2005年07月27日

工業用潤滑油データベース構築中

「またかよ?暇人」って声が聞こえてきそうだが、
会社のサイトの一部として、
工業用潤滑油データベース[海野石油]を作ってみました。

 前々からサイトを作り直そうと思っていたのだが、ようやく重い腰をあげる事に

 面倒なのでブログベースで作っちゃいます。
「いや〜、ブログには無限の可能性あるぅ。」って、ちょっと大げさ。

 実はちょっと闘志がメラメラと燃えてきた理由があってね。(^_^;)

最近は、ライブドアじゃなくて、 にハマっている。
理由はいくつかあるが、それは内緒なのだ。(^.^)   

Posted by t_unnya at 08:21Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月26日

ヘルメット型マウス

 「色んなモノをマウスにするもんだなぁ〜」と呆れて、いや感心してしまいます。

 じゃーん。
阪神ヘルメット型マウス 中日ドラゴンズヘルメットマウス
デザイングランプリ マウス / シンプソン スーパーバンディット デザイングランプリマウス DAIJIRO REPRICAカラー:レッド光学式マウス  
Posted by t_unnya at 10:30Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月22日

「サマージャンボ」宝くじを買った

性懲りもなく、サマージャンボを買う。
最近、換金率が10%だ。

とりあえず、バラ20枚、6000円分購入!!
「1等が2枚入っていないかな?」(^.^)

「あっ、今日は仏滅じゃんかっ!!」「やっちまった。」
って、大安の日に買っても当たらないから同じだ。(^_^;)   
Posted by t_unnya at 20:01Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月20日

自動車用語事典をwikiで作ってみた。

「またかよ?」って声が聞こえてきそうだが、
会社のサイトの一部として、
自動車用語事典[海野石油]を作ってみました。

wikiは初めてなので全然分かりません。
「誰か教えて〜!!」

でも、そのうちに自社レンサバにPukiWikiでもインストールしてみようかし?

wiki文法も分からないが、イマイチまだシステムを把握仕切れていない。(^_^;)ナハハ  
Posted by t_unnya at 08:39Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月19日

2005年07月17日

映画「オーシャンズ12」を見たのだ。

オーシャンズ12 映画ばかり見ていて暇人に思われるのは癪(しゃく)だが、見たからにはインプレッションする。
 これは「オーシャンズ11」の続編だ。オーシャンズ11は面白かったが、オーシャンズ12はストーリーがイマイチ。
 というか、期待しすぎた感もある。出演者は11に続き豪華だが内容が・・・。
 なので、決してオススメできる映画ではないが、暇ならオーシャンズ11とセットでいかが?って感じです。
  
Posted by t_unnya at 08:40Comments(0)TrackBack(2)

2005年07月16日

映画「ボーン・スプレマシー」を見た。

 この映画はスパイアクション映画「ボーン・アイデンティティー」の続編だ。当初はDVDを買う予定だったが、予約するのを忘れたので、レンタルしてきた。
 アクションとカーチェイス(ベンツのゲレンデワーゲンがグチャグチャに・・・・・・勿体ない。)は見応えがあるが、進行がやや強引な気がする。それと誰が黒幕で一番悪い奴かが分かりやすすぎる。もう少し難しくてもいいのでは?と思った。
 総じてまあまあ面白い映画だろう。

  
Posted by t_unnya at 15:00Comments(0)TrackBack(3)

2005年07月15日

Googleアドセンスの小切手

 先日、うちに一通のAIRMAILが届いた。いかにも怪しい感じがプンプンした。「どうせ海外の宝くじとか何かだろう?」と破く寸前に差出人を見たら、Google.comだった。
 「あっ、Googleかぁ。」 そうなのだGoogle AdSense(グーグル アドセンス)の報酬支払いの小切手が送られてきたのだ。
 US107.9ドルの小切手だ。「うひょー、外国の小切手だ。」 喜ぶのもつかの間。「でも、どうやって換金するのか?」と疑問に思い調べてみたら、都市銀行あたりで何と換金手数料が3000円以上もかかる事が発覚!! 100ドルの小切手でその手数料では割に合わない。
 が、そんな事では諦めない。ありました、救世主。外貨交換サービスを行っている会社が。
Get2Cash! という会社だ。「初めての方へ」を熟読し、申し込んでみた。手数料プランが色々あって、僕は支払い30日以内、手数料0ドル、換金率95%を選択した。これなら9000円近く手元に入ってくる計算だ。
 こうして、Googleアドセンスの小切手は換金会社に送ることに。仮に怪しくてどこかに行ってしまっても、元々あぶく銭なので諦めがつく。
 ってか、「その前にGoogleさん、もっと良い方法に変えてください。」
  
Posted by t_unnya at 18:55Comments(0)TrackBack(1)

2005年07月14日

マニアックなカー用品を紹介するブログ

会社のサイトの一部として、
マニアックなカー用品を紹介するブログを作ってみました。

通販サイトは管理が面倒なので、アフィで行きます!!
「ずるい」かな?  
Posted by t_unnya at 11:33Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月10日

愛・地球博に行ってきた。

メイとサツキの家 基本的に混んでいるところは嫌いなのだが、話の種に行くことにした。7/9(土)の夜、静岡はJRが止まるほどの大雨。そんな中、高速に乗って名古屋方面を目指す。これが本当にものすごい雨で高速道は50km/h規制。みんなそれ以下の速度で走っている。通行止めになるかギリギリのラインだっただろう。部分的には排水が追いつかず水たまりになっているところあり、ハイドロプレーニング現象と戦いながら、悪視界の中一人ぬわわkm/h〜で走る。4WDは雨でも安定して走る。ひどい雨は牧ノ原あたりまでだった。そんな雨でも2時間で目的地に着いた。どういう走り方だ?
 豊田市内のビジネスホテルを予約してあったので、そこで一泊。翌朝万博会場に向けて出発。昨日の天気が嘘のように曇り時々晴れ。逆に蒸して暑い。
 通常マイカーで来た人は、指定された4つの駐車場からシャトルバスで会場に向かう。僕は穴場を見つけたのでそこへ停めた。トヨタ自動車本社従業員用駐車場で休日無料解放。そこから電車(430円)とリニモ(160円)で会場入りする。公式?駐車場が1日3000円の駐車料金なので、3人以上ならそちらの方が単純に言えば(混雑を考慮しなければ)得だろう。リニモに乗ってみたかったので、ちょうど良いのだ。リニモは想像以上に乗り心地が悪かった。もっとすう〜っと動くと思った。意外と振動がある。
 2駅で会場の万博駅だ。9:00に到着する予定だったが、9:30になってしまった。入り口ゲートはすでにものすごい人。ボディーチェックがあるので入場には時間がかかるのだ。係員の指示に従って一番空いているゲートに並ぶ。近い所は混雑。係員の指示通りに動くのが最適らしい。
 やっと会場入りできたので、一番人気の日立館へ向かう。なんと5時間50分待ち。噂には聞いていたが・・・、そんなに待つのは無理。諦めてトヨタ館の整理券をもらいに行く。行ったら「次の整理券配布は14時です。」整理券がないと入れないのでまた諦めて、電力館に行った。70分待ちだったが、仕方がない。脇で大道芸みたいなパフォーマンスをやっていたので待ち時間は短く感じた。電力館自体は別に大したことはなかった。次に隣のJR東海超伝導リニア館に並ぶ。60分待ちくらい。3Dシアターを見て、リニアモーターカーMLX01-1に乗ってみた。(車内を歩くだけ) これが車内が異常に狭いのだ。このまま実用化されないことを祈る。
 そうこうしているうちに13時近くになったので、14時配布開始のトヨタ館の整理券をもらいに行った。ところが「すでに並ばれているお客様で整理券は終わりです。」との案内。暇な日本人に呆れる。あとは整理券の必要がない夕方からの先着公演しかないのだ。再び諦めてお昼ご飯を食べ行った。グローバルコモン6で台湾料理を食べる。冷麺セット(1500円)を頼んだが食べきれない量だ。味は普通。レストランも並ぶので予約できるレストランにするか、回転の速い食べ物にするかだろう。
日立グループ館 昼食後、そこから割と近いサツキとメイの家を見に行った。はがきで予約しないと中には入れないのだが、遠くから眺めることは可能だ。(上記写真) 周遊コースを20分くらい歩いて、再びトヨタ館に戻る。17:50の回に並ぶためだ。14:30頃から並ぶと係員が言っていたので。で、並んでいるところに行ったら、「西日の中3時間ほど待つことになります。」と案内された。その言い方が「今から並ばなくても最終の回の方でもっと短時間待ちで入れますよ。」と言っているように思ったので、トヨタ館に並ぶのを辞め、180分待ちまで減った日立館(左記写真)に並ぶことを決意した。決意しないと並べないのだ。最初の一時間は暑くて死にそうだった。かき氷やジュースを飲みながら待っていた。結局約2時間30分程で入場できた。ネタバレするから書かないが、さすがに一番人気。面白かった。
 日立館を出て、すぐ隣のトヨタ館では、すでに最終回公演分20:20の列が出来ている。2時間ちょっと待てばいい計算だ。「やはり17:50の回に並ばなくて良かった。」と実感。座り込みしながら待っていたら、1回前の公演に入ることが出来た。「ラッキー!!」 やはり日頃の行いのいい人達は違う。結局1時間30分程の待ち時間だ。従業員の口ぶりから何となく想像したのが的中。トヨタ館も3番人気のパビリオン。これもなかなか良かった。「あのロボットは凄いです。」
 予定よりも早くなったので、お土産店を物色。これが異常に混んでいる。もみ合いだ。お土産は待ち時間を利用して抜け出して買うか、朝一で買ってコインロッカーが良いかもしれない。
 21:00前に会場を後にする。こんな時間でもパビリオンはまだ長蛇の列だ。帰る人も多くリニモの駅は大混雑。それを予め予想していたので帰りの切符は敢えて買わなかった。そうなのだ、意外と穴なのはシャトルバス。万博八草駅までのシャトルバスはガラガラ。リニモで帰るよりもはるかに早そうだ。
 と、初めて行った割にはかなり戦略的な周り方が出来た。\(^^)√ 帰りはそのまま伊勢湾岸道の豊田東ICから静岡へ。途中浜名湖SAで自分のうなぎパイを買って帰る。帰り道軽い貧血と戦いながらフラフラ静岡へ。約2時間ほどで無事に到着。X3のサスペンションをBILSTEINに替えたらものすごく乗り心地が良くなった。快適クルージングが出来た。

 出来れば空いている日に行きたいが、それはもう無理だろう。僕らはトヨタ館と日立館に入れたので割と満足なのだ。ちなみに、仮に待ち時間0分でも全てを1日で回るのは不可能だろう。

 7/10(日)は曇り時々晴れ 最高気温31.4℃
 入場者数 72,560人(11:00) 108,026人(16:00) 122,892人(最終)

意外と空いている日曜日だったらしい。(^.^)

愛・地球博万博公式ページ

入場者予想カレンダー

過去の入場者数 中日新聞社発表
  
Posted by t_unnya at 09:38Comments(0)TrackBack(0)