昨日撮影したネオワイズ彗星(C/2020F3)をDSS(Deep Sky Stacker)でスタッキング処理しました。

100枚以上撮影したんですが、途中で薄雲が通過したり後半は高度が下がるので背景が明るかったりで、結局使ったのは初めのほうの6枚のみ(笑)
それでも昨日の1枚撮りよりは尾っぽが出せたかな?

やっとこさまともに撮影出来たけど、小さく暗くなってしかも月明かりでコレが精一杯(^^;)
写真の下の明るい部分は迫りくる薄雲です笑
C2020F32CAVE23-3
撮影日時:2020/7/31 20:54~20:56(JST)
撮影場所:岡山県加賀郡吉備中央町
カメラ:EOS6D(ノーマル機)
レンズ:TAMRON SP 85mm F/1.8 Di VC USD (Model F016) @f2.8 ISO:800 ss:6x20sec
赤道儀:VIXEN APフォトガイダー、恒星時追尾
DSS(deep sky stacker)で彗星基準スタッキング処理後、PhotoshopとLightRoomにて現像

↓トリミング
C2020F32CAVE23-2
8月4日の満月から2~3日後には月明かり無しで撮れるようになりますが、肝心の彗星はさらに小さく暗くなってます。
まあ、それでも撮りに行くと思いますが(笑)

↓ポチッと押して頂けたら幸せます↓(#^.^#)