先日UPした写真ですが、撮影中にフィルターが曇ってしまったのでフィルターを外して撮っていた写真を有効活用?と言う事で比較レビュー的な記事です(笑)
すでにいくつかプロソフトン クリアのレビューは書いてますが、“冬の星景にこそソフトフィルター!”と言う事で参考までにUPします。

↓プロソフトン クリア使用
IMG_0161-2

↓プロソフトン クリア未使用
IMG_0171

いずれも撮影条件、現像設定は同じです。
フィルター有りの方は明るい星がにじんで目立つため星座が分かりやすくなりますが、微光星がぼんやりと感じます。
フィルター無しの方は微光星もつぶれない代わりに明るい星もそれほど目立ちません。

夏の天の川は微光星が密集しているのでソフトフィルター無しの方がいい気がしますが、冬の星景の撮影にはソフトフィルターがあった方が“星座感”が出る気がします。

「オリオン座の星景です!」と言う写真だとすると、どっちが分かりやすいかと言うと一目瞭然ですね(^^;)

もちろん焦点距離や撮影意図で変わって来るとは思いますが、これからの季節に広角で星景を撮影する場合、持っていれば役に立つフィルターだと思います。

ちなみにLeeソフトフィルター#2もよく使いますが、今回は使っていないので比較できていません。
そのうち気が向いたら比べてみたいと思います(笑)

↓今回の記事で使ったフィルターです。
Kenko プロソフトン クリア



今回はフィルターがすぐに曇ってしまったのでフィルターを使う場合は短時間でもレンズヒーターは必須だと感じました。
↓レンズヒーターは高いのもありますが、安いので十分です。


↓ポチッと押して頂けたら幸せます↓(#^.^#)