アメフトの世界選手権の話は改めて書くとして、今回は女子サッカーW杯。


 ご存知の通り、なでしこジャパンは優勝という最高の結果で大会を終えました。
 連日のアメフト世界選手権観戦のために起きられないという失態をかました私も、夜の再放送はしっかりと観戦。息をつかせぬアメリカの猛攻をしのぎ、失点しても諦めずに追いつく。1点目の得点直後にボールを拾い上げセンターサークルへ戻る姿、PK戦で祈るように見つめる澤主将の姿には結果を知った上でみている私にとっても胸を打つものがありました。

 しかしこの試合、結果を知らずに生で観ていたらまた違う感想を持ったんだろうな、というのも事実。体格の差に愕然とし、キック力の違いに日本人の限界を感じ、相手FWの絶妙な動きで失点したときにはここでお終いかという諦めを抱いたことでしょう。であればこそ、二度のリードを挽回し、PK戦に持ち込んでの勝利の感動はひときわ大きかったと思います。
 その感動は決勝に至るまでの試合を観ていれば一層大きかったのではないかな、と。予選リーグを2位通過し、地元ドイツを降し、準決勝を快勝しての決勝戦。試合を通しての成長、スタメンの入替…決勝に至るまでの道のりを知っていれば、決勝戦での一つ一つの動きに意味を感じることができたと思います。

 ……何が言いたかったかというと、できるだけ多くの試合を、生で観ることが感動に繋がる、ということ。関東学生アメリカンフットボールリーグの秋の予定も出ております。K-Stream、JNetTVなどもありますが、フィールドに足を運んでいただければ幸いです。