2011年01月03日


!Feliz An~o Nuevo!  明けましておめでとうございます!

ず~っと昔から聞いていた曲ですが、歌詞を初めて知りました。

Con este tango que es burlón y compadrito このふざけた生意気なタンゴに 
se ató dos alas la ambición de mi suburbio;
 下町生まれの僕の野望の両翼は縛られた
con este tango nació el tango, y como un grito
 このタンゴこそタンゴの始まり
salió del sórdido barrial buscando el cielo;      
汚いぬかるみから出た空を求める声のように
conjuro extraño de un amor hecho cadencia    歌だけの愛なんて嫌だと思いながら、

que abrió caminos sin más ley que la esperanza,
 希望という道標しかない道に進んだ…
mezcla de rabia, de dolor, de fe, de ausencia そこには
怒り、苦しみ、信仰、憧れが混ざり合っている
llorando en la inocencia de un ritmo juguetón.
 そして、からかうような軽いリズムの無邪気さに
涙を落とす…


Por tu milagro de notas agoreras
        その不吉な音符たちから生まれた
nacieron, sin pensarlo, las paicas y las grelas      恋人が、愛人が、生まれてしまったんだ
luna de charcos, canyengue en las caderas
   そして水溜りの月も、腰に回したカンジェンゲも
y un ansia fiera en la manera de querer...
    愛をせつなく求める苦悩も…


Al evocarte, tango querido,
           愛しいタンゴ、お前を思い出すたび
siento que tiemblan las baldosas de un bailongo
 陽気な踊りでタイルが揺れるのを感じる
y oigo el rezongo de mi pasado...
        僕の過ぎた日々がぶつぶつと言いだす
Hoy, que no tengo más a mi madre,
        今は、僕の母だけ 
siento que llega en punta 'e pie para besarme
  僕にキスをしに爪先立っていくのは。
cuando tu canto nace al son de un bandoneón.
バンドネオンの音色が君の歌を紡いでも…


続きに挑戦しましたが、↓は辞書にも見つからない単語が多すぎてお手上げ(≫≪)!です…

Carancanfunfa se hizo al mar con tu bandera
 

y en un pernó mezcló a París con Puente Alsina.
 
Triste compadre del gavión y de la mina 
y hasta comadre del bacán y la pebeta.
 
Por vos shusheta, cana, reo y mishiadura
 
se hicieron voces al nacer con tu destino...
¡Misa de faldas, querosén, tajo y cuchillo,
que ardió en los conventillos y ardió en mi corazón.






t_m_k_1117t_m_k_1117 at 08:07│コメント(3)トラックバック(0)スペイン語 | アルゼンチンタンゴ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yokichi   2011年01月04日 21:36
Hola!
Feliz an^o nuevo!

意味の取りにくい歌詞ですね、、、
paicas<paicoならスカンポのような植物、
grelas<greloならカブの若葉、
だそうですが、、意味が???

これは時間をかけて読んでみます。
デモダンスのようだったりするかも知れませんし。
2. Posted by 池田   2011年05月17日 16:25
本日のスペイン語会話教室の際にこのEl Chocloの翻訳を行いました。アルゼンチンの俗語が多い歌詞なので大変手間取りましたが、以下のサイト内の「訳詩」と「辞書」が役立ちましたのでご案内します。特に「辞書」は整理されており、大変助かりますね・・。

ゴタンの中庭(Patio del Gotán)
http://www.kitanoit.com/~gotan89/

また'paicas'と'grelas'についてはスペインの新聞記事に掲載されてました。愛人と情婦というところでしょうか。

Paicas y grelas son términos del lunfardo (argot argentino) para definir a las amantes y queridas de los rufianes o compadritos del tango.

http://www.elpais.com/articulo/espectaculos/Cabare/tango/narra/historias/paicas/grelas/bonaerenses/elpepiept/20030715elpepiesp_1/Tes

ご参考になれば。
3. Posted by t_m_k_   2011年06月03日 11:56
池田様

貴重なコメントと情報をいただきありがとうございます♪

5月の決意もむなしくまた1か月近く放置していたため、お礼が遅くなりました。すみませんm(_ _)m

「ゴタンの中庭」という素晴らしいサイトがあること、偶然私も今朝あるつながりで知ったところです。Lunfardoの辞書も充実していますね。

paicaとgrelaはどちらも情婦というニュアンスの(やや差別的?)な語彙のように感じますが…rufianが「ヒモ」、compadritos del tangoは「タンゴに興じるチンピラ」という感じでしょうか…tango好きな私にとってはちょっと…?ですが。「ゴタンの中庭」の編集者の方もおっしゃるように時代背景を考えないとだめですね。

いろいろ勉強になります。

かなりスローペースなアップになっていますが、ときどき覗いてみて何かお気づきのことがあったら、教えていただけるとうれしいです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字