2024年12月31日

当ブログに関して

この記事は常に最上位に表示されます(投稿日付設定を改変してます)。

「続きを読む」の内容は、概要・諸注意・キャラ紹介などです……が、現在隠居中の身につき、記載内容は古いままです。続きを読む

t_takaya at 23:59|この記事のURL

2016年12月17日

蔵出しメモ4:某氏の疑惑のアレとか

未公開下書き整理してたら、某ダブルメギン氏関連の下書きがみつかりました。
2013年5月の下書きだそうです。統合直後くらいかな?

個人で金ゴキ・ダブルメギン持ち。ドラキュラ本とグルーム鎧ありの温もり屋。
脅迫騒動のあった旧Hrにも戦力として参加。
……の彼が、ギルド募集チャットで拾われない件に関して、匿名掲示板であらぬ疑いをかけられてるって記事を書いたことに対する、私の側からの反論記事です。

以下↓↓



うちの記事が引用されているようで。それなら私も反応せざるを得ない。

【外部サイト】http://noely.blog88.fc2.com/blog-entry-354.html
説明義務ってあるのでしょうか? さらに噂に尾ひれがついた件について(==;

>> 昨日、ギルド募集チャットに書き込み頂いた方のお一人から、ギルメンから反対
>> されたのでキャンセルさせて下さいとの書き込みを頂きました。
>> ピンときて調べてみたところ、匿名掲示板でアンチによる工作が始まっていた
>> ようです。

いやいや! ネガキャンとかじゃなくても断るでしょ!
ひとりふたり増員してギルド戦力強化しようかなってところで、「ダブルメギン・金・プニルの150RKが入ります」「ドラ本とグルーム鎧もあります」「温もりや修羅金DLで育成屋してます」とか。
20〜40人規模の同盟だったら、その1人が加入するだけで同盟全体が個人の引き立て役になりかねないレベル。
アンチがどうとか風評がどうとか関係なく、募集広場で拾ったユニットがそんなのだったら反対意見は出るんじゃないかと……。



んで、疑惑と説明については……。
やっかみを受けるレベルの廃プレイヤーで、かつブログ持ちなんだから、狩りの様子とか商売とか、日ごろから事前にいろいろ書いておけば、ここまで事態が悪化することはなかったんじゃないかな?
罪状だけが存在していて、誰も擁護する人間がいない・本人すら訂正を出さないでは、いくらその罪状の根拠が薄かろうが捏造臭かろうが、擁護する側の人間とか出てきようがないですよね。



■某氏のRMT容疑について
「げん玉でお小遣い稼ぎ」とか書いてる記事に、RMT業者の広告がぶら下がってたら……そりゃ「げん玉と併用して、RMTでもお小遣い稼ぎしてるのね」って多くの人が思うんじゃなかろうか?
実際やってるかどうかはどうでもよくって。このブログ主はRMT業者とつながりがあるんだな……と。そう思っちゃう。

RMT業者の広告がつくのは、各社の無料ブログに搭載されてる「Google Adsence」が自動設定してくるやつなんで仕方ないことではあるんですが。
「Google Adsenceの自動広告で、ゲーム系のブログに設定してると自動でついちゃんです!」ってーのは、ブログ持ってる人でもない限りわからないのよね。
無料ブログである以上広告は外せないので、ブログの登録カテゴリを「ゲーム」以外に変更するか、「Google Adsence」以外の広告種にするかすべきだった。


しかも、ただ自動広告が乗っかってるだけならいざ知らず。
 ・「人気投票クリックしてくださいね」とかの誘導リンクの近くにRMT業者の広告
  があるとか。
 ・初期設定2段のGoogle Adsence広告を、わざわざ4段に設定変更してるとか。
  (「RMT業者からの広告料がほしい」って解釈できちゃいますよ?)

そりゃあかんわ……。



■某氏のBOT容疑について
当時、ハエ連打して狩りするだけでBOTと誤認される恐れがある時代だった中で、BOTがいてもおかしくないMAPで全力のハエ狩りとかやっていたわけで……。
それに対して何の防護策もしていなかったのでは、BOTと間違えられても仕方ない……。

当時から相当なやっかみを受けていたのはわかっていたでしょうし、動画で狩りの様子を撮影するなり、狩り効率のブログ記事とか書いたりしとけば話はぜんぜん違ったはずなのに。


私は、氏の育成当時、育成方法について時計塔前でご本人から伺いました。
 『WSの育成で、ハエ連打の時計廃屋CR狩りをしている』
 『金銭効率と重量効率の観点から紅ポをつかっている』
 『紅ポにするとドロップアイテムも使用できるので都合がいい』
 『1時間の収集品合計額を考えると、紅ポでも赤字にならない』
まさにこの内容を! 当時のブログに書いていれば……ッ!!
ついでに他キャラの育成についても書いていればッ!
BOT疑惑の有無は全然違ったはずなんです。



■脅迫に参加したことはない
あの当時の旧Hrothvitnirで、エース級ユニットして攻城戦に参加していた事そのものが、お芋様の発言に実行力を持たせていたわけですよ。
そこを何とも思っていない時点で、貴方が鯖全体に与えた負の影響を全く判っていない事がわかりますし、当時の一連の行為に怒りを覚えている旧Heimdal民の一部には一生許されないのではないかと思います。



当時の下書きここまで。

もはや本人引退しているはずなんで、今更どうでもいい記事ではありますが。
彼が「あらぬ疑い」をかけられていたって見解も見出せればと。


疑惑がひとつだけだったらまだしも、
 1. RMT疑惑(メギン資金の疑惑)
 2. BOT疑惑(BOT全盛期にBOTマップで全力ハエ狩り)
 3. 脅迫加担疑惑(当人自覚なし)
とトリプルパンチだったのが厄介でしたね。


ちなみに当時のTSで彼に声をかけなかった一番の理由は冒頭にも書いた通り、『彼の装備が強すぎて、ギルド全体が彼の引き立て役になってしまいかねないから』でした。
(もちろん風評問題もあったんだけど……)

現在のように人数減少のご時勢だったら、だいぶ違うのかもしれませんね。



減ったプレイヤーは基本帰ってきません。
現役プレイヤーの皆様は、仲良く・末長くROをお楽しみいただければと思います。

ヘイトは引退者にでも集中させときゃいいよ!

t_takaya at 23:30|この記事のURLComments(0)Heimdalの話 

2016年11月19日

他勢力に配慮するとかしないとか(笑)

2014年02月〜04月の攻城戦レポを公開しました。
攻城戦当日に書いて下書き保存。非公開設定にしていたヤツです。
 ・2014年02月の記事
 ・2014年03月の記事
 ・2014年04月の記事
時代背景的には、TSと神曲さんで体験同盟をやってたあたり。
戦力規模的には、記事中にもあるけど斬首>IS≧烏>うち>黒葉≧PPくらい。
興味のある方はどうぞ。当時を回想する一助になれば幸いです。



さて。

『他勢力に配慮とか必要ないだろう。
 勝利のために取れる手は何だってやるべきだ。
 自分たちがやりたいようにやればいいんだ』


といった意見を耳にします。
(だいぶ昔に耳にしてました)


『自分たちがやりたいようにやればいい』
ってのは、まあ理解できる意見ではあるんですが……皆がやりたいようにやってしまって、やりすぎてしまうと戦いが成立しなくなっちゃうのも事実だと思うわけです。
楽しく戦うためには、どこかで線引きが必要になると思うのですよ。

本当にやりたいようにやってるのは、完全に戦いを放棄してるFantasiaさんくらいでしょ。


んで、この場合の『線引き』ってのは、言いかた変えると『配慮』なわけだ。
相手同盟を退けるために、どこまでやってOKで、どこからがダメか。
皆さんの多くは意識してないと思うんですが、少なからず配慮はしているはずなんです。
その配慮をどこまでするのかが個人・同盟で異なるから意見が対立する、と。



『いやいや、そんな事ねーよ。
 俺らは他所に配慮してねーから』

って思われる方も多いでしょう。

……そんな事はないんです。
考えても実行に移さない(または考えつかない)ってだけで、『誰も使ってないけども他勢力に対して戦場で優位に立つための手法』はいろいろあるんですよ。

 ・ポタ子の引き抜き。ポタ子への嫌がらせ。
 ・エンブレムを全面透過色に設定。
 ・敵対勢力のベースキャンプのポタを利用して転戦先を把握。
  (下位相手に粘着して意欲減衰させるために使う)
 ・ベースキャンプでランドプロテクター(ポタ封じ)
 ・ベースキャンプの復帰地点にアイスウォール
  (死に戻りをランダム座標に飛ばす)
 ・相手のポタメモ座標にピンポイントでアイスウォール。
  (ランダム座標に飛ばして砦前集合を遅れさせる)
 ・砦前アイスウォールで砦の入口を封じる。
 ・複数キャラ設置によるきのこ&トーキー防衛。
 ・砦前カイト(笑)
 ・(対策されたけど)取引要請をだす(笑)


ざっと思いつくあたりでもこの程度はあります。
人によっては、過去にやられた(やった)覚えのある行為もあるかと思います。
「仕様上許されることなら何やってもいい」って見解の個人・同盟なら、これらの行動を採用していてもいいはずなんですよね。

アイスウォール系の妨害は、常時やってりゃ進行妨害でBANされるかもしれません。ですが、マスター単独で飛んでいる終盤派兵時間に一瞬仕掛けるだけだったらBANまではいかないでしょうし、多少の行動で絶大な効果が得られるんじゃないかと思います。
(Heimdal時代に旧Hrさんと戦うために、同盟を脱退してまで単独でアイスウォールを仕掛けてた方がいましたが、BANはされてなかった気がします)



上のを見て『バカか! そんな妨害行為やらねーよ!』って思う方も多いでしょう。
それが正常な思考です。
そして、その『やらねーよ』こそが、『相手に対しての配慮』ってヤツではないでしょうか?


まあ、そんなこんなで。
もし配慮云々で議論をするのであれば、
「どの同盟も、相手に対して
 程度の差異はあるが、
 何らかの配慮をしている」

という事を前提に考えるべきなんじゃないかと思う次第です。

「配慮している」ことを前提として、「どこまで配慮するか」ってのを論ずるべきじゃないかと。まあそんな感じに思うわけですよ。
議論するなら……ですが。


……しませんね。議論。


そんな感じで。続きを読む

t_takaya at 23:30|この記事のURLComments(0)

2016年10月23日

蔵出しメモ3:最強勢力にもの申す

むかーしむかしー、まだSE砦がなく、FE砦のみだった時代。
当時のTSが、「旧Hrさん(当時の名称はPAさん)が着陣したら即転戦する」という指揮判断をしていた時代……の下書きが発掘されました。

記事内容から察するに、2007年の初頭。
TSの中身人数35人。当時の大手であるTBSさんや海胆さんが、それぞれ80キャラ規模だった時代のようです。すげえ人数だな。

以下追記で。続きを読む

t_takaya at 01:04|この記事のURLComments(0)

2016年09月27日

転戦先を選択する際の考えかた

ギルド「Top Sword」で活動していた時は、次に行く砦の選択を一任されておりました。
各地に飛ばした偵察からの報告と、報告者のオススメ度合いを加味したうえで、どの砦に戦いに行くかを最終決定するって担当ね。
FE時代からだから、たぶん8年間くらいやってた。

砦選択のときは、だいたいこんな順番で考えてました。
1. 試したい防衛布陣がある場合や商業値目的の場合、開幕から防衛。
2. 開幕防衛でない場合は、攻め先を求めて偵察スタート。
  攻め時は各砦の状況を把握。攻め手なしの防衛砦があれば攻める。
 2-1. 複数候補がある場合は、なるべく近い戦力規模を優先。
 2-2. その週で既に蹴散らした下位勢力の所には行かない。
 2-3. タイマン会場には極力乱入しない。
    (その週で何度もタイマン妨害してきた相手には例外もあり)
3. 攻め時、こちらのEmC前に別勢力が既にEmC済みで攻めていた
  場合はなるべく撤収する。
4. 攻め時、こちらのEmC後に別勢力がEmCしてきた場合、排除戦を
  仕掛ける。その際、防衛側勢力・防衛施設は無視する。
5. 排除戦が劣勢な場合は偵察を出す。良い砦先があったら転戦。
  排除戦が優勢な場合は相手転戦まで平地戦を維持。
6. 攻められる手頃な砦がない場合は防衛につく。
7. 防衛時、圧倒的な格上勢力が来た場合でもとりあえず一度は交戦。
  (その週に対戦済の場合は無条件放棄する場合もある)
8. 砦選定には、所属メンバーの私情なども考慮に入れる場合がある。
9. 21時30分以降は確保目的の時間。上記設定は一切考慮しない。

砦決定後にマスターがEmCをするまでの行動が超早かったこともあり、『別勢力が先にEmCして攻めているのに、遅れてやってきたTSがEmCして平地戦を仕掛けてきた』って状況は、ホント少なかったんじゃないかと思ってます。

自分らがタイマンしたいなら、他所にもタイマンさせてあげないとね!


……でまあ、その経験をもとに。
隠居当時の各勢力の砦選択担当の立場だったら、どういった条件で攻めや守りを行うのか。どう考えて転戦先の砦を選択するのか。つーかあいつらなんでいつも防衛せずに攻めしかしねーのか。好き勝手に脳内妄想してみました。


以下追記で垂れ流し。続きを読む

t_takaya at 00:00|この記事のURLComments(6)

2016年09月16日

旧Heimdal時代の一強対策

いまさらどこにも需要がない気もしますが、2013年11月〜2014年01月の攻城戦レポを公開しました。
攻城戦当日に書いて下書き保存。非公開設定にしていたヤツです。
 ・2013年11月の記事
 ・2013年12月の記事
 ・2014年01月の記事

当日公開にしなくなった理由はこのへんの記事にあります。

2013年11月〜2014年01月ってーと、時代背景的には、
 ・2014年08月にどやISさんが結成した直後。乱入頻発。
 ・烏さんとNVさんが組む前。それぞれがSE下位勢力。
 ・各勢力の実力は、斬首>>黒葉>IS>うち≒PP>烏≒NV。
 ・2014年1月19日に烏さんとNVさんが同盟開始。
だいたいそんな感じ。
興味のある方はどうぞ。当時を回想する一助になれば幸いです。



さて、前回記事で書いた『旧HeimdalでのHrさん一強時代』の話。

前回記事で書いてた、
>> 『そもそもThor時代は最大勢力(たぶん斬首さん?)が強すぎて、
>> 守ってても、そのうち蹴散らされることが確定している。
>> 長期防衛なんて夢また夢。どこの砦も商業1が当たり前。
>> そのため、どの勢力もあまり守りたがらない。
……って話。
「ぶっとんだ唯一の最強勢力が、攻防勢力もろとも蹴散らして突き進んでいく」という部分だけ見れば、冷静に考えりゃ旧HeimdalでもHrさんによる一強状態がありました。

Hrさんにはそれなりに対抗できた(こともある)のに対して斬首CSJさんに対抗する気がさらさら起きないってのは、どのへん違うのかなー……と。
『なんで旧HeimdalではHrさんに対抗できていた(こともある)のか』を分析すれば、Gimleで斬首CSJさんに対抗するための手法が見えてくるかもしれない!


ということで、思考結果だけ最初にまとめておくとこんな感じ。
 1. Hrさんは少数精鋭だった
 2. 防衛優位な時代だった
 3. 他同盟との協力関係があった
 4, ワールドエクスチェンジでいなくなった
以下、追記で細かく。続きを読む

t_takaya at 00:00|この記事のURLComments(0)

2016年08月26日

タイマン脳

隠居しても「拮抗した戦力のタイマンが面白い」っつー話をたまに思い出します。
かねてから何度も記事にしてたやつね。

まあ、
 「スポーツGv(笑)」とか
 「戦闘なのに対戦相手に配慮(笑)」とか
いろいろ嘲笑されてたとは思います。


ですが、なんだかんだでHeimdal時代は、SEでやりあってた同盟の多くは「戦力が拮抗すること」「タイマン」の面白さについて、それなりに理解されてたと思うんですよ。
(独自スタイルのFantasiaさんは除く)

それに対して、なんでGimleは毎週毎週1個の砦に集まっちゃって、もう全くタイマンどころじゃないのが普通になっちゃったんだろうか、と。
鯖統合してから隠居までの3年間、それが疑問でならなかったわけです。


以下、続き。続きを読む

t_takaya at 00:00|この記事のURLComments(0)

2016年04月01日

エイプリルフール!

エイプリルフールにかこつけて好き放題書く、年に一度のチャンスがやってきた!

隠居してそろそろ1年になりますが、たまーにPC起動してIRCチャンネルにINすると、
 ・勢力間の規模差がどうとか。
 ・タイマンが邪魔されるとか。
 ・乱入うぜえとか。
まあそんな感じの話を、大なり小なり耳にします。
なんだよ状況変わってねーのかよこの糞鯖。


皆様それぞれが思うところはあると思うのですが。
隠居してる人間から言わせていただくと、
『外に発信しないと、相手勢力には伝わりません』ので。

何か少しでも改善できれば〜……と思っている方は、思っているだけではなくて、なんらかの行動に出てみてはいかがでしょうか?


相手に伝える手法の候補としては、こんな感じ。
 1. 相手同盟と直接話をつける。
 2. ブログやSNSで公開記事を書く。
 3. SNSで身内記事を書く。ギルド上層部に不満を伝える。
 4. 匿名掲示板になんか書く。

以下、細かく。続きを読む

t_takaya at 00:00|この記事のURLComments(2)

2016年02月28日

蔵出しメモ:2 「決着までの戦闘時間」

領収証とか整理してたら、去年と今年の電気代が毎月平均3000円ほど違うことに気づきました。たかやです。
1年前は常時PC2台を起動して露店(買取露店)だしてたので、それがなくなると電気代がえらい変わるもんだ。
月額課金とあわせて毎月6000円のお小遣いが増えちゃうじゃないですかーやだー。


現在ではあてはまらない情報かもしれませんが、古いメモ発掘の第二弾。
今回は「決着までの戦闘時間」に関して。
続きを読む

t_takaya at 22:00|この記事のURLComments(2)

2015年12月01日

蔵出しメモ:1

デスクトップに10年くらい使ってるテキストファイルがありまして。
  ・ブログの記事の下書き用途とか、
  ・製造・製薬成功率のメモとか、
  ・狩場時給のメモとか、
その他いろいろ雑多にメモしているわけです。
先日そのテキストファイルを整理してたら、昔のメモがいろいろ出てきたので掲載してみようという企画。

時期的には、SE実装前に旧Hrさん(当時の一般名称はPAさん)が猛威をふるっていた時代のものです。
SE実装が2008年だから、今から7〜8年くらい前のメモかねえ?

以下↓↓↓続きを読む

t_takaya at 00:16|この記事のURLComments(4)