おはようございます。前回のブログから今日までに、色々なことがありました。

まずは、"ぶんちゃん"ことアベフミヒコと挑んだレコ発名古屋編。
自分でも「いいライブできたなあ」という実感があり、予期せぬアンコールにも嬉しさがあった夜。
_MG_5024-79

2017/9/18at名古屋鑪ら場-SET LIST-
1.グッバイガール
2.しまうま
3.FESTIVAL
4.Lifework Song
5.月は
6.Yesterday's Curry
アンコール エブリシングOK?
_MG_5007-67
写真は、ぶんちゃんの友達、あさちゃん氏。
いつも良い写真をありがとうございますー!

他の写真も、Facebook公式ページのアルバムで公開中です。

アルバム「slow boat」も皆さんご購入いただき、ありがとうございました。
少しずつですが、確実に、拡げてゆきたい、と改めて思いました。

そうそう!今月も、アルバムを取り上げて下さった媒体さんがありまして。その他にもお知らせいくつか、まとめて書いておきます。

[お知らせ①]
9/20発売の「CDジャーナル」10月号111ページ、CDレコメンドのコーナーにコメント掲載いただきました。岡村詩野さん、素敵なコメントありがとうございました。

引き続き、アルバムはCDショップや通販、ライブ会場の他、カフェや美容院での委託販売でも買えますので、手に取ってみて下さいね。(画像は、一乗寺のNorwegianwood)

[お知らせ②]
4月のkito cafeでのワンマンライブの動画をyoutubeで公開中です。
  
編集は、MVでもお馴染みのTMSチーム。まだMVになっていない「月は」「roundabout」をアップしていますよ~。まだアレンジがちょっとフワッとしている。。笑

[お知らせ③]
レコ発シリーズの集大成、10月14日(土)アバンギルドまであと2週間です!
flyer20171014_ver1

時間
 18:00 open/18:30 start

料金 前売り¥3,000/当日¥3,500(+1Drink)

出演
■竹上久美子's paper moon till dawn
【Dr/senoo ricky(LLama)、Gt/吉岡哲志(LLama)、Tuba/柴田紘亨(風の又サニー/表現太郎トリックモンド)etc.】
■杉瀬陽子
■チーナ
この日限定の、アバンギルドとコラボのフード会場特典もあります。
小学生以下無料・フロア禁煙なので、ご飯食べながら家族でゆっくり楽しんでくださいね。
別にこの日で活動をやめるわけではないし、11月以降も来年もソロやミニマム編成でのツアーは続々決まっていますが・・
自分のキャパや人生の目標を考えたとき、大所帯でバーン!とライブするのは、暫しお休みしようと思っているので、
いったんこの日で一区切り。悔いのないよう頑張りますので、ぜひ目撃しに来て下さい。

・・はてさて。
その、「人生の目標」って何なのかというと。
『音楽をもっと知りたいし、もっと体現したい』ということです。
例えば、ライブでもレッスンでも、ポーンと鳴らす音ひとつ、歌う声の出し方ひとつ、作る曲のアレンジひとつに、もっと向き合いたいし、表現を楽しみたい。いや違うな。もう既に、かなり楽しくなってきていて、
『こんなに楽しいってことを知らなかったから、もっと追究したい』という感じかな?

33年も生きてきて、あまりにも「音楽そのもの」に向き合うのが遅いのですが・・(笑)
「言いたいことがあって、言葉でうまく言えなくて音楽にするしかなかった」という音楽人生のスタートラインから、良くも悪くも逸れていっている最近。音楽は感情を吐き出す手段だったから、"体をどう使って音を出してる"とか、"どういうリズムを乗せたら気持ちよく届くか"、とかは、そんなに大事ではなかった。
変わっていった理由は、やはりリトミックのレッスンが大きいです。

娘の保育園の参観日をキッカケに、「なんだこれ!?」と興味を持ち、「Rythmique」=「良いリズム」という基本理念に、「今の自分に足りない、何か」を見出した数年前。そこから指導資格を取得し、子育てセンターや保育園でのレッスンやアシスタントを経て、個人でのグループレッスンも少しずつ枠が増えてきた現在ですが。
知れば知るほど奥深いし、続けるうちにグループレッスンからピアノやボーカルの個人レッスンに移行する子もいて、1月からは担当クラスも増えるので、改めて歌や演奏に向き合っている日々。
嫌なこと、苦手なことを克服するために楽器に向かってるはずなのに、教える側として原理やコツを考えながら練習してるからか、とてつもなく楽しい。

(娘も、楽器練習たのしそうです・・笑)
祖母がピアノ教師で、祖父も教師、父母も教師、親戚は保育園運営・・と、基本的に「教える」ことに縁がある一族で、昔はその反動からか、オルタナとかパンクばかり聴いて、基礎練習もサボりまくっていたのですが。。(笑)
クラシックピアノを習っていた人なら誰もが通る(そして途中で嫌になりがちな)アレやソレ、もしくは、キーボードマガジン監修の最後まで進めなかった教則本のアレやコレ、ボーカルや管楽器の呼吸法など、専門書の数々・・今また「なぜ苦手なのか」考えながら、または「できない人に教えるならどうやって伝えるか」考えながら取り組むと、楽しいし、奥深い。(あと、一日が一瞬で終わる。笑)

・・長々とこのブログを読んだ末に、「いや、別にそれ、バンドとか色々活動しながらやれるやん!」って思う人もいるでしょう。
実際、バンドのメンバーも
素晴らしい方ばかりでクリエイティブな時間そのものは楽しいのですが、
「素晴らしい方々だからこそ、見合った演奏対価を支払いたい」=「運営面をうまく回すことに頭が行く」=「音楽そのものに割く時間が必然的に減る」
という面もあったり。。まあ、バンドだけではなく何事も、余力がないとグイグイ拡大はできないもので、
また生活リズムが変わったら、余力が生まれてアイデア沸いてきそうな気もしてます。笑

人間は変わっていくもので。感覚や考え方が変化する、その流れに抗うことはできない。「こうあるべき」とか「これが理想」とかより、常に「自分はいま何が楽しいのか」に対して正直でありたいなーと思います。もちろん、
境界線の狭間で、割り切ったり、割り切れなかったり、心から楽しめたり、時には余裕を失ったり、また戻ったりしつつ、自分のあるべき道を探していくしかない。

「果たして私は、音楽好きなのかな」と疑問に思う時期もあったけど、始めて30年目で、やっと『好きで、楽しい』って言い切れる瞬間を見つけて、まだまだ伸び盛りやでっ!というきもち。

_MG_4933-14
ではでは、今日も一日たのしくいきましょう。