November 14, 201816:33【白馬WH】ネイティブ講師のJ先生
PermalinkComments(0) 留学生活のネタ帳 
「説明会開催・東京11/18(日)、大阪11/17(土)」ご予約受付中
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
-------------------------------------------------------------------
今朝は暖かくて半袖、ランチタイムは肌寒くてパーカーを羽織り、
午後はまた暖かくて半袖という、なんともNZらしい1日でした

さて、今週からプログラムがスタートしている【白馬WH】
IMG-3804

※上の写真は実際に2016年の白馬WH参加者に会いに訪れたときのもの!

今年はNZから黒子として参加させてもらっている私と、
現地・白馬でネイティブ講師として参加するJ先生とで、
先週最終ミーティング(もちろんネット上で!)をいたしました

J先生は、ニュージーランド出身で、
現在白馬で3人のかわいいお子さんの子育て中

各レッスンの最終的なすりあわせや、私の方からは
「日本人として知らないこと、教えてもらいたいこと」

などに特にフォーカスを置いて話をさせてもらったのですが、
J先生の強みは、彼女自身が日本語を勉強中なので、
「外国語を学ぶ難しさ、もどかしい点」を良く理解してくれているということ
(彼女は漢字に音読み・訓読みが存在し、しかも意味もたくさんあること
に相当苦戦してるとのことです

だからみなさんが苦戦する気持ちどう説明したら親切か、など
きっと良く分かってくれるはずですよ

特に「スピーキングの難しさ」
「書く能力とスピーキング能力は別物」
ということをしっかり分かってくれているので、
私たちの「ちゃんと書けるのに、口で話すと伝わらない・・・」
【話すためのライティング特訓】で対応してくれるでしょう

あとは、私のJ先生の印象は
「いっぱい笑い、ノリノリで話に付き合ってくれる」こと
あんなに笑いが詰まったミーティング、初めてかもしれません

これから4週間、みなさんが同じ目標に向かう仲間たちと一緒に、
いっぱい笑って、毎日充実感いっぱいな気持ちで1日1日を過ごせますように。

【私達が頑張るあなたを応援します】
IMG-3810

※そういえばこのとき、雪道に慣れていなかった私は、
片側を白馬WHの生徒さん、もう片側をホテルのオーナーに抱えてもらって
雪の上をヨロヨロ歩きました


November 08, 201807:12【掴みネタ】キウイ女性と絶対盛り上がる話題
PermalinkComments(0) 留学生活のネタ帳 
「説明会開催・東京11/18(日)、大阪11/17(土)」ご予約受付中
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
-------------------------------------------------------------------
こんにちは
もう街もお店もクリスマスの飾り付けで溢れていて、
「も、もう?!」という気分のオークランドです

さて、今日は「キウイってどんなこと話すの?」という
素朴なギモンについて

至って個人的で、限られた範囲の話しになってしまいますが、
私がキウイ(20代後半〜40代前半)の女性
に限って言えば、

仕事している人:「今どんなプロジェクトをしているか」
「どんなお客さんがいるか」「年末年始ホリデーはどれくらい取れそうか」

なんていうのが定番で、意外なのは「結構気軽に詳細をシェアしてくれちゃう」
ということ


むかーし日本で英語を習ったときに「職業を初対面の相手に聞いてはいけません」
と言われた気がするけど、NZの人は結構早い段階で"So, what do you do?"
聞いてくるし、向こうも「〇〇にある〇〇会社で働いてるんだ」と会話に入れて来ます。

ただ、フォーマルなパーティなどでお仕事の話をするのは基本的に
あまりよろしくない
とされていて、そういうとき「何を話せば
と頭の中がグルグルするのは、キウイも同じ模様

仕事していない人:「今日これからなにするの?」
「今日これまでなにしてた?」「年末年始ホリデーどこ行くの?」

ここで分かるのは「ホリデープランについて聞く、話すのは、相手関係なく
誰でも盛り上がりやすい」
ということ

ただ、今日の予定なり、ホリデーのプランなり、"Nothing"と答えると
そこで会話が終わってしまうので、"Not sure yet, but...."
相手にアイディアを求めるとか、「こうしようかな」と理想を話すとか、
何かしら続ければ会話が広がっていくのは、日本人でもキウイでも一緒

そしてここ1年ほど、イベントがあるたびに絶対話題に上がり、
そして議論なり、自分なりの見解を述べたり、テレビからの情報を
披露することになるテーマが・・・

Meghan Markle 

そう、ハリー王子と結婚したメーガン妃のこと
meghan

結婚前からメーガンの女優としてのゴシップにドラマの評判に、
彼女の過去の夫や風変わりなファミリー、結婚後は女王陛下との関係性に、
イベントでの態度やファッション、そしてティアラを付け忘れたこととか、
もう話題に上がると、みんな話し止まらない

あ、でもこの話題に食いつくのは女性ばかりです。
男性は「メーガンは美人だよね」くらいで、それ以上広がることはありません

NZは特にイギリス系の国だから盛り上がるというのもあるんでしょうね。
言葉の勉強だけではなく、こういう「話が盛り上がりやすいネタ」
にもアンテナ張って、英語学習を続けていってくださいね


October 24, 201813:36【引き寄せ】The law of attraction
PermalinkComments(0) ピリ辛スタッフのひとりごと 
「説明会開催・東京11/18(日)、大阪11/17(土)」ご予約受付中
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
-------------------------------------------------------------------
こんにちは。
ここ数日は、日中20度を越す陽気です。
ただ朝晩は「あ〜寒い」と上着を重ねる肌寒さなので要注意

さて、前回「シャンパンタワーの法則はキウイには当てはまらないのでは?」
と書いてから、「キウイの思想」についてすごく気になってしまいました

そこで、周囲の各世代(20代〜70代男女家庭持ち、仕事持ち色々)
男女色んな人に話を降ってみました

宗教も持たず、スピリチュアル方面もなんだかうさんくさいと思っている
私が唯一信じるもの、それが「引き寄せの法則」(十分スピリチュアルか?)。

英語では"The law of attraction"と言います。
数年前に"The secret"という本で一気に有名になりましたよね

上記の本の影響で、信じるか信じないかは別にして、
ほぼみんなが知っているThe law of attraction。
そこをどう考えているのかをうまーく話の流れに乗せて振っていくと、

キウイ、意外とそういうの信じていない

ロト(宝くじ)で「今週の1等は◯◯ミリオンです〜」と
大盛り上がりする国だし、不動産価格高騰ドリームをつかんだ人も
たくさんいるから、てっきり「もちろんよ、今までどっかり引き寄せて来たわ」
的な回答が来るかと思いきや、みなさま予想に反して現実的

20代の若者たちも「大金持ちになりたいね〜あはは〜」な程度で、
「引き寄せね〜、そんなことあったら最高だけどね〜」な感じ

とくに大多数と話していて感じたのは、
「運命に身を任せる主義」な印象。

現実主義とはまた少し違って、
「良いことも悪いことも、まあそんな感じ。
ラッキーかアンラッキーかの差だよね。」
Let it be主義
IMG-3306

そういえば、日本人的に「うおおおお、許せぬ!」という事態でも、
キウイは「アンラッキーだったわあ」で済ますし、
たぶんアメリカ人なら(すみません個人的印象です)「私の功績です」
と言いそうな場面でも、キウイは「ただラッキーだったのよ」と言う。

こうやって考えると、キウイって全体的に
「肩に力が入っていない」生き方をしてるのかも。
だからこの国にいると私も楽なのかも

そんな「流れに身を任せとけば良し」な国で、
ギラギラ「引き寄せるよなテンションで生きる私ですが、
それはそれで、周りのキウイたちがとても興味を持って話を聞いてくれます

英語講師としても「強く思えば叶う」を信じて欲しいしね

こういう話を、異文化に生きる人たちとすることが大好きです

October 18, 201806:23【生き方】NZ人のシャンパンタワーの法則
PermalinkComments(0) モチベーションUP 
「説明会開催・東京11/18(日)、大阪11/17(土)」ご予約受付中
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
-------------------------------------------------------------------
まだまだ肌寒い春が続いています
真冬同様、毎日マヌカハニーで風邪予防です

さて、先日日本人主催の「子どものやる気を引き出す魔法の質問」
という講座に参加してきました。

私がこの講座で印象に残ったのは、子どものためというより、
(結局は子どもや家族に繋がるものではあるんですが)
「自分を満たす」ことの大切さでした。

いくつか質問に答えていきながら進めていく講座だったんですが、
その中のひとつに「シャンパンタワーの法則」というものがあって

あの、ホストクラブとかにあるシャンパンタワー想像してください。
ピンクのドンペリ注いじゃうアレです
champagne

あれって、一番上から注いでいって、上がいっぱいになって溢れないと
下までシャンパンが届かない
ですよね

それは私たちにも当てはまることで、1番上のグラスは自分
そこから下は人によって順番が変わるかもしれないけど、
大体2段目は家族、3段目は友人、4段目は会社の人だったり、
地域の人だったり・・・。

「自分が満たされていないと、周りの人を満たせない」
という、理論のバックアップとして使われたシャンパンタワーでしたが、
「当たり前のことなんだけど、改めて考える事なかったなあ」
と思いました

日本人の両親に育てられ、日本の社会で生きて来た私にとって、
「自分自身や自分の家族よりも、まずは周り(の目)を気にしろ」
な文化が当たり前でした(私個人の受け取り方ですが)。

自分を犠牲にしてでも、仕事を優先するし、
家族との約束よりも、他人との約束が大事と思ってきました。

ただ、それはどこかで無理が重なり、
「なんでわたしだけ・・・」の気持ちによくなりました

ところがニュージーランドに来たら、
友達からのお誘いも「その日は家事をしたいから」とか、
「旦那が家族の時間を過ごしたいと言ってるからごめんね」と断ったり、
ママやパパは子どものこと以上に「自分のケア」を重視していたり、
「自分を満たす」ことを最優先に考えているスタンスが当たり前。

「子どもが小さいから」と諦めていた習い事も、
キウイのママたちはベビーシッターに子どもを預けてでも行く
夫婦だけの時間も、積極的に取る。
大学に行き直したいと思ったら、何歳だろうが行く。
おばあちゃんだって、ギャル向けのお店で堂々と試着して買い物する。

キウイたちは「自分を満たす」ことにかけては、日本人の私たちより
ずっと優れている
という印象があります。
自分の幸せを決めるのは他人の目じゃない、自分の気持ちだ
ってことに小さいときから気付いています。

わがままなんじゃなくて、「自分が満たされないと周りを満たせない」
ということを理解できているから、堂々を胸を張って自分の意思を表示
できるんだろうな。

英語だけではなく、こういった日本とは違ったライフスタイルや
自分と他人の人生に対するスタンス
を、ニュージーランドにいることで
自然と吸収できている気がします

「先週末の11ミリオンのロトが当たってたら最高に満たされてたのになー」
とウジウジ考え続ける私は、まだまだ修行が足りない模様です



October 11, 201814:42【カタカナ英語】意味の違いに要注意!
PermalinkComments(0) 留学生活のネタ帳 
「説明会開催・東京11/18(日)、大阪11/17(土)」ご予約受付中
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
-------------------------------------------------------------------
こんにちは。
夏時間が始まり、一日がちょっと長くなってウキウキしています

さて、今日は聞いていて「おっと!」と思ったことについて。

私たちは日々、日本語の中にもカタカナ語をいっぱい使っていて、
それは時代の移り変わりと共に、割合も種類もどんどん増えている気がします。

でもだからこそ、落とし穴はいっぱい

"I like your style!"(あなたのファッションいいね)と言われた友人が、
"It's just rough."と答えていて、言われた相手は「???」。

日本人の私は「ただラフな格好なだけです〜!」と謙遜したかったのは
分かるけど、roughは英語で「乱暴」とか「雑」という意味なので、
ファッションの話をするときには使いません。

あとあるあるなのが、「(携帯に)メールするね!」を、
"I will send you a mail."と言ってしまう人が多いこと

"mail"は英語で「手紙」を意味するので、
「はて?手紙を送ってくれるのかしら?この時代に?」と
相手を混乱させること必須です

「携帯にメールする」は色々言い方ありますが、
やはり一番スタンダードなのは"I will txt(text) you."です。
テキスト=携帯メールなのです。

あと【ニュージーランド(イギリス英語)】で要注意なのが、
「ジャンパー」
そう、日本では肌寒いときに羽織るあのアウターがジャンパーですよね?

でもこっちでは前開きじゃないかぶって着るセーターや上着を、
"jumper"と呼びます。
日本のジャンパーよりも一枚下に着るものが、
NZでのjumperです

**********************

こういったズレってどこで発生するんだろうというのが
今一番の興味です
せっかく日本語に取り入れるなら、意味も正確に持ってきてくれれば、
どっちにも使えるのにな〜といつも不思議に思います

こういった違いも楽しめるようになったら、また別の角度からも
現地生活を楽しめますよね
イラスト 英語 言葉の壁-1-768x543


October 03, 201814:11【英語】「やべーな」ってなんていう?!
PermalinkComments(0) 英語・English★ 
「説明会開催・東京11/18(日)、大阪11/17(土)」ご予約受付中
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
-------------------------------------------------------------------
こんにちは。
こちらは春休みシーズン
色んなところで子どもたちが溢れています

さて、今日はちょっと若者向けの英語

今日は英語のクラスで「日本の公園に行くと、子どもたちがゲーム機
などを持って、せっかく外にいるのにゲームに夢中で
と発言した方がいて、

そしてそれに対し、ついつい日本語で

「それ、やべーな」

と言っちゃった人が

もちろん、すかさず私が
「じゃあ、その”やべーな”は英語で何て言いましょう?」
と質問

挙って来た答えとしては(初心者〜中級メンバーです)、

「憂いてる感じだから、Sad?」

とか、worried, concerned,なかにはfuriousを出した方も

みんな、それぞれの反応として誰1人間違った方向には
行っていませんが、いまひとつ「やべーな」を表せてはいないよね
ってことで、わたしからの提案としては

"That's sick"

というもの。

そう、直訳すると「それ、病んでる」だけど、
まさにそういう感じじゃないでしょうか?!

あとはこの"sick”、若者的には「イケてる」ときにも使われます

すっごーいカッコいい車に乗って来た友達に

"Dude, your car's sick!" (オマエ、車やべーな!=褒め言葉

みたいな感じに使ったりします

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

こういうのを聞くと、日本の若い子が褒める時に
「それやばい!」というのを思い出して
若者言葉は世界共通なのね」とニヤリとします

"That's sick!"が聞こえて来たら、
それは「病んでるね」なネガティブコメントなのか、
「イケてるね」な褒めコメントなのか、
確認してみてくださいね


September 26, 201811:15【白馬WH】キウイと討論しながら作成します
PermalinkComments(0) 英語・English★ 
「説明会開催・東京11/18(日)、大阪11/17(土)」ご予約受付中
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
-------------------------------------------------------------------
こんにちは。
春なのに、また極寒な日々が戻って来ました。
オークランドの9月は毎年こんなパターンです

さて、現在今年の【白馬ワーキングホリデープログラム】のために、
新たな教材などの作成が佳境を迎えております

実は私はアメリカの帰国子女
私たちが日本で習う英語もアメリカ英語
対して、白馬には世界各国からのお客様がいらっしゃいますし、
特にNZ人とオーストラリア人の割合がとても高い

そんなわけで、教材も「アメリカ・イギリス・キウイ・オージー英語」
のバランスを重視して作りたいなと思いました

ある程度の教材は私が作り、
今度はイギリス人、アメリカ駐在経験のキウイ、
生粋のキウイ、オージー
を集めて、
みんなで「この言い回しあり?」な討論をした結果・・・

「同じ英語なのに、相当揉める」事態に。(笑)

そもそも私が書いた
"Whereabouts"に対し、他4人全員が「whereとaboutsの間にスペース必要」
と主張し、私が文法的な説明をして(whereaboutsは一語です)、
ネイティブたち4人全員が「生まれて始めて一語だと知った」と衝撃を受けたり、

"read it through"なのか、"read through it"なのかでまっ二つに割れたり、

"aye?"の入れ方、「カナダ人はえげつない入れ方してくるよね〜」
なんて「あるある」話で盛り上がったかと思えば、

キウイとオージーは「私たちの使う単語は独特すぎて、アメリカ人には
何度も聞き返されるから、相手の英語に合わせて話さないといけない」
とか、ちょっとした苦労話も。

Ma'amは「あり」か「なし」かも、英米では意見が分かれました
american british

私たちにとっては「英語」なんだけど、やはり同じ日本語でも
「方言」はもちろん、「年代や時代」が変わると同じ単語でも全く違う使い方
されるのと同じで、英語はより広い範囲で話されている言語なので、
そういうのがよりいっぱいあることが分かり、さらに興味が沸きました

I had to drive extra carefulなのか、
I had to drive extra carefully
なのかも、年代で分かれます。
どっちも使われるし、どちらもありなんですが!

このミーティングをした日から、そこにいた私たちだけでなく、
周りの色んなネイティブスピーカーたちの間で「この言い回しどう?」的な
会話で盛り上がっており、中には辞書やGoogleを駆使して「ほら、私が合ってる!」
みたいなやりとりも入ってきて、英語講師としてはたまらなく面白い日々なのです。

そんな「生きてる英語」で溢れた、超絶パワフルな教材を、
【白馬ワーキングホリデー】プログラムにご参加のみなさまが楽しんで、
役に立ててくださいますように




September 19, 201810:55【英語】I don't knowは求められてない?
PermalinkComments(0) 英語・English★ 
「説明会開催・東京11/18(日)、大阪11/17(土)」ご予約受付中
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
-------------------------------------------------------------------
またまた寒さがカムバック。
ちょっと気持ちが落ち気味な、初春の今日この頃

さて、今日は英語のクラスで

"You know〜"

って文章に入れる人がよくいるんですけど、どういう意味なんですか?

という質問が


確か過去にも【これ英語でなんて言うの?】の時間に、
丸っきり同じ質問が2〜3度出た記憶があります

それくらい、聞く頻度が高いし、
「聞き取れてるし、訳せるけど、いまひとつ意味が分からない」
代表的な言葉のひとつかと思います。

You know, I've been super busy with my language school.
You know、わたし、最近語学学校でとても忙しい。

You know, it's not really a good idea to walk on Queen street after 9PM.
You know、夜の9時以降にクイーンストリートを歩くのはあまり良い考えではない。

と、"You know"以外は訳せました。

じゃあ次にYou knowはどう入れていきましょう?

普通に訳せば「あなた、知ってる」ですよね。

あなた知ってる、わたし、最近語学学校でとても忙しい。

なんだかとても怪しいニホンゴになってますね

じゃあ正解、というか、私がどういう風に生徒さんにお答えしているかというと、

「You knowは、”じゃん”」ですよ

「わたし、最近語学学校でとても忙しいじゃんね?」

「夜の9時以降にクイーンストリートを歩くのはあまり良い考えではないじゃん?」


という風に「暗黙の了解」を元に話しているときに付ける言葉で、
「知ってるか」「知ってないか」の質問ではありません。

もちろん、その暗黙の了解が元にこの後の会話が続いていくので、
知らない場合は"Oh, I didn't know that"とか反応しないと、
どんどん進んでいっちゃいますが

わたしは横浜出身なので「じゃん」で説明していますが、
そういえば今日説明してくれた子は関西人。
関西弁だとなにになるんだろう





September 12, 201811:02【食事】〜B級編〜NZが最近イケてる?!
PermalinkComments(0) ニュージーランドのおすすめ品 
「説明会開催・東京11/18(日)、大阪11/17(土)」ご予約受付中
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
-------------------------------------------------------------------
こんにちは
「またですかい」とお思いの方にも、「待ってました!」の方にも、
今回も溜まりに溜まった「食べ物情報」をお届けいたします

今回は前の2回とは違い、Reasonable versionということで、
値段的にも雰囲気的にも手頃なB級グルメが中心です

|罎縫后璽廚たっぷり、アツアツ「小籠包」 Su&Zhe Mt Eden
IMG-2455

これがまた超絶お安い。
この小籠包8つ入って$8
IMG-2978

※写真は友人が送ってくれたのから拝借!
焼き小籠包4つで$5!これは結構大きくてお腹にたまる!

あとはシンプルな炒飯とか焼きヌードルとかも美味しい。
春巻きは美味しくない

△一人様にも最高!担々麺と餃子が絶品。
Basu lounge Takapuna&Browns bay
IMG-2099

このシンプルな担々麺は、手打ち麺がもちもち。
ゴマだれ風のクリーミーなたれがピリ辛で癖になる。
これは大きい方のサイズで$7
IMG-2751

ここの頂点は担々麺と思い込んで数年、餃子は焼きばかり頼んでいた
私のバカ。たまたま間違えたオーダーで出て来たこれが、頂点でした。
ピリ辛なタレに入った水餃子Pork&Chivesが鉄板!$12

最近マーケットに進出。オーガニックの丸焼きチキン
Gaston Rotisserie(私はTakapuna marketで出会いました)
IMG-2268

フランス人が作っている、オーガニックのローストチキン。
中までジューシーで、チキンから出た油でローストしている丸ごとポテト
とガーリック
がこれまた美味しい。
IMG-2271

$20前後の予算で家族みんなハッピー。
ただ、とんでもなく美味しいかと言われれば、そこまででもなく、まあ美味しい。
「オーガニック」「マーケットでしか買えない」が美味しさのスパイス。
お兄さんに「最近始めたばかりだから、ぜひSNSとかブログで宣伝して!」
と言われたのでお伝えしちゃいます


そんなB級グルメ事情でした。
やっぱりアジア食が食べたくなります、定期的に!


September 05, 201809:56【食事】〜高級編〜NZが最近イケてる!
PermalinkComments(0) ニュージーランドのおすすめ品 
「説明会開催・東京11/18(日)、大阪11/17(土)」ご予約受付中
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
-------------------------------------------------------------------
今日も腹ぺこ
暦の上では春になったオークランドからこんにちは

さて、前回の続きで、
ちょっとオシャレランチ編をもうひとつ

こちらは、オークランド中心街からダウンタウンへ下りていってたどりつく、
Viaduct Harbour
高級なヨットがたくさん停泊しており、
ハーバーを取り囲むガラス張りのアパートメント
「どんな富豪が住んでいるんだろう」というラグジュアリーな空気

ただ、バイアダクトにあるお店やバーは、もちろんオシャレで素敵な雰囲気
でいっぱいなんですが、観光客もたくさんいるので、スニーカーにリュックの人が
いても居心地悪いという場所ではないんです

さて、そんなバイアダクトの、新し目のレストラン・Giraffe
Simon Gaultという、カリスマ有名シェフがプロデュースしたお店ということで、
鳴り物入りでデビューしていました
IMG-2632

お店は、雰囲気がカジュアルモダンな感じ。
おしゃれなんだけど、気軽に入りやすい
IMG-2633

窓際に通され、目の前はヨットハーバー

さて、肝心のお料理は
IMG-2724

前菜に、私は鯵科の魚のカルパッチョ(ソースに梅を感じた!)、
一緒に行った夫はポークチーク(豚ほほ肉)

どちらも「完全に初体験の一品!」というわけではないんだけど、
ソースにひとひねりがあって、ちゃんと美味しい、ちゃんと新鮮。

メインは・・・隣のおじさんが食べていたものが気になって、
店員さんに「あの方が食べてるものは?」と聞いたら、
まさかの"Fish and Chips"だよ。と
IMG-2725 (1)

太いポテトはダックファット(ダックの油)で揚げたもので、
油が美味しい
魚も美味しいし、タルタルソースも手をかけている感じは伝わって来たけど、
「そこまで特別じゃない。見た目ほどに。」

全体的な評価としては、立地と景色最高、お店の雰囲気素敵、
店員さんはみんなフレンドリー、でも料理は別にここじゃなくても良い


なので、お天気の良い週末や夜などに、お酒片手にゆっくりと
景色と会話を楽しむにはもってこいのお店だと思います

この日はスパークリングワイン1杯前菜とメイン(お腹がいっぱいすぎて
デザートまでたどり着かず)で、1人$80ほどでした。

さあ、次はどこに行くかな〜