天体写真撮影日記

岡山周辺で天体写真、星景写真をメインに撮ってます。

彗星狂騒曲~夕暮れVer~

さてさて、世間(一部の)を賑わせているネオワイズ彗星(C/2020 F3)ですが、当地(岡山市)の明け方は相変わらず晴れません。。。
そろそろ件の彗星が夕方にも見えそうな時期になって来ました。

本日の夕方の西空は晴れ間も見えたので一応家の近くで準備。
とは言っても雲は多め…
IMG_0402
う~ん…
見えないかな~…?
でも低空に雲の隙間があるから絶対見える!…と思う、たぶん…(^^;)
と待つ事10分程度…

↓上の写真からしばらくたって…
おるやんけ!(; ・`д・´)
IMG_0422
やっと見れた!( ;∀;)
200mm ISO400 f4 1.6s 2020.07.14 20:15(JST)

↓その後、雲に遮られながらもなんとか撮れました!(^^)
IMG_0440-2
200mm ISO400 f3.5 2.0s 2020.07.14 20:24(JST)
↓上の写真をトリミング
IMG_0440
撮影地:岡山市
カメラ:EOS6Dノーマル機
レンズ:TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A025)
三脚にて固定撮影
LightRoomで現像

市街地だったので肉眼では見えなかったけど、双眼鏡では確認できました。

ちなみに家の前の道路脇の歩道の端で撮影しましたが、撮影中に自転車に乗った二人組のお巡りさん臨場!
オ、オレ?σ(゚∀゚ )オレ?
そうだよね。。。
住宅街でデカいレンズを付けたカメラがほぼ水平向いてるし、首から双眼鏡ぶら下げてて怪しいよね。。。
でもこのカメラのモニター見てもらったら分かってもらえる!
と思っていたら、お巡りさんが目の前をスルーして去って行かれました。。。
オレがお巡りさんだったら絶対声かけてると思うけど…
いいの?と思いつつホッとしたりしながら撮影終了…(笑)

そんなこんなで、やっとネオワイズ彗星を見る事が出来ました!(^^)

--------追記(2020.07.14 23:30)--------
ちなみにネオワイズ彗星の撮影は晴れていればそれほど難しくありません。
三脚さえあれば撮れます!
特殊なレンズも赤道儀も不要で撮れます!
(鏡山から撮影した唐津城に沈む彗星が見たいなぁ~…ボソッ…w)
方向は↓のリンクを参考に!




--------追記(2020.07.15 19:30)--------
・撮影データを追記
・写真の焦点距離を追記
・リンクを追加

↓ポチッと押して頂けたら幸せます↓(#^.^#)
 

彗星狂騒曲

先日から話題のネオワイズ彗星(C/2020F3)ですが、残念ながら北海道と沖縄以外は梅雨空でなかなか撮影できず。。。
今朝は少し晴れ間が期待できそうだったので夜中に起きてみるも、月さえも見えない曇り空。
こりゃダメだ、とまた布団に入るも寝付けず。
もう一度起きて空を見ると、1時間前は見えなかった月が薄雲の向こうに見える。
外に出て曇り空を恨めしく眺めていると星仲間から入電。
「彗星、見えてますよ!雲の隙間に見えてます!」
マジか!?
彼がいる場所へは今から出たのでは間に合わない、近所の高台へ急ぐ。
私が行った場所にも雲に隙間があったが、そこに彗星の姿は無かった…

「ダメで元々!行動した者だけが捉えられるのだ!ふははは!」

私が探していたのは彗星ではなく、「行かない理由」だったかも知れない。
雲の向こうからネオワイズの高笑いが聞こえて来た…orz

と言う訳で少し焼けた朝焼けをペタリ(笑)
IMG_0360

IMG_0381
 
↓ポチッと押して頂けたら幸せます↓(#^.^#)
 

もうすぐ七夕

もうすぐ7月7日、七夕ですね。

と言う事で、先日撮影した天の川の写真に“おりひめ”と“ひこ星”、夏の大三角を書いてみました。
天の川の近くにある一番明るい星は木星です。
その近くには土星も見えます。
天の川2aa

↓上の写真の元記事です↓


ちなみに七夕は7月7日ですが梅雨時期ですのでなかなか晴れる事がなく、星が見づらい時期ですが、なぜこの時期なのでしょうか?
それは現在の新暦と旧暦の7月7日の違いで、旧暦での七夕は現在のカレンダー(新暦)だと今年は8月25日になります。
8月25日だと梅雨も終わって星が見える機会も増えている時期ですね!

「今年は」と書いた理由について、詳しくは下記リンクで分かりやすく解説されていますのでご参考に。



最後になりましたが、熊本豪雨で被災された方の一日でも早い復旧・復興をお祈りしております。


↓ポチッと押して頂けたら幸せます↓(#^.^#)
 

ゴーン、ゴーン、ゴーーーン…

祇園精舎の鐘の声、
諸行無常の響きあり…

日食と五重塔を撮影すべく臨んだものの、雲に遮られ意気消沈した帰り道・・・
振り返ると、さっきまで太陽を遮っていた雲が消え、真っ赤な夕日が水を張ったばかりの田んぼに美しく反射しておりました。

この光景を見た私の頭の中に、鳴っていない鐘の音が聞こえてまいりました。

ゴーン、ゴーン、ゴーーーン・・・

この光景をパチリと撮って、トボトボと帰りましたとさ…(;´・ω・)
IMG_0348
下記↓ ハーフNDフィルター使用
夕焼け時の明暗差が大きな時に便利です。
ガラスフィルターには劣りますが、落としても割れなく雑に扱っても割れないフィルターです。
ホルダーが無しで、レンズ前に手で持って使ってます。(^^)


↓ポチッと押して頂けたら幸せます↓(#^.^#)
 

備中国分寺五重塔と部分日食(2020年6月21日)

昨日撮影した部分日食を処理しました。
岡山県総社市の備中国分寺五重塔を部分日食ですが、雲に遮られて歯抜けになっています笑
連続写真
日食終了後に見事に晴れて雲一つ無い背景が撮れました…orz

↓ポチッと押して頂けたら幸せます↓(#^.^#)
 

部分日食(2020年6月21日)

今日は夏至の日でもありますが、部分日食がおきる日だったので日食撮影へ。
岡山では雲がちな天候でしたが、日食がおきる16時位から晴れそうな予報でした。
が、、、薄雲をまとったまま日食の時間へ。。。

↓欠けはじめ
薄雲がありますが何とか撮影できるかな…?
と思っていました。
IMG_0012

↓だんだんと欠けていきます。
ん?雲が増えてないかい?(^^;)
IMG_0032

↓食の最大
岡山では45%ほど欠けました。
雲が…(^^;)
IMG_0124

↓だんだんと元に戻っていきます。
IMG_0228

↓食の終わる頃には予報どおり雲が減っていき、日食が完全に終わった直後に太陽の周りの雲が完全に無くなり、本当にウソみたいな天気でした(^^;)
IMG_0290
次は10年後だ~!(; ・`д・´)

↓ポチッと押して頂けたら幸せます↓(#^.^#)
 

2020年6月21日の日食シミュレーション

今週末の日曜日の日食撮影計画。

岡山では16時過ぎに食の始め、18時15分前には食の終わりですが、それぞれの時間での方位角と高度、さらにフルサイズカメラで35mmレンズで撮影した画角(画像赤枠内)をシミュレーションしてみました。 フルサイズだと35mm位で全行程が写る感じですね。

使用したソフトは無料で使える「ステラリウム」ですが、カメラ撮影での画角のシミュレーションも可能です。 本ソフトを使用してそれぞれの時間で表示した画像にペイントツールで時間を手動で追加して、比較暗合成したら当然ですが太陽が消えたので太陽を手書きで追加した画像です(笑)

手書きで太陽を追加したので少々ガクガクしてますが、大体のイメージはこんな感じかと…
ちなみにソフトで表示された画像の数字はそのまま比較暗合成したため読めなくなっています(^^;)
output_comp
↓ポチッと押して頂けたら幸せます↓(#^.^#)
 
↓ポチッと押して頂けたら幸せます(#^.^#)


にほんブログ村



↓作品集https://ootsukatooru.wixsite.com/mysite
プロフィール

おーつか

星の写真を撮るのが好きで気が付いたら山に登っていました(笑)

ギャラリー
  • 彗星狂騒曲~夕暮れVer~
  • 彗星狂騒曲~夕暮れVer~
  • 彗星狂騒曲~夕暮れVer~
  • 彗星狂騒曲~夕暮れVer~
  • 彗星狂騒曲
  • 彗星狂騒曲
  • もうすぐ七夕
  • ゴーン、ゴーン、ゴーーーン…
  • 備中国分寺五重塔と部分日食(2020年6月21日)
記事検索