2005年07月04日

実は情けないのです

インターネットの普及で「有益な知識」は各々の判断で簡単に手に入れることができる。
本当にありがたいことである。10年前には本屋さんに行っても調べられなかったはずだ。

私が「HBVと徒然に」を書き出したのはカッコの良い理由では無い。
正直のところ私は「B型肝炎ウイルスキャリアということが怖い」のだ。
肝炎を「発症」をした場合は10年前に比べれば薬により対応が可能とはなってきている。
しかし「完治」を医学的処置で実現することは、現在は不可能だ。
だから、どうしても先の不安がある。

昨年より何人かのB肝キャリアの方が発信されているWebサイトやブログを拝見している。
「あ〜〜、今日も皆さん元気でがんばっていらっしゃるなぁ」と安心できる自分がいた。
だから私もそんな1人になれたら良いなぁとの思いがあった。

それに結構「細かい」ことが気になる。
お酒、煙草、食事、運動、睡眠、検査間隔、検査結果、感染予防・・・etc
実はなかなか「細かい」ことって情報がない。それになかなか聞けない。
だから「自分の場合は。。。」みたいな情報発信をしたいとの思いもあった。
# そしたら誰かが情報をくださるかもしれない。

これが正直な気持ちだ。。。
# ただ自戒コメントは役に立つ、禁煙にチャレンジできたのは大きな収穫だ。

※ 煙草:0本
※ お酒:なし

ta_da at 23:00│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 名無しのわんこ   2010年11月13日 21:35
B肝母子感染のキャリアです。結婚もしているし子どももいます。お酒も飲みたいときには飲んでます。そんなにはのみませんが・・・・・気分で飲みたい時に少々。旦那は心配しながらも、仕事もさせてくれているし、恵まれた環境かもしれません。
3ヶ月に一度の血液検査、半年に一度のエコー検査はかかしませんが、それ以外は特にきにしていません。現代医学は発達しているので、子どもはキャリアではありません。出産直後に子どもにはワクチンをうちました。

数値が安定しているなら、あまり、気にしなくていいとおもいますよ。普通にしていればいいのでは
、発症時期わ調べる為の検査なのだから、異常がわかった時点で、考えればいいのではないでしょうか?今、現在、数値が異常なら、考えたほうがいいんと思いますが。

母もキャリアですが発症しませんでした。年齢が上がるにつれ、検査では、なくなったといわれたそうですが、ドクターによると、検出されないくらいにウイルス数が減っただけのことらしいです。
ちなみに祖母はまだ元気で、高齢のためか、B肝キャリアという自覚はありません。

発症するかしないかなんて分からない、楽しく生活しましょうよ。禁煙がんばったのですね。すごいです。うちの旦那はやめられそうもない・・・・健康の為にやめて欲しいのですが、本人が思わないと無理ですね。子どもをだしに使ってます。
2. Posted by ta_da   2010年11月14日 17:42
名無しのわんこさん、コメントありがとうございます。

幸いに数値も今のところ安定しているので
普通に穏やかに過ごすことが出来ています。(^^ゞ

この記事を書いた当時は
チョット神経質になっていた時期でした。
お心遣いありがとうございます。

禁煙は
このときは1年ほどで挫折しました。(T_T)

先般の大幅値上げに対抗して
9月4日より禁煙しております。

今回は挫折しないように頑張ります!!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔