ZWO社のカメラ、ASI290MCとASI120MC-Sを比較してみました。
先日ASI290MCを購入する際にASI224MCと比較検討した際に、写りの違いを比較したサイトを探しましたがあまりなかったので参考になればと思いUPします。
とは言っても290と120の比較なのであまり参考にならないかもしれませんが(笑)

いずれも鏡筒他の設定は以下の通り。
撮影日時:2018.08.06
撮影場所:岡山市北区
鏡筒:セレストロンC8、3倍バローレンズ
大気色分散補正:ZWO社製ADC
RegiStax 6でスタック&ウエーブレット処理後LightRoomで現像

※ほぼ同じ環境で撮影していますが鏡筒は一つなので同時に撮影していないため、(撮影時間帯に数分の違いがある)厳密には若干の気流の影響と風の影響による差があります。
22_39_49
↑ASI120MC-S

22_55_44
↑ASI290MC

120_22_29_52
↑ASI120MC-S

22_20_26
↑ASI290MC

やはりASI290MCの方がノイズが少ないですね。
感度のポテンシャルが違うため、以下の点で差が出て来ます。

【ASI290MC】
感度が良いためゲイン&シャッター速度を上げずに撮影が可能。
露出をそれほど上げなくても撮れるため結果としてノイズが少なくなる。
また、露出に余裕があるためフレームレートを上げる事が容易になるので短時間で枚数を稼ぐ事ができる。

【ASI120MC-S】
ゲイン&シャッター速度で露出を稼がないと露出が足りないためどうしてもノイズが増える。
露出に余裕がないためフレームレートを稼ぐ事が出来ないので枚数を稼ぐには少々時間がかかるため、風や気流の影響を受けやすい。

ASI290MCの方が新しいカメラなので当然の結果になりましたが、かなりASI120MC-Sも健闘していると思います。
ASI120MC-Sは最近は安くなっているのでお安いのをお求めならこれもありかな?と思います(^^)
※いずれも個人の感想です(笑)

↓ポチッと押して頂けたら幸せます↓(#^.^#)