MORE THAN a YARD うぇぶろぐ=アメフト100周年を国立競技場で迎えるために=

関東学生アメリカンフットボール連盟放送委員長兼広報委員の松川が、アメリカンフットボールを盛り上げるために活動していきます。目指すは日本のアメフト100週年(2034年)に国立競技場で試合を開催すること!

January 2019

広報委員会

に出てきました。
dummy 春から話の出ていたコレを進行する件など、いろいろオフシーズンにやらなくてはならないことを作ってきました。
 まずはクラウドファンディングのお勉強、ということで…各サービスの使い勝手など、調べてみようと思います。

スポーツの未来に

東京なら行きたかった……

 『新潟県出身で千葉ジェッツふなばしの代表を務める島田慎二氏と、千葉県出身でアルビレックス新潟の代表を務める是永大輔氏がお互いの顔を見て話すはじめての機会』だとか。ホーム&アウェイ、というコメントもどこかにあったようなので…千葉開催の際にはぜひ行ってみたいものです。

産学連携

日本女子体育大はともかく、山学大にせよ大東大にせよ、女性アスリート…?ってなってしまいますが。

 UNIVAS設立の流れの中で増えてくるであろう産学連携プロジェクト。『今回の産学連携プロジェクトは『2020サマンサスポーツレディ』と名付けられ、女性アスリート向けの商品開発や市場開拓、女性アスリート学生への支援などが行われる』とのことで、どんなものが出てくるのか注目したいところです。

プロボウル

アメリカ、NFLのオールスター戦、プロボウルが行われました。

 オールスター戦の意義、というのはアメリカでもいろいろ言われていて、以前はスーパーボウルの翌週にハワイで、というご褒美旅行的な立ち位置だったものが、今ではスーパーボウルの前週に行われています。事前のチャリティイベントとか、そういったところに意義を見出そうとしているのですが、試合でのプレー自体も勝負を度外視した、というと極端ですが…スペシャルプレーを見せようという気配が随所に。そのムードにあてられたのか…きれいにフェイクに引っかかった映像を。こういうのに面白さを感じられるのは…かなり高度な内輪受けに対応できる能力が要求される気もします。面白いと思えたとしても、だれでも面白いと思えるのか…は考えておくべきだろう、そう思います。

1/27川崎

シニアトーナメントは神戸大、レギュラートーナメントは関学大でした。
 2日にわたるハドルボウル、無事に終了しました。救急車の出場0、重傷者もだいぶ少ないという結果に終わりました。『動きがフラッグフットボールになってきた』とはフィールドで運営を担当していたスタッフのコメントですが、7回と回を重ね、練習を積んだチームが増えてきたことがこういう結果につながったのでは、という気がします。
 チャリティとして着実に根付きつつあることを含め、意義の大きい大会だと思います。次は7月に大阪で、ということなので…行けそうなら行ってみようかな、などと考えております。
twitter
最新コメント
QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ