MORE THAN a YARD うぇぶろぐ=アメフト100周年を国立競技場で迎えるために=

関東学生アメリカンフットボール連盟放送委員長兼広報委員の松川が、アメリカンフットボールを盛り上げるために活動していきます。目指すは日本のアメフト100週年(2034年)に国立競技場で試合を開催すること!

April 2007

4/29川崎球場

まずはオフ会という名の観戦ツアーにご参加くださいました皆様、ありがとうございました。拙い場内放送でお耳汚しでなければ幸いです。これに懲りず、また機会がありましたらよろしくお願いします。

続きを読む

なんとかいい天気

e7346ca8.jpg昨日の雷雨もすっかり抜けたいい天気。いい試合を期待したいところ。

ミクシ関連の方へ。写真のピンバッチつけた帽子をかぶったのが私ですのでお気軽にお声かけください。

次節の見所 4/29@川崎

法政(1部A1位)−東大(1部B7位)
法政は日本代表候補戦で負傷退場(?)のQB#4菅原の状態が気にかかる。体が一回り大きくなったように見えていただけにまた怪我でなければよいのだが。2番手QBの小田は初戦は#9だったけど、そのまま行くのかな。社会人相手ではさすがに厳しかったDL陣がどれだけ見せられるかも注目。
東大はQB#8長尾、DL#59田留をはじめ攻守に主力がけっこう残っている。2部→1部へ自動昇格した05シーズンをはさんで4年連続の入替戦は避けたいところだけに学生王者相手とはいえ無様な試合は見せたくないところ。

専修(1部A5位)−関東学院(1部B6位)
オープン戦初戦を勝利で飾った両校。昨年は結果がついてこなかった専修は雪辱を期すシーズンにしたいはず。個人的には過去のチームが持っていた陽性な悪ノリを取り戻して欲しいんですけどねぇ。
関東学院はQB#10柴原が軸になるのだろうか。パスQBというイメージがあるけど、多少プレーコールに差が出るかどうかに注目したいところ。

JAPAN36‐17日大・法政

2e28de0c.jpgJAPANといってもまだ2次候補。ショットガンのスナップが安定しなかったり、細かい反則が多かったりしても多目にみないといけない部分はあるのかも。
開始2シリーズ目、先発QB#14小島→RB#20古谷の53ヤードスクリーンで先制したJAPANだが、次のシリーズで日大攻撃の前にズルズルと後退、逆転を許す。前半終了間際の58秒48ヤードドライブをK#10山口の42ヤードFGにつなげ、リードして折り返すと後半は3TDで面目を保った。
JAPAN攻撃はショットガンからのパス中心。小島、波木と走力のあるQBにあえてパスを投げさせた感じ。ショートヤーデージでギャンブル失敗など、ランプレーのバリエーションがすくなかったのが気にかかる。守備はいくつかロングゲインを許したものの、3Qの日大攻撃をシャットアウトするなど一応合格点か。

法政攻撃は前半はショットガン、後半はI中心。QBキープでロングゲインした#4菅原がその後出場しなかったのが気にかかる。シリアスな怪我をしたようには見えなかったが…

野球のベンチが

8a02c2ab.jpgなくなって、そのぶん広くなった川崎球場。やっと角が欠けることなく試合ができるんだなぁ。
twitter
最新コメント
QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ