MORE THAN a YARD うぇぶろぐ=アメフト100周年を国立競技場で迎えるために=

関東学生アメリカンフットボール連盟放送委員長兼広報委員の松川が、アメリカンフットボールを盛り上げるために活動していきます。目指すは日本のアメフト100週年(2034年)に国立競技場で試合を開催すること!

October 2009

10/31・11/1アミノ=1A下位=

2部との入れ替え戦をにらんだ下位対決。試合の順序も勝負の綾を織りなします。

東海−横国★10/31 11:00〜
 前節、一橋相手に今季初勝利を挙げた東海。QB#10原澤が2INT.を奪われ、一時は一橋にリードを許すも4つのINT.を奪い返しRB#2堀井の2TDで4Qに逆転した。勝てば入替戦を回避できる大一番、攻撃は苦しんでいるだけに守備からチャンスを掴みたい。
 対する横国はここまで全敗。この試合に負けると入替戦に廻ることになる後がない試合となった。QB#4前崎、RB#3窪田、WR#16茶谷と攻撃に駒が揃うも喪失ヤード、失点が1部最悪なのが響いている。東海も決して失点の少ないチームではないので点の取り合いに持ち込み勝利の糸口を見出したいところ。


東大−一橋 11/1 16:30〜
 前節、横国に快勝し開幕戦の日体戦以来の2勝目を上げた東大。別会場にいたためこの試合は見れてないのですが、攻撃が噛み合っての大勝だったもよう。この勢いに乗って残り2試合を連勝すれば01年以来の勝ち越し、他大の結果如何ではブロック3位が見えてくる。逆に上に書いた試合で横国が勝った場合は入替戦の可能性が残るだけに油断なく試合に臨めそう。攻撃のスキルポジションを中心に若手が多いだけに来季に繋がる試合をしたいところ。
 対する一橋もここまで全敗。前日の試合で横国が敗れた場合は入替戦出場が決まっているため、モチベーションがどうなるか不安が残る。一昨年までの戦い方を思わせるRB#9岡本のラン中心の攻撃で東海から一時はリードを奪うなどチームとして噛み合ってきた感もある。横国の勝利が前提ではあるが連勝すれば入替戦を回避できるだけに意地を見せたいところ。

 この2試合で横国、一橋のどちらかが敗れると入替戦出場校は横国、一橋の2校に決まり、最終節の直接対決で7,8位を決定することになる。どちらも勝利した場合は最終節の東海−東大の敗者と横国−一橋の敗者が入替戦に廻ることになる。
 

10/31アミノ=1A上位=

気がつけば1部リーグは終盤戦。甲子園ボウルトーナメントと曜日の並びの影響があいまって2週早く進行しています。入れ替え戦が甲子園ボウルの後になるのは数年に一度あるのですが、余計あわただしさを感じますです。
いや、決して観戦記を全く書いてないことの言い訳では……
リーグ優勝はもちろん、順位をにらんだ星勘定も始まるこの時期、まずは上位から。

法政−日体★13:45〜
 全勝対決となった前節の慶応戦、前半リードされるなど苦しみながらも逆転勝ちし全勝を守った法政。最初のシリーズをあっさりパントに追い込まれてから慶応に長いドライブを許し、次の攻撃が廻ってきたのは1Q残り1分。その攻撃でINT.を許すなど前半は全くかみ合わなかった攻撃が後半開始からQB#4山口のパスを中心に立て続けに得点を挙げて逆転すると、要所を押さえた守備で逃げ切った。
 対する日体は前節、明治に敗れ優勝の可能性がなくなった。トリックプレーから2TDを挙げたもののそれだけではいかんともしがたい。スキルポジションに若い選手が多いだけに、来年以降に繋がる戦いをしたいところ。

明治−慶応★16:30〜
 復活したRB#33喜代吉の3TDランなどで日体に快勝、全勝を守った明治。守ってもDL#99小林・#9高橋のプレッシャーで日体のパスをほぼ完封。全勝をキープして最終戦の法政戦に臨みたいところ。
 前半はリードしたものの法政に敗れ1敗となった慶応。勝負どころでの経験の差が出たようにも見えたが、主将WR#17笹谷が復活しレシーブを記録したのは好材料。9点差以上で勝利すれば明治・法政との三つ巴で優勝の可能性を残すだけに、単なる勝利ではなくなるべく大量点を取っての勝利が望まれる。

10/18川崎・アミノ

 この組み合わせを先にしたのはTV放送があるから。SKY−Aで22日に放送があるそうです。
 川崎は社会人が練習する都合もあり試合開始が前倒れています。日のあるうちに終わるのでありがたいな、とは思うのですが朝がその分早いのはちょっとこまりもの。関西では関学・立命が相次いで関大に敗れ、東北では仙台大が優勝するなど、リーグによっては大詰めを迎えているところもあります。関東もこれからは目の離せない試合が続きます。

明治−日体★13:15〜
 エースRB#33喜代吉(きよし、と入力しても変換されないのはやむをえないのか^^;)が前節の東大戦で復帰、いきなり13回77ヤード2TDを挙げた明治。ここまでの主戦RBだったRB#5高松があまり走れなかったのが気になるが、戦力がより充実してきたのは間違いない。ターゲットにWR#1安田、#18鈴木を得たQB#16田中のパスも脅威。QB/RB/WR/K/Pとさまざまな場面で活躍する#22加藤をどう起用していくかも見もの。守備ではDL#9高橋をLB起用した3-4隊形を見せるなど、後半戦への準備はできているように思われる。
 開幕戦で東大に敗れ、前節の横国大戦でも終盤に追い上げを許し薄氷の勝利を掴んだ日体大。#5大瀧、#9岩越、#8秋山の3QB併用にも苦しさが見える攻撃を主将LB#44北村、副将DL#59武田といった4年を中心とした守備が支えたいところ。


法政−慶応★15:45〜
 1部Aブロックの全勝対決。法政は前節の東海戦で今シーズン初の完封勝利。東海のパスが今ひとつだったとはいえ、選手を順次入れ替えての完封は評価できる。エースQB#4山口を温存した攻撃も#18高島が19試投13回成功161ヤード2TD獲得と十分すぎるほどの結果を残した。
 対する慶応もここまで全勝。高校時代クリスマスボウルを制したメンバーが4年生として中心となるものの、QB#8徳島やRB#30梅田といった交代選手も活躍。試合出場のメンバーは一番多いのではないかと思われる。DL#9芦名を中心とした守備も1試合あたりの喪失ヤードがリーグ最小。前節の一橋戦が中止になったことがどう出るか。


10/17アミノ

前回の展望でインフルエンザとか書いたら専修、一橋が相次いでダウン。余計なことを言うんじゃなかったかな、と反省しております。
 キッズスタジアムも10/10にあったんですけどね…^^
早いもので1部はもう折り返して第5節。2部も中間点の4節まで来ております。このまま乗り切っていきたいと思いつつプレビューを。

駒沢−東京都市
 前節は宇都宮大に快勝した駒沢。2節で東洋に敗れ1部復帰にはこれ以上負けると苦しくなる。少人数体制だがそれは昨年と同様なだけに何とか乗り切りたいところ。
 対する都市大は前節、桜美林大との全勝対決を制し全勝をキープ。駒沢戦を終えれば残り3試合は下位校との対戦なので、ブロック優勝・07年以来の1部昇格がみえてくる。

早稲田大−専修大学
 エースQB#5芳賀が復活、帝京を一蹴した早稲田。RB#30末吉の出場機会も増え、チームとして上り調子。大学選手権に出場するにはもう負けられない戦いが続く。
 前節を棄権という形で落とした専修。星の上では五分だが、タイブレーク勝ちなど苦しんでいたのは事実。インフルエンザの集団感染も合宿中だったとのことで苦しいとは思うが、後に繋がる戦いをしたい。

日本大学−中央大学
 Bブロック唯一の全勝対決。日大はここまで13回407ヤード(1回平均30ヤード超!)のWR#81中村を軸にパスで大量得点を挙げてきた。中央としては#13木下、#23大竹といったDB陣が日大WR陣をフリーにしないことが第一条件となる。そのうえでQB#10平本にいかにプレッシャーをかけられるか。4戦で被サック1という日大OLを中央DL#43山口らが攻略できるかが鍵を握る。
 対する中央の攻撃の中心はランでリーグトップの10TDをあげているQB#8高木(高は旧字の「ハシゴダカ」ですが、iPhoneでは表示されないので…)。パスの成功率は5割そこそこだが、WR#2築田、#9田中などもいるだけにランに絞りきるわけにもいかないのが日大守備としても悩ましいところ。パスはSF#47矢野に任せて主将DL#90小宮らがランをケアするといった思いきりも必要かもしれない。
 キッキングは両チームとも優秀。日大K#43井ノ口は1年ながらPAT成功率100%、中央K#87櫻井は49ヤードのFG成功を記録している。パントは中央P#10石内が8回中6回20ヤード以内に押し込んでいる。中央としては好位置からの勝機を見出したいところ。

久々のオフ

昨日、10/12は久々に試合のない休日でした。
ハッピーマンデーは授業のある大学も多いとの理由から試合を組まないのが関東学生連盟のルールなのですが、こちらにとってもゆっくり休める貴重な日。

とはいえ、関西では大一番がありましたし、Xリーグも絶賛開催中。ファーストステージの招待券はいただいているのですが、これからは行けないしなぁ…今週末に会場でお会いしたらお配りしますので、必要のある方はお申し付けください。

半分くらい寝て過ごしたのですが、ふと思いついたのが“K-Stream”に文字情報を入れ込む方法。twitterを使えばいいんじゃなかろうか、ということ。Mixiには試合結果速報のコミュニティが、2ちゃんねるには実況板ってのがありますが、それに近いことはできるような気がします。
そもそも誰がつぶやくのか、その精度はどれくらい(5ヤードゲイン、が実は6ヤードだったとか)なのかなど課題はありますが、やったら面白いかもなー、と。iPhoneもあるし、ちょっと話をしてみたいと思います。
twitter
最新コメント
QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ