2018年05月19日

海産物限定大会前夜祭に参加

例年北海道のマジアカ勢では年2回厚岸で行われる牡蠣祭りに参加する風習があります。
で、秋の方は2度ほど参加していたのですが、引っ越して体の自由が利きやすくなったこともあり、今回は春も行くことにしました。

いつも通りメさんに乗っけてもらう形で、道中は日高屋(りふらふ)さん、REIさん、レーナザコトノワくんと一緒でした。
昼ご飯は集合直後に千歳のIORIで。味噌美味しかったです。

以後は4時間ほどの車道中。今日投げる予定の形式の見直しを乗り物酔いと戦いつつ行った。
と休憩3度ほどと白糠の道の駅で翌日焼く予定のものを購入したりして釧路のBIG BANGへ。
前夜祭でマジアカ大会で行われることとなっておりました。参加者は道外からの遠征勢も含めて12人。全体通してのルールは完全同一禁止。

予選は2戦行って順位点で8人が勝ち抜け。
1戦目の相手はあげいにすたさんとホドラムくん。グラフを見てライ択を投げる。
まずそのライスタ四択。ほぼ即答問で満点に近い点数。最後押し間違えたかと思って焦った(
次にあげいにすたさんの社会連想。これは回していたこともあり、全問正解。
次にホドラムくんの文系キューブ。1問全員誤答の問題を除いて正解。
最後にダミーのノンジャンルランダム。小野伸二の出身校を間違ったがそれ以外は正解。
という感じで1位。これで2戦目は楽ができる。

2戦目の相手はMYIメメメ(メ)さん、ともあきさん。ここもグラフを見て芸エフェを。
まずMYIメメメさんの野球。そこそこ正解していい感じに。
次にともあきさんの物理・化学。今回はあまり刺さらなかった。
次に芸能エフェクト。1問普通に凡ミスしてしまったが単独取るなどそれなり。
最後にダミーのノンジャンルランダム。ここもリードをするなど。
ここも1位でした。

予選は2位で通過(4人組の1位は3人組の1位より順位点が高いため)。

準決勝は上位2人抜け。
相手はべつかいMILK(DAI)さん、MYIメメメさん、ホドラムくん。ここもグラフを見て、投げるつもりで見直していたアニキュを。
まずそのアニゲキューブ。初見を2問引いてしまった・・・それでも単独は取った。
次にべつかいMILKさんのサッカー。予想どおりで、あまり刺さらず。
次にMYIメメメさんのアニゲランダム。四択を普通にミスるなど(
最後にホドラムくんがアニゲ順当て(汗 比較的解ける問題で助かった感。
ここも1位で通過。

決勝は1本勝負。
相手はきゅむさん、さよならひびや(レーナザコトノワ)くん、MYIメメメさん。アニ択でも良かったのだが、翌日の天気が悪くなりそうなので(何 、最近回している社キュを投げることとした。
まずその社会キューブ。司会から嘆かれるレベルのヌルさで一切差がつかず・・・
次にきゅむさんの社会タイピング。1問凡誤答してリードを許す苦しい展開。
次にさよならひびやくんの理系キューブ。キン肉マン脳により「アショロア」を「アショアロ」とするなど(
最後にMYIメメメさんの芸能タイピング。NORMALだったが1問少数正解。
という感じで3位。優勝は遠征勢のきゅむさんでした。問題の引きがあったとはいえ、凡ミスで首絞めてるので何とかしないとなあ。

終了後はホテルにチェックインし、シャワーを浴びてから飲みへ。

1軒目はちゃりんこ。ここは前も行ったけど釧路で最強クラスの居酒屋。刺身もうまい、煮魚もうまい上に値段もそれなりで言うことなし。閉店間際までがっつりと行きました。
2軒目は鳥松。ご存知ザンギ発祥のお店ですが、前回は混んでて行けず。今回は運よく入れました。普通に発祥というだけでなく美味しいので釧路に来た際はぜひ。
3軒目はかど屋。つぶ焼きと醤油ラーメンしかないという尖ったお店でしたがどちらも美味しかったです。この店の途中で寝かけました(
という感じで日が変わる頃合となり、解散となりホテルへ戻ってバタンキュー。お疲れさまでした。  

Posted by t_m_operao at 16:00Comments(0) クイズ | マジアカ

2018年04月30日

オープン大会「第18回勝抜杯」

というわけで本遠征の最大の目的である勝抜杯。
会場の近くに宿を取っていたので余裕を持って問題などを読んでいました。
ギリギリまで待ってたのでさんぺー氏より心配の電話がかかってくる始末(

ガチでホテルを出て3分で会場へ到着し、受付へ。
今回の挨拶は「おっ、チャンピオン」「いやー、去年1回戦・・・いや2回戦でしたっけ、落ちですから」みたいなのでした(
susanくんがいたので久々に話し込んでいると、北海道期待の星であるざきおさんが来て、ちょうど近くにKingTowerさんがいたので引き合わせることに成功しました(前日の飲みでフィギュアのことを話していたので
そうこうしているうちに開幕。
まず予選は50問ペーパークイズ。例年いつ落ちるか分からない不安の中で解くことになる。
毎年作る対策問題、今回は近似値と筆答1問ずつを当てるという今までにない成果。ただ最近の引き出し力の欠如が如実に表れており、近似値ピタリだから落ちはないだろうが苦しいなあ、という出来。

昼休みはバーソさん、さんぺーくん、独協医大勢2人と。解答が出てたので持っていき、○付けをすると26点。バーソさんが34点らしいので、順位は高くなさそうである。
文京シビックホール会場の時は毎回食べてたタレカツ丼屋が混んでたので、今回は近くのステーキ屋で食べました。さんぺーくんにはLOCK OUT優勝祝いでおごりました。
戻って数冊問題集を買いつつ、13時に。
ペーパー1位はこげくん。前回参加時も解答欄ミスで同点3位だったのでこの結果は納得か。
バーソさんもついに初シードを獲得するなど、10人がまず7○3×へ駒を進めた。

そして1回戦のローリング。今年は昨年のルールに似ているが、3○または連答で抜けなのと、セット終了時に2○を持っていた場合次のセットに居残れるところが違う。
シードボーダーから6点あるので1セット目は当然呼ばれないと思って見ていたが、30点くらいでの同点が非常に多く、2セット目の参加が絶望的に。
その2セット目には4号くんとさんぺーくんが参加。4号くんは北海道問を2問取るも抜けならず、さんぺーくんは今回は順調に3問正解して勝ち抜け。本来はこれくらい勝抜杯の問題群に強い。
さて、3セット目の参加者を呼ぶ段になり、ようやく「58位、北海道の・・・」と呼ばれる。もうちょっと何とかせねばなあと思いつつ整列へ。すると、直後の62位でざきおさんが呼ばれる。抜けてしまえば絶対傾向が合うので、ハイタッチで迎え、期待しつつ自分も壇上へ上がる。前セットから5人が残り、相手もslasher1999さん、M上くん、みやマフィアくん、OMRさん、アラシさんなどのメンバーから6人抜けと、昨年とほぼ変わらない通過難易度のようだ・・・
開始後、序盤は全然点かない。そうこうしているうちにぺやごんくん、ZvXくんが抜け、押せそうな「ブノワ賞」をこの傾向で明らかに食い合うslasher1999さんに押し負けるなど厳しい感じに。
そんな中、「政令指定都市を除いた日本の市で、人口/」 点いた。確か過去の対策問題にあった。東京でも神奈川でもなく・・・「船橋!」無事正解。
次も押せればいいなと思ったが、「中澤佑二」は点いたとおもったらラヂオくんに押し負けており、そのラヂオくんが連答3○でアッサリとセット3抜けとなる。残りは3人。
それでも、「カミュの小説「異邦人」で」 多分二択だろう・・・「衝動的に/殺人」 ここまで聞ければ太陽はあるまい。「ムルソー」でリーチ。
さらに数人リーチがかかる中、「数学で、立体を平面に切り/開いて」 おお、点いた。「展開図!」でセット4抜けとなった。ひとまず抜けれて良かった。
ざきおさんはこのセット2○でリーチをかける(特に2〇目の「ビールの消費量世界一」→「チェコ」は場内がどよめく好正解)が、得意と思われる演劇問で指が動いてしまい失格。残念・・・

7○3×の組だが、前日にバーソさんが「後から厄介な人が来るから埋めた方がいい」と言っていたので4人の組を探してみると、1組目の一番上にウィストくんの名前が。先週のリベンジも兼ねてここを選ぶことにした。

4セット目にU-STARくんが呼ばれたが押せずにローリングとなる。彼もこの傾向に合いそうな感じがするのだが。
最後はみやマフィアくんが入って即連答で30抜けとなり、ローリング終了。

で、7○3×は早速出番である。
相手はウィストくん、おクイズさん、れふぇくん、ZvXくん。うーんウィストくんしか見ないで選んだらこれかなり厳しいじゃん(
そんな中、れふぇくんが全く現れず、「失格でいいんじゃない」などと言ってたらグッダグダのスタートとなりました(
スタート直後からZvXくんが飛ばしに飛ばし、ほぼ勝ち抜けを確定させる。相変わらず序盤は点かず、初日は10問目くらいの「火焔型土器」。
そこまでは良かったが、「武士として初めて」で押したら「右大臣」となり誤答(正解は「源実朝」)、さらに「ノーベル文学賞候補に8回」で押して「谷崎潤一郎」と言ったら「西脇順三郎」(マジアカだと最低4回と出題されてて全然知らず)となりアッサリとトビリーとなる。
この段階でZvXくんが抜け、トップ集団はれふぇくんとウィストくん、という展開。まあ押せるだけ押すしかないのだが・・・
と、れふぇくんがリーチをかけるまでの間に何とか2○を積んで3○。
ここで、「目に見えないもので価値が変動する/」で点ける。うーん、思ってたのと違うが・・・と「のれん」と答えると正解で4○、さらに「創業者の吉田竜夫の名前が/」を押し勝ち「タツノコプロ」で5○、横一線まで持ち込む。
が、この直後、5○1×だったおクイズさんが連答して2抜けとなり、ここで終了となった。途中躊躇して押さなかった問題もあったので仕方がないですね。
さんぺーくんは4組目に登場したものの、残念ながら敗退。

3回戦の1対1は前半が1抜け、後半が2抜けの人が勝ち、順当に上位陣が残ったような印象に。

それも終わって敗者復活。ここ数年やっている準決勝進出者が押したポイントで答える早押されボードだが、今回は2×で失格と少し緩くなっている。
が、1問目の今年の夏の甲子園の回数を普通に間違ってしまい、3問目で終了。雑魚い。
残った5人の中にU-STARくんがいて応援。リーチまでかけたが、最後はせぼやんくんが競り勝って復活となった。残念。

準決勝に残ったのはKingTowerさん、qm21さん、ピンチョンくん、jsoくん、pontevecchioさん、モンテスくん、バーソさん、おクイズさん、せぼやんくん。
ここも例年通りの3ポイントアヘッドで、混戦となるときは混戦となるが、序盤でKingTowerさんが、それから少し経ってバーソさんが勝ち抜けた後は、かなりの混戦となる。
最後はjsoくんとpontevecchioさんとの争いとなったが、jsoくんが振り切って3抜けとなった。

決勝も例年通りの13ポイントからのラウンドトリップ。
2度準優勝があるKingTowerさん、2回目の参加で決勝まで上がってきたjsoくん、3度目の優勝を狙うバーソさんの戦い。
バーソさんは調子も良かったため応援していたのだが、KingTowerさんが序盤からリードし、他2人は正解を出すものの誤答も多く、結果4点差をつけてKingTowerさんが折り返す。
その後も終始リードする形で試合を進め、バーソさん、jsoくんと失格となり、KingTowerさんが勝抜杯初優勝を飾った。
優勝を決めた瞬間KingTowerさんが泣くのを見て4年前の自分がフラッシュバックする。少し休みがちになってはいるものの、また戻れるように頑張らないとなあ。

今回は例年になくサクサク進んで滞りなく終わったという印象でした。かちぬけさんはじめスタッフの皆さんお疲れさまでした。

終わった後は懇親会へ。前回文京シビックホール開催時と同じお店でした。
今回は酒も料理もきっちりと出てきて大満足。
また、レジェンドの方とお話しさせていただくなどして恐縮しつつも楽しい回でした。

と言いつつ、実は終盤くらいから記憶がほとんどない状況で、気づいたら二次会の場にいて、マンサイさん、いてまえ打線さんとドラクエ10の話をしたり、その他諸々NG( な話をしていて、次に気づいたのはホテルのベッドの上だった、というような感じでした。ちょっと飲み過ぎましたね・・・気をつけよう。
恐らくそんな感じでワイワイやってバタンキューしたんだと思いますが、お会いした皆さんはありがとうございました。  

Posted by t_m_operao at 11:00Comments(0) クイズ | オープン

2018年04月29日

オープン大会「鯖押オープン〜あしたのために〜」

翌朝。ホテルを出て渋谷へ行き、一蘭で朝食ののちバスで氷川区民センターへ。
この日も鯖ちゃんさんがオープンをやる、形式も翌日を意識、というところから参加することにしていました。

まず最初はペーパー。筆答100問を10分という衝撃のペース配分。
配られてしばらく眺め、作戦を立ててからスタートとのことだったが、解答スピードが要求されるならお手の物なのである程度当たりをつけつつ1から解くことにする。
・・・途中2・3度回答欄を間違えてしまった。頑張って修正し、ギリギリで100問まで行ったが、その後1問飛ばしていたことに気づくなどしてしまい終了。自己採点で、一時雲行きが怪しくなることもあったが36点。負けないだろうと思ったらしんほむらくんが37点。無念。

この結果をもって2コースに分かれて・・・という手筈だったが、参加者がちょうどAB半々に分かれたらしく、自分のBコースはアッサリと通ることとなった。

Bコースは早押しオンリーのコース。全然知らなかったけどAコースが鯖ちゃんさん、Bコースがカフィさんの作る問題だった様子。前の鯖押会で結構相性良かったので期待か。
最初はローリング。ペーパー上位10人が並んでの3○2×5人抜け。
これを4セット繰り返す。勝ち抜けた順に7○3×の組を選べる。

で、最初のセットはペーパー上位がズラリと並ぶ一番厳しい組になる。
しかし、初日を挙げると、「ジムカーナ」を幸いにも正解できてリーチ。
3人が抜けた後、「英語ではexistenceという/」「実存主義」を正解して4抜けとなった。

さて、例によって7○3×の組だが、がいるさんが既に2組目にいる。
昨日のリベンジを狙うか、とそこに入ることにした。
相手はがいるさん、がうんたっちくん、エヌ氏くん、ホッチキスくん。うーん厳しい。
さて、1問目にそれっぽい時期の天皇だから、と押して「元明天皇」と言ったら誤答という立ち上がり。
序盤は押せそうな問題をがうんたっちくんに押し負けるなどし、2×を恐れて勝負に行けないなど置いていかれる展開となる。
初日は「インバー」でようやく挙げるがちと厳しいかな、という感じで行ったが、その後は割と順調に正解が出て、気づけばリーチとなっていた。
そして、「1987年に「ここだけの話 〜オフレコ〜」で/」をがいるさんに押し勝ち、「畠田理恵」で1抜け。良かった。

ここを抜けると準々決勝。1対1対決クイズ。
Aコースと合流し、1抜けの人がペーパー順に2抜けの人を選んでいく。ルールは10問限定の4点先取・デュースなし・サイドアウトと本家とは若干違う。
なお、ここも試合順と鯖ちゃんさん問題、カフィさん問題のどちらかを選べる。
しんほむらくんがまなつかさんを選択し、次いで自分の番。
指名できるのは、バーソさん、橙武者さん、U-STARくん、エヌ氏くん、たけひでK3さん、九尾のたぬきさん、STNくん。
先輩後輩対決も考えたが、正直事故率が高い(というより誰と当たっても事故りそう)などと逡巡した結果、たかひでK3さんと対決することにした。
1問目、すっかり人ということを失念して「フィールズ賞」と答えたがおまけで正解となり先制。
しかし2問目「ダミアン」を押し負け、3問目も押し負けたが思っていた「サイ」が誤答で「トンファー」と正解、4問目「ポエニ戦争」を押し負け、とスピードの遅さが響く展開に。
次も知らない問題でまずい、と思ったが「アニサマ」が正式名称回答で助かる。
6問目、永久欠番が2つあるバスケットボール選手、ということで、対策問題で解いていた「コービー・ブライアント」を正解しリーチ。次も「坂口安吾の小説と、ムイシュキン侯爵/」で押し、「白痴」で無事勝利。良かった。
しかしそのあと、しんほむらくんが誤答連発でまなつかさんに負けるという事態が起こったのだった・・・

準決勝は2ポイントアヘッド3人抜け。
相手はKingTowerさん、五十音ことはさん、西瀧さん、バーソさん、橙武者さん、Mr.Hillzさん、まなつかさん。
問題難易度はかなり上がっており、序盤で押して誤答してしまうなどして全然押せない。
そんな中橙武者さんが開幕2連答でアッサリと抜けてしまう。西瀧さんも1○してリーチがかかったところで、「小野二郎」を正解して何とか防ぐ。
しかしここからもあまり押せず、押す問題は早とちりで誤答、休んでいる間に押せる問題が来るという悪循環となる。
「ガルシン」などを正解するも、そうこうしているうちにKingTowerさんが抜けてしまい枠はあと1つ。
その後もポツポツと押し、残り3人、6○までは積み上げるものの、西瀧さんのリーチに慌てて押して誤答、それで休んでいる間にMr.Hillzさんが正解、これで自分がボーダー下となり敗退となった。もうちょっと冷静に試合運ばんとダメですわ・・・

決勝は橙武者さん、KingTowerさん、西瀧さん。
ラウンドトリップクイズ(7点でアタサバに)は、序盤からKingTowerさんが飛ばしていき、アタサバでも優位を維持して優勝となった。おめでとうございます。

このボリュームで16時半に納めたというのは良かったと思います。鯖ちゃんさん、カフィさんはじめスタッフの皆さんありがとうございました。

終わった後、バーソさん、しんほむらくん、KingTowerさんと飲むか、というところで会場隣にあった居酒屋へ。
ここが当たりで、焼き鳥など大変美味しくいただきました。しかも早く入ったから20時過ぎには終わるという健全飲み会(
それも終わって、渋谷駅まで歩いて帰ったのち宿まで戻り、対策問題を1巡してから寝たのでした。お疲れさまでした。  

Posted by t_m_operao at 11:00Comments(0) クイズ | オープン

2018年04月28日

アロー4月例会

舌の根も乾かぬうちに2週連続の東京遠征となりました。
この日はGWの混雑を予想して早めに家を出て、空港へ。
保安検査場を通過した瞬間に30分出発が遅れる旨言われてうーんとなる。幸先が悪い。

11:05 新千歳発。

頼りのノーパソが使えない(外付け差すと外付けがダメになる)ので音声聞きのみとした。

12:40 羽田着。

さて、今日はがいるさんにお願いしてクイズサークルアローの例会に参加させていただくこととなっておりました。
山手線と西武を乗り継いで下落合へ。
入ったところ3セット目の7○3×を行っているところで、次からの参加ということになった。
ここでお土産に買ってきた白い恋人を披露(
休憩後、改めて自己紹介などを行って開始。
最初がHさんの問題で、時事が多めだった。ここは順調に正解を重ねて1抜け。なお、抜けた後に「今年日ハムがボールパークを作ると発表した都市」が出て悶絶した模様(
次にばんのさんの問題。難問好きということで傾向合うかなあと思ってスタートしたが、実際は結構スピードがいる問題群で、苦戦はしたものの何とか判定抜け。最後の正解「43」が、本日ばんのさんがこの歳になったという話だった。
次にがいるさんの問題。本日絶好調のがいるさんが読むため頑張りたいところで、うまく正解を重ねてここも抜け。
自分も読みました。先月行った北海道学生最強位のペーパーから出題。「押し頃です」との触れ込みどおり、かなりサクサクと正解が出ました。

7○3×が終わってカリグラさんのペーパー。強い人は30点を目指してくださいとのことだった。
解いてみると比較的解きやすい問題が並んでおり、結果は39点。思い出せないのが数問あったのが悔やまれる。全体では1位だった様子。

その後、ペンタイアさんによる企画。甲信越に旅行に行ったので、それに関するボードクイズとのこと。
甲信越の1問1答15問、多答5問で、上位にはお土産が与えられる。
1問目、いきなり「ふのり」に「ふ」をつけないで誤答というヘボい立ち上がりも、その後は正解者が多く出るような問題はそこそこ取り、10点。
多答は、最初の問題はサッパリだったが、以後それなりに稼いで14点。合計24点で、ham帽さんに次いで2位でした。

最後にアラシさんによる勝抜杯対策企画。
まずローリングをペーパー順で抜け番を作る形で行い、この成績上位から7○3×の組を選べる。
まずローリング。なおペーパー1位のため、絞りは緩いところに。
1セット目。ここは一番緩い絞りで、うまく正解して勝ち抜け。
2セット目。序盤こそ点かなかったものの、正解を重ねて勝ち抜け。
3セット目。連答で電光石火の勝ち抜け。これが本番でもできればなあ。
4セット目。ここが2人抜けと一番絞りがきつかったが、何とか1抜けで全勝達成。

7○3×は2組目を選択。
がいるさんが先行する展開となってしまい、頑張っては見たものの1抜けを許してしまう。その後2抜けはしたものの、誤答した問題を疑義出して無効にしてしまい申し訳ない感じに。

それも終わって、時間が若干あったので1対1もやる、ということに。
2抜けなので選ばれる立場だったが、ham帽さんから本番を見据えて選ばれることに・・・
ルールは無事サイドアウトで、先行はされたものの勝利。

という感じで終了。大変楽しくガッツリクイズができました。がいるさんはじめ、参加させていただいてありがとうございました。

終了後は打ち上げということで高田馬場の飲み屋へ。チンチロで出てくるお酒がかかるメニューがありました。なお皇帝パッキーさんがカエルのから揚げを当てた模様(なお普通に美味しかった
自分もやって八海山が当たってラッキーでした。
最後に恒例らしいロシアン寿司を。12個中2個が当たりだったんですが、口に入れて噛んだ瞬間甘い味がしたので当たりを引いてしまったようです・・・しばらく口の中が火を噴いてました。周りは「ここで当たったんだから明後日はいい成績出ますよ」と言われたんですが、いかに・・・
お開きとなり、ホテルへチェックイン、少し対策問題を読んで寝たのでした。お疲れさまでした。  

Posted by t_m_operao at 14:00Comments(0) クイズ | その他のサークル

2018年04月22日

シンサクール蒲田4月例会

翌日。朝はゆっくりと起き、アドアーズ蒲田でくまーきんぐ(というよりWE最後のクレ積み)を2クレ行い、品川でブランチ的にうどんを食べてから平和島へ。
競艇・・・ではなく、シンサクール蒲田の例会にお邪魔させていただくことになっておりました。
入ったらノダシューさんがこの日クイズLIVEチャンネルでやる「シン・でないクイズ」の問題でフリバをやっていた。1○で終わる。
その後しんほむらくんのフリバを経て本編開始。

まず最初は参加者が自己紹介がてら1問ずつ出題する。
自分は「昨日この辺の餃子臭がする人たち(しんほむら・橙武者)に駆逐されました」と話しつつ「HNがT.M.operaOですが、そこでこの問題です」と以下を出題。

Q.今年4月1日付で響からエイベックス・ピクチャーズへ移籍した、「そらまる」の愛称で知られる声優で、現在放映中のアニメ「ウマ娘 プリティーダービー」においてテイエムオペラオー役を演じているのは誰?
A.徳井青空(とくい・そら)

なお喋ったのはその翌週が初めてだったようです(
他の人の問題も解くものの、正解率が高そうな問題しか正解してなかったかなあという感じ。

次にジャンル別。
まずすみすさんの「インターネットセキュリティ技術」。仕事で少しかじっていたので5点で2位タイ相当。
次にS水さんの「CASINO」。こちらはトップが8・9点なのに対し3点とあまり出来が良くなかった様子。

その次がペーパーで、今回の担当はKingTowerさん。勝抜杯を意識した問題群とのこと。
いきなり1問目で度肝を抜かれつつ解いていくが、解けるようで解けていないような手応え。
終わってみると、昨日ノダシューさんと話していた「京、ふたり」を漢字を知らず「今日、ふたり」と書いたり19点と散々な出来。全体では11位だったものの、トップしんほむらくんとは9点差もあり、翌週に不安を残す結果となった。

このペーパーの結果で全体を2組に分け、2部制となる。一方はSteps、もう一方はフリバをやり、Stepsが終わったらもう一方がSteps、終わった方はフリバ。
先に自分がいる方がStepsとなった。今回の担当は五十音ことはさん。
Stepsは基本的に3○2×を4セット行い、各セットの成績順にドライバーズポイントが入り、その上位からメジャー、AAA、AA、Aの4つに分かれて最後のStepsを行うという形式。
1セット目。しんほむらくんが相変わらず強く1抜けしたが、こちらも「おもちゃの兵隊のマーチ」「ルドン」と正解し、彼が抜けた直後に「リカレント教育」を正解して2抜け。幸先が良い。
2セット目。このままの調子で行きたかったが、誤答から入ってしまいそのまま。
3セット目。同上、としか言いようのない状態。1セット目の貯金を吐き出してメジャーボーダーから転落。
4セット目。ここで1位を取らないとメジャーに行けなかったが結局全然押せず終戦。
という具合で結果は6位となり、何とかAAAという具合。

ここでいったんフリバとなり、それなりに押すもののスピードの落ちをかなり実感した。

もう一方でも4セット終わり、改めて最後のSteps。
A、AAが終わって2人ずつ上に上がり、AAAとなる。
ここは40問限定の5○2×で上位2名がメジャー参加となる。
ここまで問題難度はかなり高く、運よく押せる問題がくればいいなあと思っていたら、
1問目がいきなり「馬の腹痛の総称」で「疝痛」を正解するというらしいスタート(
しばらく沈黙するも、「本名は宮下聡。/」と、Twitterでこの日札幌でやってたGG対策として上げていた「ひょっこりはん」を正解してリード。
さらに「エプソム競馬場」が飛んできたので正解して「競馬が強いですね」と言われつつ(、最終問題で「フィールディング」を正解するという感じでトップでメジャー進出。

で、メジャーは60問限定の7○3×。
こちらも難度が高く、周りの力も上がっているため全然押せない・・・
挙句自作(10年以上前のだけど)の「長谷川恒男」は「高橋通子」と言うし、「クラブハウスリーダー」も「コリーダー」と言うしでどうにもならずトビ最下位。やっぱり場数減ってるとはいえ、これはひどい・・・

その後今後の予定決めや休憩を経てかずすけくんの小企画。
セット制で、正解するとそのセットで上位から5、4、3、2、1点が入る。これを50問経過まで繰り返して点数の多い人が勝ち。なお誤答はその人以外でのボードとなり、正解すると1点が入る。
で、ここも押し負けか分からないかという具合でほとんど押せなかった。
途中で「今年サッカーのワールドカップが開催される国はロシアですが/」「フランス」と「戦時中は辛味入汁かけ飯/」「カレーライス」の2○(7セットで)で終わり。ボードも「振替休日が初めて適用された祝日は?」「天皇誕生日」の1点のみ。ほぼ全セットトップを取ったham帽さんが優勝。

という具合でここで飛行機の時間があったためお暇。ありがとうございました。

空港へは18時頃に着いて、ひとまず夕食をと思ったがどこもかしこも混み過ぎで何とか食べた感じ。
その後、自分へのお土産として崎陽軒のシウマイを買い、搭乗。

19:00 羽田発。

当然寝る。

20:35 新千歳着。

あとはそのまま電車で最寄りまで行き、自転車で帰宅したのでした。お疲れさまでした。  

Posted by t_m_operao at 12:00Comments(0) クイズ | その他のサークル

2018年04月21日

「第3回KnockOut ~競技クイズ日本一決定戦〜」予選

金曜日に東京入りし、翌日川崎で一蘭の後目黒へ。

今回もKnockOutの予選があったので行ってきました。
とはいえ前回予選時に比べてさらに力が落ちている状況であり、加えて早押し+ペーパーと予選の形が変わったので、さすがに苦しいだろうなあと思いつつの参加でした。一応対策として、マジアカの問題を吹き込んだものを新たに2700問分作って1週間聞いていました。

受付には知っている人がいなかった(
で、そこで「57」という番号を渡される。これが組分けに使われそう。

13時を過ぎて予選開始。前回チャンピオンのjsoくんが現れたが、正面を向かないで受け答えをしていて笑いを取っていた(
さて、今回のルールは、早押しは全体を10組に分けての25問限定、正解は予選ポイント10点、誤答は2回で回答権剥奪(得点は残る)、ダブルチャンスありのルール。これにペーパー(1問正解1点)を加えた上位12人が決定戦のボードに進出となる。恐らく早押しで3○ないしは4○くらいはいるだろうという見立て。

そして組分けはやはり受付で渡された番号によるとのこと。
1組目の呼び出しを聞いていると、いきなり「57番・・・」と呼ばれ、傾向なども分からぬまま参加することに。さらに立て続けに偽季さん(前回大会以来なのでは)、せぼやんくんが呼ばれ、厳しい戦いとなりそう。「3人で談合して5○ずつってことで」なんて冗談で話してたが、現実はそうもいかないだろうし・・・
何気に隣がすあま御殿さんだったりということもあった。
1問目、躊躇していたら「フェリペ6世」を偽季さんに取られる。2問目「オムニチャネル」をスルーした後、3問目、読み切られたが「風によるスキージャンプの点の上下」みたいなので、思い切って押して「ウインドファクター」を正解して初日。
さらに1問スルーを挟み、ダブルチャンスで「強訴」を正解して2○と結構幸先のいい感じに。
その後、「世界で初めて宇宙遊泳をしたのはアレクセイ・レオーノフですが/」でせぼやんくんに押し負ける。当然「マッカンドレス」が正解だと思っていたがそう回答したせぼやんくん誤答。マジで(汗
となると女性か・・・?ただ思い出せなかったので関連でこれしか言えないな、と「ホワイト(アメリカ初)」と答えたら運よく正解でリード。
しかし、その直後、「ハチミツをかけて食べることも多い、複数のチーズを使ったピザ」的なので点けたが、最初に思いついた「クアトロポルテ」が車の名前で「クアトロ」の後が出せず1×、この「クアトロフォルマッジ」はせぼやんくんが正解する。
前半でやらかしたので後半も厳しそうだったが、今回対策で押さえていた「キラーエイプ仮説」を正解して4○とリード。ただ、後は待ちすぎて「ジャラリー歴」「アル・オーター」を立て続けに押し負けるなどし、偽季さんに逆転されて終了。正直2着押しになってやばい、となった問題もあったし(正解されたので助かった)、十分な結果だが、贅沢を言えばもう1○欲しかったかな・・・

以降9組は、有力プレイヤーの得点を記録しながら観戦。
どの組も2〜4人程度本選出場経験やペーパー通過経験者がいる感じだったが、組ごとに出題される問題の難易度に幅があり、ブーストがかかったり、逆に本来ならもっと取れるはずなのに誤答で沈んでしまう人などがいた。
ここまで、全参加者のうち、4○以上がちょうど12人で、自分もボーダー上。ペーパーでやらかしたら3○の人にアッサリとひっくり返されるという点では全く油断できないところである。

ペーパーは例によって150問の三択を25分で。毎回だが時間的には余裕を持って回答ができる。
今回は前回よりは序盤は簡単という印象だったが、後半はやはり難問が続く。
そこそこ今回対策した部分は当たったものの、恐らく序盤の簡単な問題をコロッと落としてたり、終盤のライ択問を普通に落としたりしてしまった。手応え的には100点前後。

その後1時間は休憩。大学の先輩であるKammyさんが参加していたので挨拶を。今は出向的なことでこっちに来ていたので参加したとのことでした。もうあまりやっていないはずなのに1○もちゃんとされていました。

そして結果発表。まずペーパー上位10人から。ここで呼ばれれば安心だったが、トップのqm21さんに始まり、96点が10位ボーダーだったが呼ばれず。こうなると不安が先走る。
改めてボードに進める12人の発表。8位までは呼ばれないのは当然、そこからの・・・と思ったら、8位が同じ4○のslasher1999さんが5○のdavideさんを逆転していた。これありえるよな・・・
で、10位がJOSUIさんで、11位に自分の名前が表示される。良かったー・・・(通過したことに気を取られて点を聞いてなかったが、後から聞いたら40+95の135点だったそうな)
最後に橙武者さんが呼ばれ、結果としては4○以上取っていないと通過できないという感じになった(ただ早押しで30点取っていればペーパーで逆転もありえたことはありえた)

で、ボードは前回と同じく7問先取の7人抜け。
相手は、OMRさん、M上くん、qm21さん、偽季さん、しんほむらくん、マッスーさん、ウィストくん、slasher1999さん、davideさん、JOSUIさん、橙武者さん。
率直な感想からすると前回よりはメンバーは厳しくないように見えるので、うまくはまればいけるのではないか、と思いつつスタート。
したのだが、序盤から全く分からない問題ばかりだが自分以外に正解はポツポツ出る、という感じで完全に置いていかれてしまった。
初日は20問近く経過した後の「大島蓼太」。この時点でトップは既に5点であり、起死回生数問ないと無理、と正直かなりつらい思いをしていた。
数問後に「プロセラルム盆地(これは第1回本選の時に対策として覚えた)」で2○目。しかしここら辺で既にslasher1999さんが1抜けである。
その後、さらに沈黙が続くが突然難度が落ちた「一帯一路」で3○目、さらに「バラウド(ニッパーの飼い主)」を橙武者さんと少数正解して4○、と少しずつだが正解を出せるように。
そして偽季さん、qm21さん、橙武者さん、しんほむらくんが抜け、残る枠は2つ。ボーダーはM上くん、ウィストくんの5○、という状況。
ここで優勝したときの勝抜杯で出た「アーバンルネッサンス(URは何の略)」が出て、これをウィストくんが誤答したため5○と追いつく。
ここまで来ると難度もかなり下がっており、次の問題が「ボクシングデーは何月何日?」、当然「12月26日」と正解、これは確かほとんど正解で、先のURでリーチをかけていたM上くんが抜け、ついに枠はあと1つ、そしてこの問題でリーチがかかったのはOMRさん、ウィストくん、自分。
次の問題、「東京五輪の組市松紋をデザインしたのは誰?」 他の人(谷口亮とか)でなくて良かった、と「ところあさお」と正解、OMRさんが誤答したため、7○に同時到達したウィストくんと自分のサドンデスとなる。
サドンデスも「シボレー(ここで決まってほしかった)」、「コプト教」と2問両者正解で譲らず。
そして迎えた3問目、「増田屋コーポレーションが発売し人気となった、鼻の部分を引っ張ると伸び縮みする、オレンジ色の蛇のようなおもちゃは何でしょう?」
全く知らん・・・ということで適当な答えを書いてあげたのだが、場内がどよめいた。どうやら答えが分かれた、というより恐らく決まった、という感じのどよめき。
ウィストくんが書いた答えは「モーラー」。これが違うことを願ったが問読みの常世さんから発せられた正解はやはり「モーラー」、ここで勝負あり、ウィストくんが最後の枠を勝ち取った。彼に握手しに行き、「頑張って」と伝えた後降壇。
今回、正直な話、5・6問は昔なら取れてた問題があったので、単純に衰えで負けた、という感じでした。どう考えても負けのところから良くサドンデスまで持ち込めたとは思ったけど、2回連続1問足りなくて負け、というのは悔しいのでまた頑張らんとなあ。

終わった後はアラジンさんやロバーツさんをけしかけて( 飲みに行く。
あまり一緒に行ったことがないメンバーでしたが楽しく飲めました。その後インタビューなどを終えた橙武者さん・slasher1999さん、jsoくんも合流してさらに1時間ほどワイワイして終了。ありがとうございました。
そんな感じでホテルへ帰投しバタンキューでした。お疲れさまでした。本選出場者の皆さんは頑張ってください。  

Posted by t_m_operao at 13:00Comments(0) クイズ | クイズ番組

2018年01月27日

ラウンドワン北21条定例大会3に参加

この日、元々1日中仕事の予定で参加できないはずだったんですが、
予想以上に早く仕事が終わったため参加することとしました。
とはいえ、この日北海道マジアカ勢の多くが17時から新年会をやってたため参加者は5人でした。

ルールはオールフリーで、予選は1位抜けで敗者復活戦で上位2位抜け。

予選の相手はたごさくPさんとマーヤさん。
せっかくだしまだ投げよう、とアニ線を投下。
まずたごさくPさんの芸能グループ分け。NORMALだったこともあり全問正解。
次にアニゲ線結び。うろ覚えで二択を2問外すなど3×。やはりまだまだ足りない。
次にマーヤさんの文系順番当て。1問刺さりリードされてしまう。
最後にダミーのノンラン。ここも二択を外すなどして差を詰められず。
という感じで2位。やっぱりマルチはメンテナンスが厳しい・・・

というわけで敗者復活戦。
相手はぼんさいガールさん、3れんたんさん、たごさくPさん。
さすがに負けられないのでアニ択を投下。
まずアニゲ四択。毎度迷って間違う問題を誤答してあまり差はつけられず。
次にぼんさいガールさんの芸能グループ分け。全滅1問以外は何とか正解。
次に3れんたんさんの社会線結び。地理系に寄ったため3れんたんさんにリードされるが何とかついていく。
最後にたごさくPさんのゲーム・おもちゃ。3れんたんさんに単独を許した以外は正解。
結構グダグダだったものの、何とか2位で通過。社線怖い・・・

決勝もフリー1本勝負。
相手はマーヤさん、AENIGMAさん、3れんたんさん。
何を投げるか考え、グラフを見た結果ライ択とした。
まずマーヤさんの文系順番当て。1問目に見事に単不orz その後もマーヤさんに単独を食う。
次にAENIGMAさんのサッカー。アニ順じゃなくて良かった・・・そして全問空気だったため全答。
次に3れんたんさんの芸能キューブ。1問単独を許し、リードされた状態で最後の形式へ。
最後にライスタ四択。ここで単独2問を含む全問正解で一気にここまでのグダぶりを払拭。
という感じで、最後で差し切って優勝することができました。しかし対策しなければならないものがまだまだ・・・新作も頑張らんとなあ。

終了後、たごさくさんが新年会に突貫するというのでそのまま車に同乗。
南郷18丁目の定食や酒場というところでした。後から3れんたんさんも来て、かなりギュウギュウになったので主催のレーナザコトノワくんに苦情を言われる始末(
内容としてはワイワイやれたので良かったと思います。ここはコスパもいいのでまた来たいな。
その後福住まで送ってもらいバスで帰宅しました。お疲れさまでした。  

Posted by t_m_operao at 17:00Comments(0) クイズ | マジアカ

2018年01月08日

篠路(多分)WE最終大会に参加

翌日。全く起きれず8時起床。本当は8時半に川崎だった(
というのも、10月のしんほむら杯の時、昼にすみすさんと飯を食ってたら、
前説だけやってくれ、と言われて賢押杯2018の前説をやることになっていたのです。
9時くらいにようやく辿り着いて、しんほむらくんに色々聞いて、後すみすさんと挨拶という具合。
入り口担当の久栗さんが途中でスペシャルラウンドのために会場に入ったので、その代わりをやってた感じ。
こちらも開始予定時刻10分前に会場入り。

スペシャルラウンドは昨年行われた賢押杯Alt等の優勝者が集まって行われる3〇2×で、勝ち抜けた1人は予選突破確定。
もちろん札幌優勝で現在東京在住のるぅぴんさんも参加。2○までは積んだが負けてしまい残念でした・・・

さて、それが終わって前説の出番である。2〜30秒くらい前奏したら入ってと言われたが入るタイミングが分からず(
あと、誰か自分の紹介で何書いてたかコッソリ教えてください(
で、2ページに渡る長い前説を、数回噛みつつ無事終了。なお、始問式が行われ、ここで正解した「テイエムオペラオー」が今年の初早押し正解になりましたとさ(

で、後は帰る時間まで待機という感じ。一応1限目の教室勝ち抜け者をホワボに書く係をやりました。
前日の賢竜に参加されていた人も何人か抜けており、そこはさすがだなーという感じ。
後は13時半前くらいまでいて、成功と北海道勢の活躍を祈りつつ離脱したのでした。

空港では篠路勢と会社と家のためのお土産を買って、搭乗ロビーに入ったらそば屋があったので遅めの昼食とし、搭乗を待っていたのだが、点検に時間がかかり、少し出発が遅れることに。

15:20 羽田発。

ほぼ満席で、4列の真ん中だったが、右の人が近くの空いた席に移動したので広めに使って寝れた。

16:50 新千歳着。

到着口から出て、待ち合わせていたメさんを探すが、出口を間違えて、せっかく「TMオペラオー様」とネタで作った歓迎シートが無駄になってました(
18時から篠路猫で大会があったので、ギリギリ出れることから出ようかな、と思っていたところ、メさんが車を出してくれるということでありがたく乗っかることにしました。
ということで高速を飛ばしてもらって18時過ぎに篠路猫入り。参加者から発せられる「一流賢者」の声(

さて、時間的にこの大会が今作最後のジャパンツアー大会。北海道でも最後の公認大会ということもあり、参加者は18人と、賢竜から帰っていないメンバーもそこそこいる中かなり多かった。自分以外に賢竜帰りだったのはしちじょうあいりさんだけでした。
ルールは、基本的にはフリー2位抜けだが、1回戦で負けて敗者復活戦に行った場合、その試合だけ高火力ボンバーマンが適用されるというもの。
1回戦の相手はくろねっこくん、ラーメンでエゴサ(イブ)くん、YUKINCOさん。
自分に刺さっても何とかしてくれそうなアニ線を投げてみることに。
まずくろねっこくんのサッカー。1問単独を許したが、こちらも単独正解でそれなりの感じ。
次にラーメンでエゴサくんのライスタ多答。見事に1問目のお菓子問題を単不(
次にYUKINCOさんのライスタ四択。知らなかったとはいえ差し込みで、最後単独するなど全答。
最後にアニゲ線結び。2問単独取ったが簡単なポケモン問を誤答して5○。
結果は1位。てんぷらくんやこひなたくんから「いつの間にアニ線やったんですか」と驚きの声をもらう。それを言ってもらうために投げたんだ(

2回戦の相手はキムタク(てんぷら)くん、しちじょうあいりさん、マーヤさん。
同じく新武器のライ択を投げる。しちじょうあいりさんに刺さることも期待していた(
まずキムタクくんの芸能エフェクト。あれだけ回してたのに全国問を忘れてしまっていた・・・
次にしちじょうあいりさんの理系連想。全問正解、タイム差的には2番手で通過という具合。
次にマーヤさんのアニ文字・・・じゃなくて文系順番当て!?無事3問誤答の大炎上。ま、まずいぞ。
と感じて迎えたライスタ四択。すごいいいセットを引いて、3問くらい単独取って一気に好転。
ライ択だけで逆転して1位。マルチが弱いのは本当厳しいですわ。

準決勝の相手はガガイのガイそつさん、3れんたんさん、はくまい(さくらい)ももかくん。
メンバー的にも芸順が良さそうだったのでそれを。
まずガガイのガイそつさんの理系順番当て。結構刺さってしまった。やっぱり厳しい。
次に3れんたんさんの芸能キューブ。1問単独を許したものの、それ以外は何とか正解。
次にはくまいももかくんのアニゲ連想。分からん方に寄って3問正解しかできず・・・
最後に芸能順番当て。無事2×してしまう。最後単独取ったが作品順は本当に何とかしないといけない。
炎上気味でやばいかと思ったが殴り合いの結果皆炎上してて、何とか2位で決勝進出。

決勝の相手はガガイのガイそつさん、エリナGスミスさん、THEメDERさん。
ここまで武器武器武器で来ていたので、最後も残された武器であるアニ択を投げることに。
まずガガイのガイそつさんの理系順番当て。理化学研究所長順を少数正解など5問正解。
次にアニゲ四択。1問目を毎回やる凡ミスで落とす。その後は刺したり刺さなかったりという感じ。
次にエリナGスミスさんのアニゲエフェクト。「八意永琳」を普通に忘れ、動揺で次の「狛枝凪斗」も狛村左陣と混同して単不・・・
最後にTHEメDERさんの野球。1問目の線で単独を許したが、他は正解で取り戻した感じ。
単不もあったし厳しいと思っていたのですが、なんと2位のエリナGスミスさんと0.09点差という僅差で1位を取っており、QMAWEジャパンツアー最後の優勝者となった。
途中危ないところもあったけど勝てて良かったです。次回作はできないところを何とかしないと・・・
あと優勝賞品のうどんが大変美味しいとのことで食べるのが楽しみです(

終了後、ライ択の店対に参加させてもらい、しばらくして疲れからか帰宅することに。
途中、メさん、3れんたんさんと山岡家で晩飯とし、そのまま送ってもらって帰宅、バタンキューでした。
これにて今回の遠征は終了。お会いした皆さん、ありがとうございました。  

Posted by t_m_operao at 08:00Comments(0) クイズ | マジアカ

2018年01月07日

「賢竜杯Xii 本選」

朝8時起床。シャワーを浴び、新武器のメンテナンスをしてから10時頃ホテルを出る。
会場までは歩いて5分。ちょうどとよんさんと合流し、受付しようと思ったら、前日受付済だったらいいとのことだった(パンフには受付に来て、って書いてたのに・・・)
北海道勢に挨拶をして、自分は一旦川崎の一蘭で遅い朝食を。相変わらず美味しく、気合を入れました。
11時頃に戻ると、にむばすすいまーくんがリザーブ枠で本選進出を決めたらしい。おめでとう。
また、当日予選組のしんほむらくんと遭遇。負けたらしい。こっちで覇権を争ってみたいものである。なお610くんも昨日の手違いがあったので当日予選に参加したが決定戦で敗退だった。

11時30分くらいから本選スタート。
北海道勢は、前日抜けのカールトンFくん、さくらシンさん、当日抜けのにむばすすいまーくんに加え、とよんさん、しちじょうあいりさん、ますたるくん、ケロマツさん、AENIGMAさん。
今回、大まかなルールは、ほぼ上位2位抜けで、4回戦までは高火力ボンバーマンというところ。
従来ならアニ択芸順プラスアルファ、というところだったんですが、いつまでもこのイメージだと対策もされやすくなるため、新たな武器2つを用意して臨みました。

1回戦の相手はなんじょるのさん、おしまケンたさん、よこさん。
まさかの2年連続1回戦でなんじょるのさんとの対戦である。恐らく芸グル1本勝負だろう。
おしまケンたさんは要するにプリズまさんなんだが、今回のルールで1回戦から武器のアニ多芸連を飛ばしては来ないだろう。もちろん芸順も(
そして昨日の前日予選を抜けて来たのがよこさん。抽選の時に俺の決定ボタン押したりするから(
しかし、よこさんも芸グル使い。合わせ打ちされると危うかったが、投げないと言っていたので、なんじょるのさんも危険を冒してこなさそう、と淡い期待が出てきた。
投げるものは前日最後にチラッと書いたスポ並。今作回しているし、強いときは強い(あのべんじーさんに3×つけたことがある)というのと、スポーツが得意そうなメンツじゃなかったということもあったので。
まずなんじょるのさんがスポーツタイピング。正直助かった。あまり難しくなく全問正解。
次にスポーツ並べ替え。過去2回SGで投げた時はヌルすぎだったが、今回は何と2問単独取っての全問正解で大きくリードを取る。
次におしまケンたさんのライスタタイピング。分からない方に行くとまずかったが何とか1×でしのぐ。
最後によこさんのアニメ・特撮。安全圏だったのもあり、じっくりと全問正解。
と、自選でいい引きだったこともあり、23答で1位という幸先のいいスタートを切った。
北海道勢も割といい感じで抜けていったが、カールトンFくんとさくらシンさんがここで敗退してしまった。

2回戦の相手はひつじほえるさん、ハッティーさん、しいなケイトさん。
正直3人とも初対戦で、何を投げてくるか全く分からない状況。
さて、ここで新武器のライ択を投入することに。北海道勢にも「今日はアニ択も芸順も投げません」と公言した。何とかうまくいってほしい。
まずひつじほえるさんの芸能多答。見事に単不してしまい、暗雲立ち込める立ち上がりに。
次にライスタ四択。ここが引きも良く、全体に2×以上をつける大火力を発揮してくれた。
次にハッティーさんのスポーツ○×。結構刺さる形式だが、今回は何とか全問正解でしのげた。
最後にしいなケイトさんのスポーツ多答。ここも単独誤答があり、結構まずいのではないか・・・
と思ったが、ライ択のリードを守り切る形で2位通過。これで前回と同じところまで進めた(前回は前日予選が1回戦、本選1回戦が2回戦という扱いだった)
北海道勢が続々討ち死にしてしまい、残ったのがとよんさんとにむばすすいまーくんだけになってしまった・・・

3回戦の相手はハッティーさん、セレネさん、すだちくんさん。
連続のハッティーさん、オフクイズとかPSSで元々親交のあるセレネさん、同じアニ択使いとして気になってたすだちくんさんという対戦。
ログさんの話だと社会が武器の2人が牽制し合うから厳しくはならないんじゃないか、とのこと。
そしてここで当初から投げる予定の新武器その2を投入。
その名はアニ線。1か月くらい頑張って覚えこんでましたが、正直時間がかかり、完成度は4割程度。それでもインパクトを残そうと祈る思いで投げました。
まずハッティーさんの芸能タイピング。最近は大体刺さる感じなので今日もそんな感じ。
次にセレネさんのスポーツタイピング。スライス→フックのベタがエアポケットに入り単不、もうこれは終わったかな・・・
と思った次のすだちくんさんが文系文字パネル。全答、しかもクイズ知識で解けるものが出て少数正解などで何とか踏みとどまる。
最後にアニゲ線結び。1問目に誤答したときはやらかしたと思ったが、その後5問正解、しかも2問単独を取ると十二分過ぎる仕事をしてくれた。
アニ線で捲って1位通過。今回目標としていた4回戦までコマを進めることができた。
しかし、ラスボスクラスばかりの組を引いてしまったとよんさんとにむばすすいまーくんが負け、今年も北海道最後の砦となることに・・・

4回戦、従来のルールに加え、同組4人のうち、ここまで3戦の順位合計が最も少ない人(同じ場合は総得点がより高い人)に、1ジャンルの封鎖権が与えられる。
ここまで1・2・1の合計4とよっぽどのことがない限り封鎖権が来ると思っていたのだが、蓋を開けてみたら相手はこたつさん、キムタク(あいどんわなだいとかウエストとか)くん、パーシヴァルさんで、ラスボスクラスのパーシヴァルさんが同じく合計4で総得点で負けていた・・・
出題を見せ合うと、芸能が残っていることが気になるパーシヴァルさん、Qacersで確認すると自分が芸エフェを投げていることが気にかかってる模様。表では「いやー、最近投げてないですよ」とシラを切ったが、今回4回戦で投げるなら芸エフェと決めて回していたのであった(
結局演技も空しく芸能を封鎖されてしまった。とはいえパーシヴァルさんが芸スロ予定だった、ということを考えると右辺のキーパネに偏ったのでまだマシかもしれないかなー。
で、残るジャンルから投げるものを考えると文エフェしかなかろうという結論に。最近メンテしてないので凡ミスあると嫌だったけど・・・
まずこたつさんの文系エフェクト。おお、差し込まれたぞ。きっちり全答して差をつけるいい展開。
次にキムタクくんの理系キューブ。まずいと思ったが、「ソマトスタチン」が刺さるという展開で全員誤答以外正解の5○。
次にパーシヴァルさんの社会スロット。東北杯の嫌なイメージがよぎったが、何とか全答。
最後に自選の文系エフェクト。優位に立っていたのはわかっていたので安全運転で全答。
と、出題に恵まれた感はあったものの、1位で通過。望外のベスト16進出となった。

準々決勝はまず4回戦までの合計順位等で16人を順位付けし、4組に分ける。
その後、8位の人から順に、自分と誰か、または誰かと誰かを入れ替えることができる(しなくてもよい)。
最終的に1位の人が入れ替えを終えた段階で組み分けを決定し、完全フリーで上位2位抜けとなる。
ここまで残ったメンツは以下のとおり。
A組:ほりべやすこさん やまとなでこさん のりちゃんさん カレッツァさん
B組:おうさかひめのさん オタクさん パーシヴァルさん わさムーチョさん
C組:キレキャリオンさん ぼーしぱんさん レイニーデイさん ほへほへさん
D組:自分 れおさん ニラせんせーさん ばにらまどれーぬくん
何と自分は4位という好位置に。しかし周りを見れば格上ばかりで、勝てるイメージが全く湧かない状況。
オタクさんとれおさんが入れ替わった状態で自分の番を迎え、何をすれば自分が勝つ確率が上がるか考えた結果、解けないアニ順を飛ばしてくるばにらまどれーぬくんと、自分が今日投げたことを知らず武器のアニ線を投げてくれることを期待してほへほへさんを入れ替えることにした。
が、3位のキレキャリオンさんに速攻で元に戻されてしまったorz
ばにらまどれーぬくんも「この組み合わせならオタクさんとアニ順合わせ打ちするしかない」と言っていたしこれはもう惨敗しかないな・・・
と思っていたのだが、2位のおうさかひめのさんがニラせんせーさんと入れ替わって入ってくる。
これで一気に状況が変わった。おうさかひめのさんはほぼ2位以内に入ること必至、となると合わせ打ちしてどちらかが負けるような出題はまずないのでアニ順×2はなくなった。まだチャンスはあるかもしれない。
投げるものだが、さすがにここまで上がってきたらアニ択芸順も解禁するとして、ライ択・アニ線と4つをふるいにかけた結果、芸順だろうという結論に。ますたるくんとも話したが、ばにらまどれーぬくんに刺さりやすいのが大きかった。
まずその芸能順番当て。2問苦手の作品順が続き、1問誤答。その後はヌルくほぼ差はつけられず。
次にオタクさんのスポーツ連想。1×したものの、慌てることなくじっくりと解いて5○。
次におうさかひめのさんの理系多答。これも1問誤答したが、mod3の意味をカンで当てるなどして5○。
最後にばにらまどれーぬくんのライスタ連想。ここはカンも当たったりして全答。
タイム差こそあるものの、全て粘りまくったし何とかなってないかと思ったが4位。2位のおうさかひめのさんとはほぼ1問差で、自選さえちゃんと取っていれば、というところではあったが、実力的には妥当かな、という敗退でした。

準決勝を経て、決勝に残ったのはおうさかひめのさん、オタクさん、ぼーしぱんさん、わさムーチョさん。
ぼーしぱんさんが1本目、オタクさんが2本目を取り、3本目は3形式目までオタクさん賢竜かと思われる出来だったが最後に失速しておうさかひめのさんが取り、迎えた4本目。最後わさムーチョさんがノンランを投げ、途中のエフェでおうさかひめのさん勝ったかと思ったが24問目の○×で誤答、これによって大逆転を果たしたぼーしぱんさんが遂に賢竜の座をもぎ取った。おめでとうございます。

そして、準決勝で気づいたのだけど、レオン使用者の中でベスト16まで残ったのが自分1人だったので、毎度この大会で各キャラで最も勝ち上がった人に与えられるレオンオブジイヤーを獲得。
レオン使用者は今作もSG3回決勝に行っているウエストさんがいるため、取るのはほぼ無理だと思っていたので嬉しさもひとしお。
結果は出来すぎでしたが、次回は出題運ではない形でさらに上を目指したいな、と思ったのでした。

終了後は打ち上げの賢竜盃へ。
僭越ながらライバルに挙げさせてもらったBリンダブッチャ(クレアDンズ)さんに今回ライ択アニ線を投げたことを話して驚かれるところからスタート(
その後、今日当たった人と話したり、NATITさんにようやく九州杯の御礼を話したり、TRONさんからとろんみず(という名の日本酒)をもらったりしてたら、KINOさんが何と魔王を持ってきてたので、ご相伴にあずかりました。これは美味しいお酒でしたわー。
そんな感じで気づけば3時間経って終了。今回はレオンオブジイヤーおめでとう、ベスト16すごいとすごく言ってもらえて、頑張って良かったなと本当に思いました。

終わった後は北海道勢で近くの中華料理屋っぽいところに入って二次会を。ここも2時間くらい喋っていました。2年連続で北海道勢で二次会できたのも、ジャパンツアーで皆が遠征してくれたから、なので、次回作もあるのであれば、またこういう場に立ちたいですね。

それも終わってホテル(目の前)に、当日予約を入れたさくらシンさんとともに向かい、部屋に戻ってバタンキューでした。
毎回ながら、開催していただいたスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。  

Posted by t_m_operao at 11:00Comments(0) クイズ | マジアカ

2018年01月06日

初日

この3連休は東京で賢竜杯に参加してきました。
3大会連続でシードを獲得することができたので、前日予選に参加する必要はなく、昼から東京入り。

で、いったん昼ご飯を食べに会場近くの京急蒲田を通り越して品川から蒲田駅へ。
近くの暁というラーメン屋で昼飯。煮干しが非常に濃い感じで、北海道だとin EZOに近く、大変美味しくいただきました。

その後、泊まるホテルを一度間違えたりもしたが( 、ホテルに荷物を預け、会場のPIOへ。
受付前にはんちょさんに遭遇した。賢老杯参加だった模様。(自分も番号Aなので参加権はあったはず・・・)
受付を済ませて会場に入るが、北海道勢が見つからなかった・・・PV会場でも見つからず、戻ったところでようやく合流。
本日はカールトンFくん、にむばすすいまーくん、ログさん、さくらシンさんの4人が参加していた。
やっていたのは2番目の地域対抗戦で、カールトンFくんが参加。結果として圧勝率最上位で通過。
(1番目のジャンルスターに610くんが参加したが敗退していた・・・)

3番目は闇鍋トーナメント。5つ組に分かれ、それぞれルールが違うという感じ。
ここはログさんがアニタイ合わせ打ちにより1回戦で終了するという悲運・・・
さくらシンさんも1回戦で負け、にむばすすいまーくんが2回戦まで行ったが負け、という感じ。

最後にやるのが早抜けローリング。
今大会予選のDSPによって勲章が与えられ、さらに今日の3つ目までの形式で勲章を加算。
試合の結果でさらに勲章が加算され、その上位が本選進出を決める、というもの。
にむばすすいまーくんはシードスレスレのDSP+闇鍋2回戦によりトップタイでのスタート。3位なら何とかなりそうだが・・・と思っていたら3位。ログさん3位、さくらシンさん2位と苦しい立ち上がり。
1戦目は12人抜けだったが、ボーダーが80点くらいだったのでにむばすすいまーくん足りず・・・
で、時間の都合上2戦目で終了で、ここで36人が抜ける。
にむばすすいまーくん3位、いけそうだが・・・、ログさんは勝負の芸多が炎上してしまい3位、さくらシンさんが大トリで1位を獲得。
結果としてはさくらシンさんがギリギリボーダーで本選進出、にむばすすいまーくんはわずかに足りずリザーブに回ることに。本当に本選に縁がない・・・

残り?枠があったが、ここで全員の出番が終わったので会場を後にすることに。
晩飯は蒲田だし餃子でしょう、と你好に案内した。相変わらず美味しかったけど、他のメンツに好評だったかどうかは不明。
むしろ、ホテル近いと言ったら「自分が近いからここ選んだんでしょ」とまで言われる始末でした(

で、ホテルに戻って、翌日1回戦で投げる予定のスポ並を2時間ほど見返して就寝したのでした。  

Posted by t_m_operao at 12:00Comments(0) クイズ | マジアカ