MORE THAN a YARD うぇぶろぐ=アメフト100周年を国立競技場で迎えるために=

関東学生アメリカンフットボール連盟放送委員長兼広報委員の松川が、アメリカンフットボールを盛り上げるために活動していきます。目指すは日本のアメフト100週年(2034年)に国立競技場で試合を開催すること!

March 2019

山場CM

まぁ、虚構新聞なんですけれど、いくらくらいの値段になりますかねぇ……

 スーパーボウルのCM出稿料にはすごい値段が付く、というのはよく知られた話ですが…クライマックスの直前のCM、という手法は嫌われるもの。どうバランスをとるかというのはCM出す方にとっても悩みどころのはず。うまく本編と絡めた『アクティベーション』が必要になってくるのでしょう。その切り口を提供するのは出してもらう側に求められることなのだろう、と思います。


で、新元号なんですけど…『鎧球』ってのはどうでしょう?(違

新年度を前に

新兵器を投入。
DSC_5385-01
 左が今まで使っていたもの、安心の国内メーカー産で2度の中国行でも使用するなど酷使に耐えてきたのですが、さすがに限界が来ましたので交換ということに。
 右が下のアマゾンリンクのもの。ジャックバウアーといわれても、ハイボールにするくらいしか思いつきませんが……今まで使ってきたものの1/3くらいの値段なのでダメならダメでいいか、という感じ。

 パッと見、少し大きいですし倍率も違う(それはさすがにわかってましたが…)、接眼部がプラスティック直接なので眼鏡の自分にはちょっと辛い可能性もあります。とはいえ結局現場の使用感がすべてですので…早く現場で確認したいものです。

さらばジオシティーズ

こんなに役に立つ(?)ページは作れませんでしたが…

 大昔に作ったウェブページの無料レンタルサーバー、ジオシティーズが閉鎖になります。サークルを引退しヒマを持て余していた時期にインターネットというものを知り、だれでもウェブページが無料で持てる、というところからHTMLの本を読み、先人のウェブページを見てはパクリ真似、そうやって作ったのが"More Than a Yard"。よく考えると20年以上前のことになります。

 ちょうどインターネットが一般的になり始めた時期。そこで好きなことを発信でき、その一員になれる、という感覚を持たせてくれたのはジオシティーズでした。ウェブページを持つ人を『市民』と呼ぶその感覚が腑に落ちるのはあの時代にジオシティーズに触れることができたから。今となっては『書ける言語はHTML』と本職のプログラマーをしている友人の前で与太を飛ばすくらいしか使い道はありませんが…
データのダウンロードはしましたが、今後どうするかは未定。とりあえず土日で全ページ見返してみようかな、と思っております。

ロケットランチャー

絵面が強い……


 スマホを本体(記憶媒体と操作ユニット)として、一眼レフのレンズを使用して撮影ができる"OLYMPUS AIR A01"。変わり種のカメラですが、それをこうして使うのか…という発想の転換。自分のカメラは総重量で2堋度なのでアメフトの防具でいえばヘルメット程度の重さではあるのですが…それでも1日ぶら下げた状態で動き回ると結構な負担が体にかかっているのを感じます。さらに大きいレンズであればなおさら。その不便を解消すべく立ち向かう(そして更なる不便を進んで背負う)スタイル、キライじゃないです。

 何かしらのブレークスルーはこういうところから生まれたりする…というのは考えすぎかもしれませんが、たまにはこういうのもアリなんだろうな、と思うのです。

春日程発表


 ようやく、という感じですが春シーズンの日程が発表になりました。今のところアミノバイタルフィールドは4/14の明大−国士館大、平成最後の試合は早慶戦、新元号最初の試合は一橋大−千葉大の国立対決ということに。

twitter
最新コメント
QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ