竹田廉太郎建築設計室の日々の話

取手市を中心につくば市から柏市を主に活動する設計事務所。取手市やつくば市など茨城県南地域で心地よい住まいを提案する茨城県の一級建築士事務所です。事務所や地域での日々の話をお伝えします。

つくば山がよく見える敷地で新築工事

つくば山のふもとで、新築工事が行われます!!

敷地の北側にはつくば山が見晴よく綺麗にみえます。


IMG_9804


つくば・おとなりの建築家展9

つくば・おとなりの建築家展9のお知らせです!!
今回の建築家展の会場は、土浦駅前の土浦市民ギャラリーにて行われます。
日時は、6月19日(火)~24日(日)です。
時間は、10時~18時(19日は13時から、24日は16時まで)です。
14人の建築家の様々な作品が見学できる展示会となっております。
家づくりを検討している方もそうでない方も、家に興味のある方、是非、おいでください!!
スタッフが常駐しておりますので、家づくりについての疑問、質問に応対致します。

毎回、大好評のKAPULAも23日(土)24日(日)にて、会場内のキッズコーナーにて開催しております。
是非、ご家族でもお越しをお待ちしております。


今回の弊社の展示は、「遊び場」をテーマに作品を紹介したいと思います。
ちょっとした空間を利用して作られた遊び場は、住まいを少し楽しいものにしてくれます。
23日(土)24日(日)は、私も会場におりますので、是非、お越しください。


tg-01

tukuoto9


会期以外でも、住まいの質問、疑問、お受けしております。

竹田廉太郎建築設計室
茨城県取手市新町6-28-3
TEL:0297-75-7640
メール:info@ren-archi.com
HP:http://www.ren-archi.com/index.html

直下率について


・平成28年に起きた熊本地震の建物の被害調査していくと、今まで問題視されなかった「直下率」の数値が建物に大きく影響することが分かってきました。「直下率」については、NHKスペシャルなどにも取り上げられ、一般の方にも関心の大きいところかと思います。
・直下率とは、2階の柱・間仕切り壁・耐力壁の下に、1階の柱・間仕切り壁・耐力壁がどれだけあるかを割合(%)で示すのものであり、それぞれ「柱の直下率」「壁の直下率」「耐力壁の直下率」と呼びます。割合が大きいと耐震性がよいということになります。「柱の直下率」「壁の直下率」は、60%以上、「耐力壁の直下率」は50%以上あることが望ましいと言われています。(ただし、直下率が低いからといって、建物が倒壊するというわけでなく、建物の重心、床の剛性、屋根材の軽量化等、バランスよく考えることで、建物は地震に強いものになっていきますので、直下率を軽視せずとも、大きく重視する必要はありません。)

ギャラリー
  • つくば山がよく見える敷地で新築工事
  • つくば・おとなりの建築家展9
  • つくば・おとなりの建築家展9
  • つくおとメンバーによる一斉無料相談会予約受付中!!
  • ありがとうございました!!
  • つくおと4日目
  • つくおと4日目
  • つくおと4日目
  • つくばおとなりの建築家展8開催中!!
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック