MORE THAN a YARD うぇぶろぐ=アメフト100周年を国立競技場で迎えるために=

関東学生アメリカンフットボール連盟放送委員長兼広報委員の松川が、アメリカンフットボールを盛り上げるために活動していきます。目指すは日本のアメフト100週年(2034年)に国立競技場で試合を開催すること!

April 2018

サッカー大学W杯新設へ

代わりにアメリカンフットボールを……

 大学生のオリンピックとも言われるユニバーシアードからサッカーが消滅し、別の枠組みでの世界大会を行うというニュース。サッカー強化に力を入れている中国の肝いりで『大学W杯(仮称)』なる新方式の大会が行われるとのことで、チャイナマネーがFISUを動かした、ということになるのでしょう。どのような形になるのかはまだ決まっていないのでしょうが、この余波がアメリカンフットボールに来たりしないかな、と思います。

4/29アミノ

らっくんはリストラされたんだろうか……中大の応援席にチュー王子が来てました。

 TOP8で秋の対戦がある両校。ある意味手の内を隠したり、秋への布石を打ったりという試合だったと思う。明大がRB#22加藤のパントリターンとランの2つのTDで逃げ切り。


 神戸大が相手のファンブルで得た攻撃権をFGに繋げ先制した後は両チームとも攻め手を欠く。ターンオーバーで攻撃権を失いながらもP#3小川のパントでフィールドポジションを確保して持ちこたえた横国大は、後半に入り徐々に流れを掴み、残り41秒で同点とする。しかし神戸大はロングパス(横国大の選手にカットされたボールがWRの胸に入る)でゴール前に迫るとラストプレーで32ヤードFGを決めてサヨナラ勝ち、関西1部の貫禄を見せた。


 前2試合のFTV収録を終え、この試合はフィールドで撮影…のはずがカメラの設定ミス_| ̄|◯撮れ高は良くないと思われます。シーズン前に洗い出しが出来てよかった…ということにしておきます

日の下に新しきなし


 飛田給の駅からアミノへ向かう途中にも出来た、ゼビオが仙台に作ったアリーナのおはなし。スポーツをみること、応援することを含めてスポーツに関わる人を増やすことでスポーツ用品の売上を増やすとか、そのための装置として観客目線のアリーナを作る、というのは面白い考え方だと思うのですが、なかでも気になったのはここ。
スポーツ施設の建設・運営は特別視されがちですが、「アリーナ事業だから特殊」という点は特にないと感じています。世の中で様々に行われている他のビジネスと同じではないでしょうか

 他のものと全く同じということはないにせよ、〜〜だから特別、というのを言い訳にしていないかというのは気をつけたいな、と自戒を込めて。

未来

今朝、自動運転機能を搭載した電気自動車が中国で発売された、というニュースが流れた気がしますが。

 その開発に多大な投資をしたというアリババの会長、ジャック・マーのホラ。『ネットワーカーたちが「ジャック・マーがまたホラを吹いた!」と言う時、それはかなりの確からしさで実現されるという期待と敬意が込められている』というそのホラは、プロジェクターで眼の前に映し出された画面でいろいろなことをする、というもの。スマートフォン以上の機能を持つそれがあればスマホなんて使わなくてもいいというその機能は子供の頃に描いた未来、というにふさわしいもののように見えます。
未来は、私たちの想像よりもずっと近いところにある。

 技術的な問題はないわけではないとのことですが、今ある技術だって少し前には荒唐無稽に思えたもの。それが実現するのはそう遠くないことなのかもしれません。そうなった時にスポーツ観戦はどうなるのか、何ができるのかということに思いを馳せるのも悪くない、そう感じます。

スコアミス

こんなことがあるんですねぇ……

 ハンドボールの試合をジェイネットTVで見ていたのですが、たしかに目まぐるしく攻守が入れ替わり、審判だけで得点経過を追うのは難しいだろうな、と感じました。アメリカンフットボールで記録をつける人間や場内放送で得点が覆ることはないですが、気をつけたいものです。
twitter
最新コメント
QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ