MORE THAN a YARD うぇぶろぐ=アメフト100周年を国立競技場で迎えるために=

関東学生アメリカンフットボール連盟放送委員長兼広報委員の松川が、アメリカンフットボールを盛り上げるために活動していきます。目指すは日本のアメフト100週年(2034年)に国立競技場で試合を開催すること!

September 2004

結局のところ

040925_1745~01.jpg川崎球場のなかで一番見やすそうなのは野球のベンチ上のよう。ここに小さいイス持って来るのがいいと思う。
 試合は、ファンブルロスト、インターセプトと、やってはならないミスを犯した横国がリードを許し苦しい展開に。早稲田はパワーI体型などからRB新田の中央突破がロングゲインを生んでいた。
早稲田52‐20横国

川崎の客席は

040925_1528~01.jpg 野球のフィールドでいくと両ベンチ前とライト・レフトの守備位置あたりに置かれた3段の仮設スタンド。
 フィールド(とチア)は近いし、人工芝の感触を楽しむにはいいかもしれないが、とにかく低くて見にくい。  フットボール専用、というにはちとお粗末かも。

法政守備…

後半は立て直したのか、一橋攻撃がばてたのか、形にはなったけど…。1Q最初のドライブで10分以上使われてFG許すなど、どうも止められない感じ。小さなタックルミスも多い。
 攻撃がペースを作りきれないところへこの不安定な守備だと、今後も苦労しそう。点差ほどの力の差は感じられない。

法政66‐10一橋

かわさき

040925_1337~01.jpg新生川崎球場、フットボール専用とのことで10ヤードごとに色違いの人工芝がひいてある。ちょっと微妙な感じ。
明治21‐14立教

相変わらず…

専修のスポッター陣はヘッドセットなくてもベンチに届くくらい声がデカい。マル聞こえなのはいかがなものか、とも思うが好感が持てる。ベンチのノリノリな雰囲気も相変わらず。
現在23-0(3Q途中)だが、点数以上の安定感を感じる。
★前の記事に追加、スコア書き忘れ(^_^;)
東海25‐45日大
twitter
最新コメント
QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ