2016年11月23日

タカギッチさん・ムラパンさん企画「八福神」

草でした。条件的に揃わないと出られない身になってしまったこともあり、半年以上ぶりの参加。
今日のは8つの形式があらかじめ決まっており、それらに参加するという形。
早押し系4つと非早押し系4つから1つずつ、2つは最終予選・決勝とし、残りの6つを予選とする。
抽選の結果、最終予選と決勝はボードと早ボーというガチな形式になった(

早押し系は3つのうち2つ参加ということで、自分はポーカーと5ジャンル制覇風に参加。

ポーカーは場に4枚のカードがあり、正解すると山からカードを2枚引く。
30問終了時に手持ちのカードと場のカードで役を作って強い人から上位。
最低でもフルハウスくらい狙わないと1位は取れなさそうだなあ、と思ってスタート。
1問目に「ワンダーフェスティバル」を取る幸先のいい滑り出し。
以降「テルアビブ」「皇室アルバム」とサクサク正解を重ねるが、引きがあまり良くない。
周囲も正解しており、1位確定のためにはフォーカードがほしいくらいになってくる。
その後も「ロウリュ」「リトルロック」など正解を重ね、都合9○。
それでもできたのはフルハウスだったが、スリーカードが強かったので何とか1位。

続けて5ジャンル制覇風。
通常の5ジャンルを使用するが、場にもジャンルがあり、正解すると問題ジャンルと場のジャンルを獲得。
5ジャンル獲得で勝ち抜け。
こちらは押し負けが多い展開だが、何とか「フィエスタボウル」で初日。
その後「ぐずついた天気」「モネダ宮殿」などを正解するも、またんごさんが1抜け。
直後に「唐とアッバース朝/」で押し、「トゥール・ポワティエ間」と迷いつつ、「タラス河畔の戦い」を正解して2抜け。

次に択一。四択だが、正解が1つとは限らない。正解した数だけ点になるが、誤答選択肢を選ぶと0点。
1問目が「アンジェイ・ワイダ監督の抵抗三部作は?」で全て正解してスタート。
以降序盤はトップを走るも、中盤くらいから徐々に0点が多くなってきて抜かれていく。
また分かる問題(例えば関ヶ原の東軍とか)が1個しか正解がなかったのも痛かった感じ。
最終問題に1点を取って、何とか4位に食い込んだ。

持ち物検査(こすな氏対策に勝利)を挟んで次に多答。
8問の多答があり、好きなものから答えて良い。2×失格。
問題は「歴代首相の在任日数ベスト10」「アメリカの州面積ベスト10」「Bリーグのチーム名」「国際宇宙ステーション製作に携わった国」「世界水泳開催都市」「オールナイトニッポン女性単独パーソナリティ」「本屋大賞受賞作家」「日本アカデミー賞主演男優賞受賞者」。
ANNは無理にしても他は1つか2つ程度は最低答えられる。また、国際宇宙ステーションについては5月のオープンで聞いており、「北欧」という選択肢を自信を持って答えられるのも大きい。
というわけで、序盤は比較的簡単なものを(宇宙ステーションで日本とか)を答え、隙間を埋める形で答えていく。(面積のモンタナ州、本屋大賞の東川篤哉、Bリーグの琉球ゴールデンキングスなど)
終盤に満を持して「スウェーデン」と正解するが、次に「フィンランド」で誤答。周囲も×がついているため、もう1巡・・・と思って託した「ノルウェー」が正解。次で2×となったがゃゃみさんに次ぐ2位。

予選最後は歌詞棒読みボード。15問で、出題部分はサビ、またすべて曲名が含まれるがそこは「チョメチョメ」と読まれる。
さて、サッパリ分からんのでは、との危惧からスタートだったが、序盤に「HEAVEN'S DRIVE」が出たので何とか正解した。
しかし以降も類推で当てる問題なんかは全部外すし、「羞恥心」の正解にとどまり、+3(少数正解ボーナスあり)。カイトアイスさんと同点で、抽選に敗れて6位。

予選はここまでで、5人通過のところ2位で通過。

最終予選のボードの結果をプラスし、計9人で決勝。
早ボーは至ってシンプルなルールでの15問だが、早押し、ボードともに正解すると判定に使用する「判定点(不正解者数分)」が入る。
相手はゃゃみさん、またんごさん、こすなさん、宇宙さんと、最終予選から勝ち上がってきたMaG.Nくん、L.O.Nさん、asumiさん、yotaさん。
1問目、「小さい頃は姫若子と呼ばれていたが/」 思い出すのに時間がかかって遅くなったものの解答権奪取。「長宗我部元親」を正解してひとまず先制パンチ。
その後MaG.Nくんが単独正解したりするが、「DARC」を早押し正解してリードを保つ。
以降は押せないもののボードで稼ぐ感じに。正直後ろからの突き上げが怖い状況だったが、「ベルカンプ」でまたんごさんが、「武蔵野美術大学」で宇宙さんが誤答したため、事実上asumiさんとの一騎討ちに。
14問目にこすなさんが押すが、「大藪春彦文学賞」は誤答。これをボード少数正解したため、最終問題を前に優勝が確定し、15問目も「カペリン」をじっくり正解して+15。優勝となった。

久々の参加でしたが楽しかったです。お二人ともお疲れ様でした。
何気にこれで例年の年間目標を達成できたという。

終了後はサイゼでひとしきり話して帰宅したのでした。お疲れ様でした。  

Posted by t_m_operao at 13:00Comments(0)TrackBack(0)クイズ | 

2016年11月20日

オープン大会「北海道早押王2016」

というわけで早押王。
新人王参加者有志によって新人王スタッフや観戦者、新人王エントリーに間に合わなかった人15人で行われました。
形式は予選→プレーオフ→決勝。

予選はタイムレース風早押し。
3セット制で、1セット目60問の+1/-1、2セット目60問の+1/-2、3セット目50問の+2/-2、各セット1人が勝抜け、3人が失格。問題は矢継ぎ早に読まれる。
正直マトモに早押し機を持つのは2か月ぶりだし、新人王の問題を見ている限り全然押せる感じがしないしどうかな、というところ。
1セット目。
予想通り押し負けばっかりで全然点かない。中盤にようやく「質草」で初日を出す。
その後は「復学」「ヒューズ」などそれなりに点けるが、taiyoさんが強い。さらに「こいぬ座のα星は/」と暴発して誤答してしまうなどして終了。
結果は+5だが、taiyoさんが+6で勝ち抜けとなった。
2セット目。abcなどでもここが一番得意なので、ここで抜けられれば、というところ。
序盤に「この頃都にはやるもの/」「二条河原の落書」で初日、さらに「ロシアのチュクチ半島にある、ユーラシア大陸/」「デジネフ岬」、「現在は久保田弘二が日本人唯一の会員である/」「マグナム・フォトス」と一気にリードを広げる。しかしそこからタイムレース風なのをすっかり忘れてスルー問題で回答を要求するというおおボケをかまし、サッパリ点かなくなって、MaG.Nくん、TNTくん、またんごさんらに追われる展開となる。
しかしこのセットは慌てて誤答するのが一番まずいので、じっくり押せる問題を待っていたところ、追ってきてた人たちが誤答して楽になる。
終盤の終盤に「ボッティチェリ」「法政大学」「萩原朔太郎」と正解を固めて終了。結果は+14で勝ち抜けとなった。なおTNTくんには一時逆転食うくらいに詰められてたので、誤答に助けられた感じ。

3セット目でまたんごさんが、プレーオフで村民さんが抜け、決勝。

決勝は通常の早押王と同じく10○4×。
問題難度は上がること必至、さてどうなるか。
2問目の「トンブクトゥ」を日和ってまたんごさんに正解されるも、次の「タレス」を押し勝って初日。
「元和堰武」で互角に並ぶが、ここからほぼまたんごさんに押し負けまくり、大幅リードを許してしまう。
仕方がないので攻めるか、と「携帯用の地図などに使われる/」「ミウラ折り」、読み切って「伊藤仁斎」などで対抗。
しかしまたんごさんが「NSX」の正解で7○まで到達。うーん厳しい。
それでも頑張るしかない、と「主砲」、「日本語では伸開線という/」「インボリュート曲線」、「〜主都をカイエンヌにおく/」「フランス領・・・ギアナ」で同点に。さらに「日本の古典ではきりぎりすと呼ばれていた/」「こおろぎ」でついに逆転。
次が新人王とかぶった「アーカイブ」でまたんごさんに押し負け、同点となる。先にリーチを・・・
と思った次の問題、「〜細胞の末端に位置し/」「テロメア」を正解し、リーチをかける。
このまま攻め切りたいところだったが、スルーを挟んで「1ワールドトレードセンター」を「フィラデルフィア76ers」と(年号だけで押しちゃった)、さらに「英語ではアイソレーション/」と全然知らない押しをして一気にトビリーとなる。まずい。
「太子党」がスルーとなった次の問題。何やら画家を問うている。代表作を読ませるしかない。
「〜、代表作にラス・メニーナス/」 点いた。・・・あれ、出てこないな。あれで良かったっけ?と確信のないまま「ベラスケス」と答える。
鳴ったのは正解音。

ということで優勝できました。何だかんだ言って、自作の音声データが生きた感じになったので、押せなくとも爪を研いでいたのが功を奏した感じでした。
インタビューでも述べましたが、スタッフの皆さん、開催していただいてありがとうございました。  

Posted by t_m_operao at 16:30Comments(0)TrackBack(0)クイズ | オープン

オープン大会「北海道新人王2016」

というわけで、昨年に引き続き、北海道新人王にスタッフとして参加してきました。
朝9時に北区民という結構朝がつらい状況ながらも何とか間に合わせる。
その後は設営など。(主催格のtaiyoさんは優勝パレードの警備にいたそうですw)

10時に開場して受付をひとしきり。10分前くらいには参加者が全員来た。優秀である(
参加者は26人。
まずは雉鳩の前説からスタートし、予選の50問ペーパークイズを。
何分人数が少ないため、組み分けや判定等にしようするためです。

昼休みにひとしきり採点を。
前もって解いてみたら、時事的な部分がサッパリで42とかだったんですが、トップのI井くんは45点。正直無理w
あと微妙な発音で観戦のasumiさんに協力を仰いだりなど(

予選結果発表後は2部屋に分けて進行。
自分はA部屋の問読みでした。1セット目は予選順位蛇腹で組み分けしたので部屋ごとの実力差はほとんどない形。

1セット目、序盤から傾向に対応するのに苦戦して誤答が多くなる感じに。1抜けはI井くんだったかな。
2セット目、B部屋から勝ち上がった6人との戦いのため、何気にかなり煮詰まった感じ。こちらは予選2位のHくんが1抜け。
3セット目、2勝組がここで勝てばほぼ準決勝進出確定の状況。1抜けは下から上がってきたTくんが「今年4月にはいではくが/」「JASRAC」辺りで超押しを連発して1抜け。
4セット目、3勝は4人。4勝目を挙げると準決勝有利になるがどうか?というところでI井くん、Hくんは順当に4勝、さらにO家くんが4勝を挙げた。

ここで準決勝へ。4勝3人、3勝6人、2勝6人のうち予選上位3人が進出。他の人は最終予選でプレーオフ残り3枠を争う。
I井くん、Hくん、O家くん、ラオコーンくん、K野くん、T村くん、Tくん、H元くん、N島くん、H賀くん、kainくん、I口くんがここに参加。
結果としては、4勝アドバンテージを持った3人がリードを保つ形で決勝進出。T村くんが最終セットで「国事行為」を「天皇」と言わなければ逆転があったかもしれない・・・

残すはプレーオフと決勝だが、ここで小規模ながら、北海道早押王が新人王参加者がスタッフを務めて行われました。ここは別記事とします。

最終予選はQさま風の階段クイズで4人に絞って、30問限定で点を競う形。
先ほど準決勝で負けた9人と、ガストロくん、O田くん、F本くんが参加。
概ね上位陣が地位を守っている感じとなるが、下位からH賀くんとK野くんが持ち上がってきて最後の4人に残った。
残り4人となったのはラオコーンくん、H賀くん、I口くん、K野くん。
序盤からスルーが続く展開だが、ラオコーンくん、H賀くん、K野くんが三つ巴の争いを行う。
終盤の終盤、K野くんが2問のリードを得て逃げ切り、最後のイスをもぎ取った。

決勝は10○4×。
残ったのはHくん、I井くん、O家くん、K野くん。
序盤にHくんが5連答をして一気に優位に立ち、残り3人が追う展開。
そんな中、I井くんが徐々に追いついていき、ついには9○3×で2人が並ぶ。
そして最後は、「ナン」を正解したHくんが見事に優勝となった。
優勝を争った2人はともに北大1年ということで将来が楽しみですね。
参加した皆さん、どうもありがとうございました。

その後打ち上げへ。
半年ぶりの空気感が分からずどうなることかと思ったのですが、ホッとしました。
また、若い人はこれから(特に大学からクイズを始めた人は)ですから、是非もっと頑張って強くなってほしいなあと思いました。
という感じで時間も来たので帰宅しバタンキューでした。お疲れ様でした。  

Posted by t_m_operao at 11:00Comments(2)TrackBack(0)クイズ | オープン

2016年09月21日

最終日

翌朝、6時に目を覚まし、朝食前に残り2つの風呂へ(朝と晩で男女の風呂が入れ替わるのです
それもゆっくり目に入ってから朝食。美味しかったです。

その後8時過ぎくらいまでゆっくりとしてから駅まで送ってもらう。
「ちょっとバタバタでしたねえ」と言われる。確かに・・・もうちょっとゆっくりした方がいいのかも。
と、ゆふに乗って一路博多へ。この辺はDSをして時間をつぶす。
博多に到着したら、あまり時間がないので昼食に適当に博多ラーメンを食べて、空港へ。
空港でお土産をひとしきり買い、搭乗。

13:25 福岡発。

DSするか寝てるか、という感じ。

16:10 新千歳着。

以降帰ってバタンキューというところでした。
というわけで大分間が空いたものの今回の旅については以上です。
お会いした皆さん、ありがとうございました。  

Posted by t_m_operao at 15:00Comments(0)TrackBack(0)通常 

2016年09月20日

旅行5日目

起床して少しゆっくり目にホテルを出る。

本日は九州でそれまで行ってなかった大分へ行くことにしていました。
(本当は宮崎も行きたかったけど、ホークス戦を見るため断念)

まずは別府に行って色々、と思ったのですが、実はこれが大失敗でした(後述)。

別府に着いて、まずは関アジ・関サバを食べに行こうかなと町へ。
(城下カレイもいいな、と思ったんですが、当日になって前もって予約しないと無理的な話を見てしまったので断念)
ところが祝日の翌日ということもあり、目当ての店が休みじゃないはずなのに休み・・・
ダメだった時のために抑えていた大和田鮨へ。
完全に「地元のお寿司屋さん」というたたずまい。中も店主が1人で握っている(他のことをする店員さんはいました)
関アジ・関サバを含んだ握りのセットを頼む。
まずネタが分厚く切られていてボリューム感たっぷりなのと、新鮮ですごくおいしい。
特にこぼれるほどのイクラ(苦手なのにここのはうまいと感じた)と、柔らかく煮込まれたタコといった、
しっかりと仕事がされているネタも大変美味しかったです。

その後、観光をしようと思ったが、別府は正直車がないと無理っぽい感じでした。
別府タワーという電波塔(何気に内藤多仲設計)に登って周りを見て終わりという感じでした。

そのまま観光列車「ゆふいんの森」に乗って一路湯布院へ。
観光列車だけあって、添乗員さんが写真撮影の誘いや乗車証、グッズなどをしきりに勧めてきました。
ここの途中、重要文化財の倉庫の瓦が完全に崩壊している様を見るなど、まだ復興していないなあ・・・とところも。

駅に着いてから泊まる旅館へ連絡して迎えに来てもらう。
今回選んだ宿は「山灯館」というところ。毎度ながら、部屋食ができるというところで選んでいます。
部屋が外に面している感じの部屋でいい雰囲気でした。
珍しく宿の人から散策を勧められたので、外に出てみることに。
変わったスイーツや調味料のお店など、面白い店が多かったんですが、時間の影響で閉まっているお店が多かったのが残念。
戻ってから風呂に入り、食事へ。
月見を模した前菜から始まり、刺身はメニューではカンパチだったけど関アジだし、珍しく鯛がすごい美味しく感じたり、
メインの豊後牛も美味しかったし、締めに稲庭うどんというのも良かった。

その後、しばらく休んでもう1つの風呂に入り、ちょっと疲れもあったし、とマッサージを軽く頼んで、気づけば23時前。
疲れを取りに来ているわけだし、もう寝よう、とそのまま床へ入ったのでした。  

Posted by t_m_operao at 10:00Comments(0)TrackBack(0)通常 

2016年09月19日

旅行4日目

熊本大学オープン翌日。
朝目が覚めた自分は、ゆっくりとチェックアウトをして熊本駅へ。
そのまま駅でお土産を買うなどしてから新幹線にて博多へ戻る。

今日は前回同様、ファンである福岡ソフトバンクホークスの試合を見に行くという話でした。
正直この時点で優勝が決まっているはずだ、と旅程を決めた時点では思っていたのですが・・・

ホテルへ荷物を預け、まずは昼食へ。(この近くの肉屋が昼夜問わずめちゃくちゃ並んでいたのも気になった)
博多駅南東側にある「一双」というラーメン屋へ。
人気の店らしく少し並びました。
他の博多ラーメンも美味しいのですが、ここのはそこらよりも非常にクリーミーなスープで、
大変美味しくいただきました。普通に替え玉もしてしまいました(

そして食べ終わったらそのままバスターミナルへ。
ここも人がたくさんだったものの、そこまで待たずにドーム直通バスに乗ることができました。

5年ぶりのヤフオクドーム。とりあえずチケットを受け取り、入り口前の物販へ。
メガホンはもう時代遅れ的な状況に5年前の時点でなっていたので、小さいメガホンを探しに。
本多雄一モデルがあったので、それを購入。いやー、最近レギュラー危ういしあって良かった。

で、ドーム内へ。フィールドに近い席。ハードシードルを買って飲みつつ、試合開始を待つ。
色々セレモニーなどを経て14時試合開始。
ただ、本日のオリックスの先発がホークスにやたらめったら強い西だったので、期待はしないで、という感じ。

1回表、先頭の糸井に2球でデッドボールを出す先発の中田。大丈夫か?と思ったら案の定独り相撲でスリーランを中島に打たれる体たらく。周囲からも「バカヤロー」と言われてました(
以降やはり西の前に凡打の山を築いていくホークス打線。
それでも5回と7回に1点ずつ江川が返し、8回。佐藤達が大乱調で、この回途中からクローザーの平野に。うわー、5年前と同じ展開だ・・・
9回裏。2アウトからヒット2本で1・2塁のチャンスで3番中村晃。ここでセンター返しのヒット!タイムリーで同点。これは熱い展開だ!
さらに2塁は代走城所に代わり、これでワンヒットでサヨナラだ!と思ったら、内川が初球にショボいサードゴロでイケイケムードを一瞬にしてつぶす。
以降チャンスは作るもののサヨナラできず、12回表。2イニング目の岩嵜が1アウト満塁のピンチを迎え、バッターはT-岡田。粘られたものの三振で何とかしのぐ。
そして裏。松田が四球で出塁するも、直後の長谷川がダブルプレーで引き分け、という感じでした。
エラーが1つも出ない非常にいい試合だったんですが、打線、特に主軸がひどい有様で、これじゃ今シーズンはもうダメだなーという感想しか出ませんでした(そしてそのまま日ハムに逆転優勝を喰らいました、と
ひいきの本多選手も今日に限っては全く冴えず・・・

さて、この熱戦により試合終了は19時を回っており、外は激しい雨の中、ホテルにチェックインできたのは20時前というところ。
夕食は、モツと並ぶ博多2大鍋(のはず)である水炊きを食べに行こうということで、店に電話して再出発。
お店は「博多華味鳥」。東京にもチェーン店があるらしいのですが、1人で入れるというところからここを選択。
あとは水炊きのセットを頼んだのですが、これが想像以上に美味しい。鶏の味がしっかりと出ていて、ぶつ切り、つくね、ハツなどなど、肉はすべからく美味しいし、最後の卵雑炊もちょうど良い味で、スルッと食べてしまいました。お酒も進むこと進むこと(

食べ終わってホテルへ戻り、風呂に入ってバタンキューという感じでした。  

Posted by t_m_operao at 14:00Comments(0)TrackBack(0)通常 

2016年09月18日

オープン大会「第1回熊本大学オープン」

翌日。朝起きて博多駅でかしわめしを買って新幹線へ。
本日は熊本でのオープン大会があるのでそれに参加するための移動でした。

熊本駅前のホテルに荷物を預け、路面電車の電停へ。
OSDくんとたまたま会ってそのまま一緒に花畑町電停に到着。
この日はお祭をやっていて、行列を見ることもできました。

会場へ着くと既に受付の列があった。
開始時間前には司会のT田くん(Dragon Questionの主催者)によるマシンガントークがw
(大会中はずっとそんな感じでした。すごいなあ)

さて1Rはペーパー50問。上位10人が本戦へシードとなる。
昨日のペーパーの傾向っぽかったらどうしよう・・・などと思っていたが、
1問目から難度抑え目の問題が続いて一安心。
途中ポツポツとわからなかったり自信がない問題、終盤の手が出ない難しい問題などもあったが終了。
手ごたえ的には40前後というところか。

昼はさんぺーくん、バーソさん、dobbyさん、さんきちさんと。
最初桂花に行こう、と話してましたが、5年前に行ったバスセンターがなくなってて、
商店街を回っているうちにいつの間にか馬肉食おう的な話になってた(
そこでローストビーフ丼を。美味しかったですわ。それなりに値も張りましたが(

会場に戻ると、T田くんが「遠いところから来た人」的な質問をしたので、「北海道です」というと「優勝」と言われた(
また、ペーパーの答えが出ていたので採点すると42点。周囲からはトップじゃないか、と言われるが、しんほむらいるし・・・と思っていたら、実際にペーパートップが発表されたら43点で自分だった。(1点自己採点より多いのは、1個余計なことを書いたと思って×扱いにしていたのがあったため)
オープンでのペーパートップは、学生時代のabc以来、10年ぶり。久々にいい結果が出たのだからこの後も頑張りたい。
なお、10位は自己採点を3点低く見積もっていた35点のさんぺーくんでした(ただ本人的にはどう高く見積もっても34らしいのだが)

予選2Rはサイコロで勝ち抜けと失格の必要問題数が決まる早押し。なお各組予選最上位は1○のアドバンテージがある(つまり1○勝ち抜けとなれば即抜け)
11位はバーソさんで、サイコロによって1○抜けとなったので即抜け(3人くらいこれで抜けてた)
1○だと電撃戦、2○だと普通、というような感じでした。
また、ペーパーの時に書いていたラッキーナンバーで2人抜け。

本戦1回戦はコース別。全てテレビ番組を模している。
自分は知の甲子園時代の高校生クイズ風のボードに参加。15問で、正解数上位7人が勝ち抜け。
相手はしんほむらくん、610くん、K村くん、ノダシューさん、dobbyさん、M上さん、Mr.Kikooくん、Hくん、ドクロさん、Tくん、マッドピエロくん。
さて、決勝のようなガチボードを想像していたら、予選のビジュアルボード。あ、やばい、そっち傾向合わない奴・・・
開始前の例題で、昨日のビジュアルで出た「ストランドビーストの作者」を問う問題が。わからんので「ブルジョア」と適当に難しい彫刻家を答える。「何だそれ」と言われる(
と思っていたら、1問目に早速「ニウエ」を出せず暗雲立ち込める滑り出し。
で、序盤から「笠戸丸」を少数誤答。下でさんぺーくんがガチツッコミをしていた(
中盤、ようやく「ファインマンポイント」で初日。その後「ハイアライ」で2○目をするが、「ストークス・ナビエ方程式」を落として結局ボーダー下。
その後、「大きな蜘蛛の彫刻で知られる彫刻家は誰?」という問題が。
・・・正直笑いをこらえるのに必死でしたね。というわけで、まさか例題で書いた「ブルジョア」が出題されるとは・・・w
これで3○としたが、ボーダーは4○で敗退。ヘボくてすいませんでした・・・

と言っても、他の2コースに行ってても絶対事故ってるし、しょうがないですね・・・

その後も大会は続いていき、決勝には橙武者さん、しんほむらくん、バーソさん、610くんが残る。
序盤はしんほむらくんがリードするが、610くんが理系で稼ぎまくって優勝となった。

こちらも大変勉強になりました。スタッフの皆さんお疲れ様でした。

終了後は飲み会。久々に熊本グルメを堪能しました。
その他いろいろな人と話す。必要以上にいじってきたkaku氏には厳罰を(何

そんな感じで終わり、駅前ホテル勢4名でタクシーに乗り、チェックイン後そのままバタンキューでした。お疲れ様でした。  

Posted by t_m_operao at 10:30Comments(0)TrackBack(0)クイズ | オープン

2016年09月17日

オープン大会「九州大学オープン2016」

翌朝。ホテルを出て、博多駅の地下でうどん(やわい!)を食べてから会場へ。

というわけで久々のクイズは九州大学で行われる大会でした。
会場に入ってしばらくすると、張り出されている紙が2Rの組み合わせになっていることに気付く。
相手は橙武者さんとかである。なお、610くんがエントリーなしで入ってきて汗。

1Rはペーパー50問。素点の倍が予選点となる。
ということは難易度それなりにありそう、と思ってスタートしたが、難しすぎる・・・
自信のある問題は2・3問しかなく、正直真っ青だった。

昼休みは近くに特に店もないし、とセブンでブラックモンブランエクレアを買う感じ。

ペーパーの回答が張り出されていたので自己採点すると、カンも割と当たり13点。

2Rは3○2休。
最終組に登場。相手はそれなり、問題もかなり歯ごたえがあるので、さてどうなることか。
と思ったら、3問目くらいに「サコッシュ」で1○を挙げる。
その後橙武者さんが先にリーチをかけるが、こちらも「マリオとワリオ、マリオペイントに使われるデバイス/」「マウス」でリーチ。
さらに次の問題、「ジャン・アヌイの」 あれか?と押して、タイトル覚えてなかったから違うかな、と思いつつ「劇団四季」と答えると正解で1抜けとなった。

3Rはコース別。全体を見回して、結果最初のパールハーバークイズへ。
ルールは7○3×だが、「パールハーバー問題(ハ行・バ行・パ行が全部答えに含まれる問題)」を正解すると3○。
ただしパールハーバー問題以外で解答権を持つときにハ行・バ行・パ行を発すると2×となる。
どんな問題が出るか分からない(例えばパールハーバーに見せかけた引っかけあるかも)序盤は様子見。
問題はいたって普通の難易度。1回「英語で答えたらパールハーバーでした」というのがあったが、それ以外は普通。
ここで出た問題。「親戚にはヘボンがいる」 あー、これは答えたらダメな奴・・・と思って答えを巡らせていたところ、あ、全部含んでるじゃん、と押して「キャサリン・ヘップバーン」で3○。
さらに「〜リュイス・タルク」と来たので、これも頭の中で1回答えを回してから「フクバラハップ」で3○、リーチとなる。
後は引っ掛からないように・・・と数問後、「本名を小林正子という」で大体当たりをつけて押し、「松井須磨子」で1抜け。場内を沸かせる完全勝利といった感じだった。
なおベタバカさんが「はい、〜」と答えて2×になったり、その後はかなり過酷なクイズとなっていた・・・

なおさんぺーくん、例によってビジュアルで都道府県を当てるクイズをやっていたが、最終問題までトップを維持し、最終問題で一気に逆転されるといういつものクオリティを発揮しておりました・・・

予選はここまで。12人突破のところ2位で突破。

敗者復活で2人が復活して準々決勝。ビジュアルボード15問。正解数の多い上位8人が通過。
相手はノダシューさん、しんほむらくん、バーソさん、OUGUIさん、610くん、ヲさん、自主規制神さん、さんきちさん、橙武者さん、サルタヒコさん、K村くん、さかきさん、K野くん、華僑さん、T橋くん。
1問目からいきなり全員不正解のスタート。
2問目、「この人物は誰?」で、「長岡外史(ヒゲ)」を正解してまずは一安心。
しかしその後は「モース硬度計」を難しく考えすぎて「和田標本」とするなど苦戦。
終盤の終盤に「スプラトゥーン」を正解して2○としたが、最後の問題で「アミン」を「ムガベ」と誤答、これはやばい・・・
結果、予選順位差で何とか引っ掛かって通過。危ない(汗

準決勝は九大お馴染みの西鉄バスクイズ。
バス停ごと3問、終点まで行う(なので路線を知っている人は限定が分かる)。
予選点+準々決勝の順位でボーナス点が入り、それによる上座。正解は上座の席で決められた点が入る(下位ほど高い)
誤答は正解で入る点マイナスとなり、上位4人は3休、下位4人はバス停を飛ばす(問題数が減る)。終点になった時点で上位4人が決勝へ。
2回前の時はルールも把握してないいしで最下位ぶっちぎり。今回は4位からのスタートだが、さてどうなるか。
相手はしんほむらくん、バーソさん、ノダシューさん、自主規制神さん、ヲさん、さんきちさん、K村くん。
さて、案の定問題は難しいし、で全然押せず。途中で「リアクションタイム」を正解して何とか4位・5位近辺をウロウロするが、「ASLAP」を普通にL抜いて回答して誤答、という具合。
それほど差はないため下位のアドバンテージを生かしたいところ。しかしものすごい沈黙となり、ヨレヨレである。
それでも「日米和親条約の予備条約」的なことが聞こえたので「了仙寺」を正解、ここで正解したら一気にトップである。
次の問題で「高地トレーニングなどで増えるのは/」点いた。「ヘモグロビン!」誤答。正解は「赤血球」。うーん形としてはそれが浮かんでたのに・・・
ということで以降は押せずそのまま終了して敗退でした。まあ誤答していたところをちゃんと正解していれば抜けてたのだから情けない。

決勝はしんほむらくん、ノダシューさん、バーソさん、K村くんが残る。
ここまで来ると問題もかなりの難易度だったが、それをものともせずしんほむらくんが優勝となった。強すぎやろ(

2度ぶりの参戦でしたが問題にこだわってて大変楽しかったです。お疲れ様でした。

終了後は近くの店で打ち上げを。
なぜか偽てらしーさんが卵を食べたがったり、ホークスの応援をするさるたひこさん、自分、さかきさんなど。
という感じで2時間ほどワイワイやり、終わった後は博多まで戻り、締めにカップ麺を買ってホテルで食し寝たのでした。  

Posted by t_m_operao at 11:00Comments(0)TrackBack(0)クイズ | オープン

2016年09月16日

旅行初日

さて、夏休みの旅について書きましょう。

初日は朝起きてからしばし準備して、出発。

10時過ぎには空港に着いて、福岡・大分のガイドブックを購入、
あとはアピナでマジアカを数クレをしてから搭乗口へ。石狩鮨を購入して搭乗。

11:35 新千歳発。

飯と3DSにて時間をつぶす。

14:25 福岡着。

そのまま地下鉄で博多駅へ。ロッカーに荷物を預け、太宰府へ。
16時頃には太宰府へ着いた。
天満宮へ向かい、参拝、おみくじ引きなど一通りのことをまず行う(おみくじの結果の悪いこと・・)
と、気づいたらもう国立博物館や菅公歴史館といった施設は入場時間が過ぎており、ほとんど何もできず・・・
隈研吾設計のスタバ(まさか翌日出題されるとは)を見つつ帰途へ。そういえば太宰府駅の前に一蘭あったわ(

博多駅に戻りホテルへチェックイン。
ここでノーパソを立ち上げてマウスの左ボタンがかなり反応悪くなっていることが判明。

夕食は、自主規制神さんとバーソさんが前日からこちらに入っているということで、ご一緒させていただくことに。
場所は神さんリサーチの焼き鳥のお店家康。前日のケンミンショーでたまたま焼き鳥のことを放送していたこともあり。
お任せで頼んだら、1串目が貝柱であれ、となったのだが、これが想像以上のうまさ。
以降主だった串をいただく。鳥皮もタレが特に美味しく、酒も進む、という感じで大変美味しくいただきました。

それも終わり、マウスの購入のため博多駅南側のヨドバシへ行き、ついでに数クレマジアカをやった後、
ホテルへ戻ってバタンキューでした。  

Posted by t_m_operao at 11:00Comments(0)TrackBack(0)通常 

2016年09月15日

旅に出ます

こんなことしててもいいのかというツッコミが方々から飛んできそうではありますが、
明日から遅い夏休みで九州へ行ってきます。

あくまでも九州にお金を落としに行くのが目的ですが、
九大オープンと熊大オープンもあるのでクイズもやる、というような感じです。

最近色んなことで行き詰まっているので、気分転換になってくれればな、という思いです。
では、お会いする皆さんにおかれましてはよろしくお願いします。  

Posted by t_m_operao at 23:34Comments(0)TrackBack(0)通常 | クイズ