MORE THAN a YARD うぇぶろぐ=アメフト100周年を国立競技場で迎えるために=

関東学生アメリカンフットボール連盟放送委員長兼広報委員の松川が、アメリカンフットボールを盛り上げるために活動していきます。目指すは日本のアメフト100週年(2034年)に国立競技場で試合を開催すること!

続・モメンタム

 永浦を先発させて先制し、守備も堅い安定した立上がりの法政だが、永浦→丸田→永浦のパスプレーがINTされて流れが一変。タックルミスも重なり嫌な感じで後半へ。
 流れを変えたのはQB菅原→WR戸倉の1年ライン。第3ダウンロングをナイスキャッチで攻撃をつなぎ流れを引き戻す。終わってみれば快勝でプレーオフを引き寄せた。
法政41-7明治

モメンタム

 開始早々、フォルススタートを連発した専修。浮ついた流れを変えるのを1年QB中田に求めるのは酷というもの。冨田をワンポイント的に使うも届かなかった専修。
 対する中央の井ケ田も某誌が絶賛するような出来とは程遠かった。TDパスにしても、浮いた球をWR永田がもぎ取った感じ。
 専修3‐6中央。この両チームは次勝てば無条件でプレーオフ進出となる。

11/12追記:中央はこの時点でプレーオフ進出が確定していました。中央勝ちのパターンを想定してなかったもんで、確定だっていうのに気付きませんでした…

東海33-0関東

 関東のパスがイマイチ(4被INT)だったこともあり、守備が堅(くみえた?)い東海が点差以上の圧勝。プレーオフの可能性を残す。 石川、進士だけでなくタレント揃いのチームなんでプレーオフ出て欲しいけどなぁ

twitter
最新コメント
QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ