2005年02月01日

Y先生の初診察(回想)

Y先生に初めて診ていただいた。

Y先生は
・一度市民病院で肝生検を含む精密検査をするほうが良い
との見解だったが
私の仕事の都合もあり、それは直ぐには無理だと話をした。

Y先生は
「ウイルスを含む精密検査の結果によってはウイルスを根絶できる場合もある」
との見解だった。
# これについては私の知識の中では初めて聞いたお話だった
# 現在まだB型肝炎キャリアのウイルスを根絶できる治療方法は確立していない
# 私はそう思っている

私はY先生に
「これまで無症状で過ごしてきたので、これまでどおり経過観察をしたい」
と告げると
Y先生は
「それも一つの考え方で間違ってはいない」
「ただ、本当は時間を作って精密検査をするべきだと思う」
とおっしゃった。

肝臓の現在の状態を一番確実に診断できるのは「肝生検」であることは理解している
ただ「肝生検」は絶対ではないとの意見が多いことも知識として知っている。

Y先生と相談の結果
「造形剤投与にてのCT検査」をすることとなった。
# CTは市民病院に紹介状を書いていただいた。
# 血液検査の採血をしていただいた。

ta_da at 23:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔