも良くなってきたように思います。



さて先日、大阪日本橋へ。

おなじみ2nd Factorの工房へお邪魔しました。

IMG_0714

久々に日本橋へ来ましたが、

少し人通りは戻ってきたようですが

コロナ以前には程遠いですね。

ここ1、2年で外国人旅行者向けのホテルが

たくさん建ったところだったのに、

まさかこんな事態になるとはという感じでしょうね。。



代表の金谷さんに今回も色々お願いして

機材やギターをいじってもらいました。

現在の機材の改良など相談に乗ってもらい、

新しい楽しみが増えました。

IMG_0715

久々に金谷さんとたくさんお話もでき、楽しい時間でした。

もう十数年のお付き合いですが、

僕にとってはオアシスのような方で尊敬する存在です。

◇◇◇◇◇◇◇◇

さてYouTube動画もコツコツ上げています。

告知し忘れていましたので3曲まとめてどうぞ。



「Inis Sui」はアイルランドのフィドル奏者

Maire Breatnach作曲のダンスチューン。

アイリッシュのスタンダード曲は

現代のプレイヤーによって少しずつ追加され、

引き継がれているようです。





童謡「この道」をソロギター編曲。

ナイロン弦ギターで柔らかく弾いてみました。

昔からずっと好きな曲ですが、今回機会があって

ソロギターで取り組んでみました。





スティングの「Shape of my Heart」。

原曲のイメージを崩さない方向でギター編曲しました。

なんといってもコード進行が美しい曲なので、

ライブで弾くなら間奏パートを追加して

遊んでみるのも楽しそうです。



という感じで色々とアップしています。

シンプルな楽曲でもいざ取り組んでみると

勉強になることだらけで、

色々な点に気づかされます。

何事も実際にやってみて

はじめて見えることがあるものですね。

とにかく、楽しんでいただければ嬉しいです。

是非ご覧ください!

前回アップしたCompetition入賞について

教室の多くの生徒さんからお祝いのお言葉をいただき、

少し恥ずかしくも嬉しいです。

レッスンしている側なのに生徒さんたちから

逆に励まされて支えられるという情けないギター教室ですが、

少しでも恩返しできるようレッスン頑張りたいと思います。



さてバタバタしている間に9月になってしまいましたが、

8月末は旧武藤邸サロンコンサートがありました。

IMG_0604

春の開催予定がコロナで延期になり、

今回も心配していたのですが

入場者数半分にして感染対策を強化して

なんとか開催となりました。

IMG_0608

IMG_0607

MC用マイクにもアクリル板で飛沫防止。

換気で窓も開けていたので暑かった方はすみませんでした。

IMG_0610

20200826_140405640

瀬戸内海と明石海峡大橋も一望できつつのコンサート。

クラシック、ボサノバ、ジャズ、映画音楽、自作曲などなど

和洋折衷で色々演奏しましたが、楽しんで頂けたなら嬉しいです。



お一人クラシック好きなお客様が

内容が気に入らずにご立腹で途中退席されたと

後で聞いたのですが、

不快な思いをさせたのであれば申し訳ありません。

とはいえ音楽は自由ですし、

コンサートチラシに嘘があったわけでもないはずなので

好みが合わなかったということで。

今後も自分の信じるスタイルを追求していくのみです。



ということで拙い演奏でしたが、

終了後はたくさんの方とお話できて

やはり生コンサートはいいなあと思った一日でした。

お越しいただいた皆様、スタッフの皆さん、

本当にありがとうございました!

そしてコロナ禍で難しい中、開催を決断、実現していただいた

旧武藤邸の米津館長に心より感謝致します。

明後日に旧武藤邸サロンコンサートを予定しているので、

それに向けてレッスン合間に練習の日々。

コロナ禍でライブが激減していて

感覚が鈍っているので少し不安でありますが。

お越し頂く皆様、お手柔らかにお願いします笑



さて先週はYouTubeに動画を1つ

アップロードしました。

ひとつぶのたねコンサートでも弾いていましたが、

トロイメライのジャズアレンジです。

ナイロン弦で柔らかく弾いてみました。



和音を色々と変化させて雰囲気が原曲と異なっていますので

クラシック畑の方々には怒られそうですが、

別物として楽しんでもらえれば嬉しいです。


◇◇◇◇◇◇◇◇


その編曲関連で嬉しいことがありました。

アメリカ最大手の楽譜販売サイトで

Sheet Music Plusというサイトがありまして、

そこにYouTube動画のギター譜のPDF販売を

委託しているのですが、

そのサイトに登録されている

作曲・編曲譜が審査されるコンテストが

毎年開催されています。

無題3

先週事務局から突然連絡があり、

今年度のソロ部門で入賞したとのことでした。

コンテスト自体の存在は知っていましたが、

北米最大の楽譜サイトで何千何万曲も

毎年登録されているような楽譜の中からなので、

まさか自分が該当するとは夢にも

思っておらず寝耳に水状態。

無題2

最優秀ではありませんでしたが、

Runners-Upなので2位とか優秀賞的なことに

なるのでしょうか。

入賞したのは「カーニバルの朝」のボサアレンジでした。

この動画に準拠した楽譜になります。



そんなに特殊なことはしていないのですが、

アメリカではジャズボッサ的なソロギターを

弾く人が少ないので、

その珍しさもあったのでしょうか。

審査はアメリカ最大手の

楽譜出版社HAL LEONARDとのことですし、

なにはともあれ編曲で評価して頂けたのは

ものすごく嬉しいです。

地味なことでもコツコツやっていると

稀にいいことがあるものですね。

ここから奇跡が重なってHAL LEONARD社から

全米でギターアレンジ楽譜集が出版されるようなことが

間違って起こってくれれば最高なんですが笑

将来的にそうなるよう、

またコツコツ頑張っていきたいと思います。

↑このページのトップヘ