MORE THAN a YARD うぇぶろぐ=アメフト100周年を国立競技場で迎えるために=

関東学生アメリカンフットボール連盟放送委員長兼広報委員の松川が、アメリカンフットボールを盛り上げるために活動していきます。目指すは日本のアメフト100週年(2034年)に国立競技場で試合を開催すること!

Less Than Inches

Ultimate KCFA road trip

twitterのタイムラインを見ていたら、Ultimate NFL road trip というウェブページを発見。
『NFLの2014スケジュールが発表されました。全32チームのロンバルディトロフィーを目指した旅が始まります。そしてもうひとつの旅も始まります。それはファンのあなたの旅です。究極のNFLツアー、それは全32チームのホームでの試合を1シーズンで観戦する旅です。不可能だろって?そんなことはありません。2014シーズン、究極のNFLツアーをご案内いたします。』
スタジアムの写真を見ているだけども楽しいのですが、トータルの移動距離が地球1周を越える(27,153マイル=43,698km)とか、ダブルヘッダーがある(1試合目は4Qのはじめにはスタジアムを出る)とか、15→14の移動が鬼(サンディエゴから夜行飛行機でニューヨークへ移動、そこから車に飛び乗ってピッツバーグへ…っておいw)だとか、いろいろツッコミどころ満載でそれもまたよし。全米に32チームが散らばるNFLの厚みを感じられるPhotoEssay(というカテゴリーに入ってる)だと思います。さて、同じことがKCFAでもできるのかな、というのが今回のお題。

 秋のリーグ戦は試合のできるグラウンドが限られるため、アミノバイタルフィールドや川崎富士見球技場、あるいは大学会場でも2,3試合をまとめてやっています。そのため、全チームを見るというのは決して不可能なことではなさそうです。逆に全チームのホームグラウンドを、というのは有料試合に耐えられるスタンド付のフィールドがあるチームというのほとんどないのが実情なので、実際のところ不可能です。
 逆に、春のオープン戦はアミノや川崎で行われるものもありますが、各チームのグラウンドで、というものもかなりあります。また、所属95校のうち、オープン戦の予定を申請していないチームが16チーム(合同スクリメージや、朝霞ボウル、保科ボウルなど形式の違うものを除く)。これらのチームはやむをえないとし、さらにエリアリーグ、医科歯科リーグ、7人制リーグのチームについてはオールスター戦で見たことにする、という形をとりました。その条件の下、2014春シーズンにできるだけ多くのチームを見るためにどういうスケジュールでどの試合を見ればいいのか、というのを作ってみました。まとめるのに時間がかかってしまったのでもう過ぎてしまった試合もありますが…今後の試合観戦の参考にしていただければ幸いです。また、間違い等ありましたらご指摘ください。

4/13 日体大−一橋大 @日本体育大深沢グラウンド

今季の開幕戦はこのカード。桜新町から徒歩15分、という立地も魅力。


4/20 東工大−成蹊大 @東京工業大学大岡山グラウンド

1部昇格の東工大グラウンドも便利なところにあるとか。4/19にも2試合ありますが、ここのチームは他日程でも見られるのでパス。なんなら慶応大−関学大@王子スタジアムへ行って移動距離を稼ぐのもアリですが、先は長いです(何)。


4/26 明学大−近畿大 @近畿大学グラウンド

日本代表−フィリピン代表の試合日なので関東での学生の試合はなく、遠征した明学大のみ。上で「先は長い」と言った意味がおわかりかと。とは言うものの他地区への遠征はこれだけ…のはず。


4/27 筑波大−流経大 @筑波大学天王台グラウンド

早めのゴールデンウィークの旅行に、という感じの北関東勢の対戦。筑波大は今季より2部復帰。


4/29 早大−慶応大 @駒沢陸上競技場

春の一大イベント、早慶戦。高校早慶戦も同時開催です。


5/4 明治大−専修大 @アミノバイタルフィールド

春の明治は結構レア。


5/5 医科歯科オールスター@アミノバイタルフィールド

14チームが2部3ブロックにわかれて参加する医科歯科リーグ、6年生まで参加できるリーグです。このオールスターは一種独特のムードがあります。


5/10 東外大−ICU @東京外国語大学グラウンド

アミノでも2試合が予定されていますが、その隣の東外大グラウンドでの試合へ。


5/11 専修大−東京大、日大−名城大 @川崎富士見球技場

新生川崎球場で新リーグ編成となった関東1部の3校を。


5/17 慶応大−京都大 @日吉陸上競技場

慶応大は早慶戦で見ているのでパスしてもいいのですが…ユニコーンズフェスタとして行われるとのことで急遽追加。


5/18 拓殖大−帝京大 @拓殖大学八王子グラウンド

帝京大とは同じ八王子でもずいぶん距離がある拓大グラウンドへ。管理人の母校の多摩校舎の近くか……


5/24 日体大−東海大 @東海大学高間ヶ原グラウンド

四大戦にはさまる定期戦、という印象のあるこのカードが東海大グラウンドで。千葉県民の管理人からすると、これは軽く旅行。


5/25 四大戦(学習院、武蔵大、成蹊大、成城大) @学習院目白グラウンド

山手線のすぐ外内側(ご指摘、ありがとうございます)、というKCFA屈指の立地を持つ学習院での四大戦へ。対戦カードは5/11の試合結果で決定します。


5/31 日本大−東京学芸大 @アミノバイタルフィールド

今春、日大はアミノで7試合を組んでいます。これはもちろん最多。


6/1 法政大−国士舘大 @法政大学川崎総合グラウンド

噂の青いフィールドへ。管理人、実はまだ行ったことがありません。


6/7 横国大−防衛大 @アミノバイタルフィールド

そろそろ梅雨も本番という時期。土グラウンドはつらいですよね……


6/8 神奈川大−国士舘大 @国士舘大学永山グラウンド

定期戦のこのカード。国士舘グラウンド、トンネルを潜り抜けた秘密基地のような場所だと聞いたことがあるのですが…どうなんだろ。


6/15 駒澤大−国士舘大 @駒澤大学玉川グラウンド

国士舘を続けて見ることになりますが、今度はアウェーで。玉川グラウンド、といいながら実は世田谷区。


6/21 千葉大−埼玉大 @千葉大学西千葉グラウンド

待望の人工芝化された千葉大グラウンドでの定期戦。管理人は千葉県民なのでそうは感じませんが、おそらく多くの方にとっては軽く旅行。


6/22 上智大−成蹊大、中央大−近畿大、N-WAR-S

1部リーグで最後に残った中央大の試合をここで。エリアリーグ・7人制リーグオールスターのN-WAR-S、全チームが参加するわけではありませんが、少人数チームが合同練習を行うなど意義のあるカードとなっています。


6/28 青学大−桜美林大 @桜美林大学淵野辺グラウンド

淵野辺にキャンパスを構える両校。青学大は相模原市、桜美林大は町田市…町田は神奈川ネタ禁止。


6/29 学習院大−東洋大 @学習院大学目白グラウンド

学習院で東洋大を初見して春シーズンを締めくくり。ここまで未見のチームの試合という意味では立正大@横浜国立大、東農大@東海大もありますが、上位校を優先。未見のフィールドがお望みであれば横国大グラウンドへ。


春の予定があるチームで見られないのが関東学院大、東農大、東京都市大、大東文化大の4チームありますが…22日、26試合。KCFAの厚み、を感じていただければ幸いです。
試合一覧のエクセルをアップしておりますので、こう組めばもっと見られる、というのがあればお教えください。

QB Ratingのこと

 スーパーボウルも終わり、オフシーズンに突入です。アミノの人工芝張替え(実際には現在の人工芝の上に新しいものを引くそうです)で、春のオープン戦は5月から。スタンドの建て替えを行う川崎球場は、片側のスタンドが使えるので4/22から恒例の川崎シリーズが行われるとのこと。つかの間のオフシーズン、写真とあわせ、ボチボチ更新していきたいと思います。
こんなときしか更新しないといわれる事には目をつぶりつつ…

 先日のスーパーボウルで幕を閉じたNFLの2011シーズン、パスが乱れ飛んだシーズンという印象が強い。ブリーズ(セインツ)とブレイディ(ペイトリオッツ)がパスでの獲得ヤード歴代新記録を更新。パス重視の戦略への変化、ルール改正など様々な要因があるとはいえ、前記録保持者だったマリーノ(元ドルフィンズ)でフットボールに魅せられた私としては感慨深いものがある。
 そんな中、新記録達成者をさしおいてのリーグMVPはアーロン・ロジャース(パッカーズ)。プレーオフで敗れたためにそこまで話題にはならなかったようだがこちらもNFL新記録となるシーズンRating122.5を叩き出し、50票中48票という圧倒的な得票数でMVPを獲得している。
ちなみに従来のトップ3は
121.1 Peyton Manning, Indianapolis, 2004
117.2 Tom Brady, New England, 2007
112.8 Steve Young, San Francisco, 1994
NFL Records(PDFファイルです)より。7ページ目になります
時代の変化の中で17年前のヤングの数字は改めて凄いと思うのですがそれはまた別の話として。

 振り返って2011シーズンのKCFA、Rating1位は高島(法政)の196.8。数字だけならNFLより上?というのが今回のお題。

 単純なタネ明かしをすると、NFLとKCFAではRatingの算出方法が異なる。NFLだけが特殊な計算式を使っている、という方が正解か。
 KCFAをはじめ、日本で使われている計算式はNCAA(全米大学体育協会)のもの。要するにカレッジフットボールで使用されているもの。計算式はこちら。
パス成功率(%)+(パス平均獲得ヤード×8.4)+(タッチダウン率(%)×3.3)−(被インターセプト率(%)×2)
 対するNFLのものはちょっと複雑。
A=(パス成功率(%)−30)/20
B=(パス平均獲得ヤード−3)/4
C=タッチダウン率(%)/5
D=(9.5−被インターセプト率(%))/4}
レイティング=(A+B+C+D)/6×100
※A〜Dの各項目は0以上2.375以内
 高島の数字をこの式で計算しなおすと120.1となる。逆にロジャースをNCAAの計算式に当てはめると173.2。
 数字はここのページで計算。アメリカ人はこういうの好きだよなぁ…
 そもそもRatingとはなんぞや、というと…和訳としては「パス効率」だろうか。NCAAではpassing efficiencyとして知られている。NFLとNCAAでは求められるパスに違いがあるということなのだろう。計算式を紐解いて、どういったパスが要求されているかの違いを考えるのもシーズンオフの一興ではないだろうか。
自分なりにこういうことかな、というのはありますが、楽しみの部分だと思うのでここで書くのは控えたいと思います。決して計算ができないからでは…

ただ、忘れてはならないことが。
It is important to remember that the system is used to rate pass-ers, not quarterbacks. Statistics do not reflect leadership, play-calling, and other intangible factors that go into making a successful professional quarterback.
NFL.com NFL Quarterback Rating Formulaより。2段落目です

 QBに求められる素質の筆頭は"leadership"ということか。となるとこの記事のタイトルにも偽りアリということになるが……

※参考資料:Wikipedia[en] Passer ratinghttp://en.wikipedia.org/wiki/Passer_rating
Ratingの上限、下限など面白い事が書いてあります(NCAA方式の下限は全部インターセプトかと思ったら…ってそんなプレーあるかいw)。個人的にはLimitationsの"For example,"以下の書き方、Wiki筆者の私見が混ざる感じがツボです。

down to goのこと

mixiの「アメフト普及委員会」というコミュで下記のような質問がありました。長くなりそうだったのと、いいネタを貰ったということで6年ぶり(オリンピックよりひどい^^;)のLess Than Inches復活になります。

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=7440699&comm_id=378801
>>17
Q.「日本では試合で、ファースト・アンド・テンとかセカンド・アンド・セブンなどの表現はどのようにするのですか」

A.甲子園ボウル(に限らず関西全般なのかもしれませんが)の場内放送は「第2ダウン、(ファーストダウンまで)残り7ヤード」と言っているかと思います。関東のXリーグは「セカンドダウン、(ファーストダウンまで)残り7ヤード」ですかね。時間制限がある中で言い切らなくてはならない逐語訳としてはこれ以上の訳し方はないと思います。関東学生連盟としては「英語はできるだけそのまま使わない」という不文律のようなものがあるので、甲子園ボウル風の表現がより望ましいということになります。

しかし、その流れで行くと1st.down&10が「第1ダウン、(第1ダウンまで)残り10ヤード」になりますが、(カッコ)の中を言うと頭が頭痛な表現にも聞こえますし、言わなければ何が残りなのやらという話。そもそもダウンって何?というレベルの方もいると思います。
初めて試合を見に来た選手の親御さん、選手のクラスメイトといったお客さんに少しでもルールをわかってもらいたい、そして次の試合にもきてほしい、そしてゆくゆくはアメリカンフットボールそのもののファンになって欲しい、この競技に関わった人なら誰でも一度は思ったと思います。なので試合の序盤はちょっとくどい言い回しをするようにしています。

※不備アリアリなのは十分自覚しております、こう言ったほうがいいのでは?というご意見がいただければ幸いです。

(攻撃権が移った最初のプレー)「自陣○ヤードから○○大学の攻撃開始、ファーストダウンテン」
⇒最初のファーストダウンは「攻撃開始」と読み替えてしまいます。「4回の」とか入れたほうがいいのかなと思いつつ、攻撃を始めることをファーストダウンテンと言うのだと刷り込もうという意図です。

(ファーストダウンでAチームが3ヤード前進)「ただいまのプレーで3ヤードを獲得、○○大学2回目の攻撃、ファーストダウン獲得まで残り7ヤード(、セカンダウンセブン)」
⇒何も知らない相手を想定している割には「4回で10ヤード進む」くらいは知っているだろうという喋りですが、3ヤード進んだのだから残り7ヤードだよね、という意図です。2シリーズ目くらいからは(カッコ)の中も喋り2回目で残り7ヤードだったらそういう風に言うんだ、と汲んで欲しい思いをにじませつつ。

(セカンドダウンでAチーム更に4ヤード前進)「2回の攻撃で7ヤード進みました○○大学3回目の攻撃(サードダウン)、ファーストダウンまで残り3ヤード」
⇒セカンドダウンと同じ考え方です。サードダウンなので残りヤードを強調、「3ヤードが必要です」など状況に応じてはさんでみたりします。

(サードダウンで4ヤード前進、ファーストダウンを獲得)「○○大学、ただいまのプレーによりましてファーストダウン、新たに4回の攻撃権を獲得しました。ファーストダウンテン」
⇒「最初に攻撃をはじめた地点から10ヤード以上前進、」という意味の言葉を入れられればいいのですが適当な表現が見つからずこんな感じで。経験者がよく使うフレッシュ、というのは正規表現ではないので使用禁止令が出ています。


こうした表現のほか、パス不成功(失敗、はネガティブな言葉ということで使用禁止令)はボールは元に位置に戻る、であったり、パントを「ボールを蹴って陣地を回復することを選択」等々言い換えながら1Qあたりまでは過ぎていきます。試合が進んでいくにしたがって徐々に「セカンダンセブン」を使ってもいい、というのが私の個人的なルールです。

場内放送には、このほかにも反則の説明等ヤヤコシイ問題がいろいろとあります。次(いつになるかわかりませんが←×)のこのコラムではそういった話も書こうと思います。

スーパーボウル、など('02.2.17)

 02年のスーパーボウルは予想を覆してニューイングランドの勝利となった。残念ながら試合を見てはいないのだが、セントルイスの同点ドライブといい、見ごたえのあるゲームだったと思われる。MVPはN.E.と生涯契約をしたブレッドソーの控え、トム・ブレィディ。まさに救世主という登場の仕方で受賞は当然だと思うし、シンデレラストーリーという意味では敗れたセントルイスのカート・ワーナーに通じる部分もありアメリカ人の好みにも合っているのだろう。ただ、来年以降二人をどう使っていくかN.E.は頭が痛いだろう。ブレイディの能力を疑うわけではないが、研究される来シーズンに今年のような活躍ができるかは疑問でもありブレッドソーの生涯契約もある。もしかすると2年連続でスーパーボウルチャンプのQBがトレード、という事態もあるのかもしれない。

 今回のスーパーボウルの舞台はニューオリンズのスーパードーム。はじめて見たスーパーボウルもスーパードームだったように思う。WASVSBUF、屋内で上げる花火に驚き、試合内容はよくわからず見ていた。大学に入ってからは毎年見ていたが、なかなか好ゲームに恵まれなかったように思う。AFCのチームがダラスや49ersに敗れ去っていくのが定番だったからかもしれない。法政が出ては負けを繰り返す甲子園ボウルを関西のファンの方が『つまらない』と思う感覚に近いのかもしれない。
 この頃NFLに感じていた閉塞感はファーブのグリーンベイやエルウェイ率いるデンバーの台頭で払拭された。そしてワーナー、ブレイディといった新勢力が出てくる、というふうにNFLの新陳代謝は相変わらず人々をひきつけていくのだろう。そんな感じのしたスーパーボウルだった。

追記:ハーフタイムなどの演出がテロ事件の影響でハデな物になるのでは、と思っていたのですがNumberを読んだりニュース等で見た範囲では意外と普通で安心しました。テロ行為は許されることではないですが、それに対して過剰に愛国心を燃やされるのもどうかと思っていただけに。アメリカも意外と冷静かな、と安心した光景でした。

http://www.geocities.co.jp/Athlete-Acropolis/8457/lti/9.html

ブログ転載にあたり追記:この頃からぜんぜん見てないなぁNFL…色々と変わっちゃってついていけてないってのが正直なところ。最近、我が家にHDレコーダーが入ったんで録画してはいるんですが、容量を圧迫してたりします^^;('07.10/10)

ちょっといい光景('02.1/27)

 NHKを見ながら朝食、これが私の平日朝のペースである。その日も何気なく画面を流れる映像を見ていたところ、スポーツニュースでNFLが取り上げられていた。NHK-BSでNFL中継をやっていることもあり、野球のシーズンオフなどでは良くあることだが、この日の映像はちょっと変わっていた。画面の向こうは大雪である。
 オークランド・レイダース@ニューイングランド・ペイトリオッツ(N.E)。グリーンベイやバッファロー、デンバーといったあたりはこのシーズンになると極寒の中での試合となる。積もった雪を除雪して試合を行うのが普通だが、この日はそれどころではなかったらしい。5ヤードごとのラインあり、かろうじてグリッドアイアンの体裁をなしてはいる。(フィールドに熱風を吹き付ける掃除機の逆バージョンみたいなもので雪を溶かしていたらしい)

 フィールドを白一色に変えていく降りしきる雪の中、接戦となり、試合はオーバータイムへ。オーバータイム最初の攻撃、N.EはサヨナラFGのチャンスをつかむ。「みんなで雪かきです」というアナウンサーのナレーションのとおり、N.Eの大男たち(背番号からするとライン)がボールを立てるあたりの雪を必死にどかす。その脇でゴールポストをにらむビナティエリ(N.Eキッカー)。キックは決まり、N.Eがリーグの決勝に駒を進めた。

 かなり笑える『絵』だったのだが、雪かきをする当人たちは大いに真剣である。NFL公式ページによるとこのFGは23ヤード。普通であれば99%はずさない距離である。そんなプレーのために雪かきをする姿にフットボールの人間くささを見た、というのはいいすぎだろうか
 フットボールを知らない人にとってフットボールとは「がんがん当たっていく野蛮なスポーツ」とか「戦略どおり試合をしていくだけの味気ないスポーツ」といったものではないだろうか。そういう認識はこのシーンを見ていれば少しは変わるのではないか。試合結果ばかりを追いかけるのではなくこうしたシーンをこのサイトにも取り入れていきたい、そう感じた。

http://www.geocities.co.jp/Athlete-Acropolis/8457/lti/8.html
twitter
最新コメント
QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ