MORE THAN a YARD うぇぶろぐ=アメフト100周年を国立競技場で迎えるために=

関東学生アメリカンフットボール連盟放送委員長兼広報委員の松川が、アメリカンフットボールを盛り上げるために活動していきます。目指すは日本のアメフト100週年(2034年)に国立競技場で試合を開催すること!

November 2016

11/27横浜スタジアム第2試合

優勝が決まるかもしれない一戦となる法政大−慶応大。慶應義塾大のホームカミングデーでもあります。

 ハーフタイムショーもスペシャルですが、場内放送もスペシャルです。当日のお楽しみ、ということでぜひご来場ください

手段求む

 実際に転向する可能性は低いとは思うのですが。


 フロリダ大に進学する短距離走のサニブラウン選手がアメリカンフットボールにスカウトされて転向するかも、という記事。活躍すればNFL入りも…ということが書かれております。
 もともと日本人NFL選手が誕生すればそれだけでアメフトの人気が出る、という単純な考えには否定的なのですが…こういう形で日本人NFL選手が出ることになった場合、アメフト人気につながる可能性は一段と低くなる気がします。『元陸上選手の』というところからアメフトそのものの人気に繋ぐ手段を色々考えて置くことも必要なのかもしれません。

優勝の条件

勤労感謝の日に勤労(というか検品作業)していたわけですが、その間に流れたメールで関東大学リーグの優勝条件をチェックしていました。
前にもちょっと書きましたが、条件は以下の通り。

【慶應義塾大学】
)\大学に勝利すること

【法政大学】
〃椿羌曾梁膤悗烹械暗精弘幣紊脳〕すること
慶應義塾大学に勝利し、かつ、早稲田大学が日本大学に敗北すること
のいずれか

【早稲田大学】
)\大学が慶應義塾大学に29点差以内で勝利すること、かつ、日本大学に勝利

11/27、横浜スタジアムでの試合で決まります。FootballTVでもライブ配信予定でしたが、横浜スタジアムは回線が通っていないので通信環境に不安が…天気も不安ですが、是非会場へお越しください。

研修会

 プロ野球には新人選手が受ける講習会、というのがあるはずなのですが…というのが『違う気が』の部分かも。


 違和感はあるいは、プロへ行く選手だけに向けて、というところなのかもしれません。六大学野球とはいえ、プロ野球へ行かない選手のほうが圧倒的に多いわけで、その選手たちは放置してもいいのかとか、現役の学生は無視していいのか、と言ったところに違和感を感じているのかもしれません。

とは言え、学生向けの講習会というのは役立つテーマがあればやってもいいのかな、とも思います。

要再戦

rtvで関西1部リーグの立命館大−関学大の試合がアップされています。
西日本代表校決定戦で再戦する可能性の高い両校の対戦。いろいろ言われてはおりますが実際のところはどうなのか、じっくり見てみたいと思います。
 地上波でこの試合を放映した読売テレビのサイトでは、プレーだけのコンデンス版も公開されるとのことで、今後どう見せていくのかの参考にしたいと思います。
twitter
最新コメント
QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ