DSCN3926

-妻沼聖天山歓喜院-
・埼玉県熊谷市妻沼1627
・JR高崎線「熊谷」駅からバス30分「聖天前」下車徒歩1分


DSCN3916
熊谷市妻沼の歓喜院に参拝しました。
6月下旬の境内に紫陽花が綺麗に咲いています。


DSCN3917
お寺の正面にある貴惣門からは広い山内に伸びていく参道が望めます。
平安時代の末期 源平合戦が始まろうとする頃。
当地の庄司であった斎藤別当実盛公が先祖伝来の聖天様をここに祀ります。
それが聖天山の始まりといわれます。


DSCN3913
この日は仲良く参拝する年配のご夫婦を多く見かけました。
参道脇にはお店が点在してのどかな雰囲気です。
聖天さまは縁結びや夫婦の縁に御利益があるといいます。


DSCN3907
仁王門をくぐると目の前が開けます。
美しい本殿は江戸中期の作です。
日光東照宮創建から100年余り経った装飾建築の成熟期。
そんな世の匠たちにより長い年月をかけて創作されました。
当時の庶民や農民が浄財を出し続けてそれを支えたといいます。


DSCN3898
本殿の一番後方にある奥殿は豪華絢爛。
信仰と名工が作った宝物。
妻沼聖天山本殿は平成の大修理を終えて国宝に指定されています。



人気ブログランキングへ