October 2006

October 31, 200611:04世界の流行が集まった?
PermalinkComments(4) ニュージーランドのおすすめ品 
d47f8853.JPG
↓ポチッと応援よろしくお願い致しますm(_ _)m
バナー緑


先日は、NEW MARKETに新しくできた『ファッション通り:NUFFIELD STを見に行ってきました

場所は、BROADWAYから1本REMUERA RDのほうに入った、リンクバスが曲がるところです。
昔、リンクバスで降りたことが何回かありますが、何もないただの道だったところが、
ものすごーいオシャレな通りに変身していて、本当っにビックリしました

この通りの再開発はウェストフィールドという会社が行ったそうですが、
世界の流行が集まった」と自信を持って語ったのだそう。

とにかく、おしゃれに関してはだいぶん遅れがちなニュージーランドに、今までないくらい頑張って作ったおしゃれなお店、カフェが建ち並んでることは間違いありません。
なにが大きく違うかというと、ズバリ『内装』だと思います。
それぞれの服屋、カフェの内装が凝ってます。(日本と比べると普通だけど)

そして、NZで売ってるのなんて見たことなかった、
ABERCROMBIE & FITCH(←まだ日本でも流行ってるのかな??)
HOLLISTER
abacrombie


が入っていたのにはまたまたビックリ
しかも、日本ではかなり高く売られているイメージがあるこれらのブランドの割には、そんなに高くなかったような気がします。今度行ったとき、もうちょっと本気でチェックしてきます

それともひとつ、驚いたのが、

日本で普通〜に売られているカワイイ系の文房具
ニュージーランドには売ってないんですね。
例えば、SONY PLAZA・東急ハンズとかに売ってる普通のシャーペンとか、マーカーとか、キラキラペンとか。

それがこの通りに売っているのを発見して、「あ〜日本みた〜い」と思ってよく見たら、
なんと、日本製のもので、説明書が日本語。150と書いてあったから150円ですね。
ところが、それがいくらで販売されてたと思います

$6.25=約500円弱

ありえなーいいくらなんでも乗せすぎです・笑。
ま、でもニュージーランドではおそらくそこでしか売っていないでしょう・・・。
希少価値ということでしょうか。

ということは、ホームステイのお土産、ティーンエイジャーのいるご家庭なんて、
そういうのお土産にあげると、ものすごい価値になるということですよね
キラキラペンとか女の子は喜ぶこと間違いなし学校で自慢できるし
日本の扇子とかより絶対こっちのほうがいいと思います^^

↓12月関西行きます〜
ピリ辛バナー

にほんブログ村 OL日記ブログへ

October 30, 200609:50NZのカフェ料理
PermalinkComments(5) ニュージーランドの魅力 
a74638c5.JPG
↓ランキングをチェックしてみてくださーい
バナー緑


ニュージーランドはカフェ料理が美味☆
お天気の良い休日、白ワインとともに食べるブランチなんかは最高です

今日はここ最近行ったカフェメニューの写真をご紹介

cafe1


cafe2


cafe3


どうですか
食べたくなったでしょう^^

ピリ辛バナー


↓こちらのランキングもチェック
にほんブログ村 OL日記ブログへ

October 27, 200610:32留学中のお誕生日
PermalinkComments(8) 留学生活のネタ帳 
85c553bb.JPG
↓1つポチッと応援よろしくお願いします
バナー緑


昨日は生徒さんの21歳のお誕生日でした(25歳以上の参加者が多いなか、最年少です^^)

生徒さんのお誕生日は、パスポートのコピーやら申込書やらがあるのでもちろんこちらで容易く把握できるのですが、
生徒さんから「明日誕生日なんです〜」とかアピールがないので、
これはサプライズができるぞと思って、ワクワクしていました

生徒さんが学校を終わって、「ピリ辛補習」を受けている間に、
ケーキにうるさい私が唯一NZで食べられるケーキを買いに走り、
(神戸生まれ神戸育ちはパンとケーキにはうるさいよ)
プレゼントは私のいきつけのアロマ・ボディケア商品のお店「Extracts」へ。
そしてお花とカードを買って準備万端。

補習が終わったところで、「Suprise!!Happy Birthday!」でした

他の生徒さんもボスもみんなで「Happy Birthday to you〜」を歌って、ケーキを食べましたおいしかった〜

生徒さんも「なんで私の誕生日知ってるんですかー?」と言っていて、
サプライズは大成功喜んでもらえてよかった

このお誕生日を迎えた生徒さんは、おとなしくて控えめだけど、
いつもボソッとつぶやくつっこみが最高に面白く、いつもみんなを爆笑の渦に。
この日も、私とボスが書いたカードを見て、急にクスッと笑うから、

「なんかおかしいこと書いてあった?」と聞くと、鹿児島弁で、
「途中から字が急に汚くなったな〜と思ったら、小松(ボス)って書いてありました。」だって(笑)

ほんとに生徒さんたちとの雑談はいつも最高におもしろい(笑)
なぜか大爆笑になるんです!本当に楽しい仕事やらせてもらってるな〜とつくづく思います^^
なにはともあれ、

留学・ワーホリ中のお誕生日って、なんだか特別だと思うんですよね。
海外で迎えるお誕生日って一生のうちでそんなにたくさんないハズですし。
ささやかなお祝いだけど、ニュージーランドの良い思い出のひとつになってくれればうれしいな〜と思います

↓「女性のためのピリ辛留学」詳しくはこちら
ピリ辛バナー

↓こちらも1ポチお願いします
にほんブログ村 OL日記ブログへ

October 26, 200607:15OLランチ:牛肉と野菜のシチュー
PermalinkComments(7) ニュージーランドの魅力 
8827b5a5.JPG
↓1クリックの応援よろしくお願いします
バナー緑


今日のOLランチは、最近HIGH ST(ハイストリート)に新しくできた
The Soup Kitchen」のあったかスープ
(住所:51 High St)

最近のオークランドは夏のように暑いかと思えば冬のように寒くなったりを
繰り返しながら、少しずつ夏に向かっています。
日差しは強くて暖かいけれど、空気が冷たく、日の当たらないところや風が吹くところは凍えそうです。

というわけで、まだまだあったかスープの出番も多し

スープを頼むとちいさなパンがついてきて、
REGULAR→$6.90(約500円)
LARGE →$7.90(約600円)


スープとパンだけにしてはいいお値段。よほどおいしいに違いない。

私が選んだのは、「HUNGARIAN GOULASH」という、
牛肉と野菜をパプリカで味付けしたハンガリー風のシチューです。

オフィスに持ち帰り、食べてみると、すご〜くおいしかった
具だくさんで、濃厚、値段の価値ありデス

↓12月関西説明会は私が担当します☆
ピリ辛バナー

OLブログランキングも参加中!
にほんブログ村 OL日記ブログへ

October 24, 200613:24カードの切り方が人生だ
PermalinkComments(8) モチベーションUP 
5222f9b0.jpg
↓ポチッと1クリックよろしくお願いします
バナー緑

昨日10月23日は「Labour Day(勤労感謝の日)」でお休みでした。
今日からまた1週間の始まりです。

先日、友達のブログで
ライフカードのCM『カードの切り方が人生だ』ってホントだな
という記事があって、なるほどな〜と思ったので今日はそれについて書いてみたいと思います

確かに、人生では節目、節目で自分のカードを選ばなければならないときがある。
手持ちカードは、ひとによっては生まれた時から持ってるカードがあったり、
努力をして手に入れたカードもあったりで、手持ちカードの数や種類は本当に人それぞれだろう。

私自身はというと、もちろん、「高校進学」「大学進学」「就職」の時などに、もちろんカードを切ってきたけれど、いつも手持ちカードは少なかったし、迷うほどの意志もなかったように思う。

でも、今思えば、手持ちカードは少なかったのではなく、見えてなかったのだと思う。
無知、情報を集めるという行動力の無さより、「自分が他のカードも持っている」ということに気づかなかったのだ。

でも、就職してからしばらくして、社会人になって様々な人から情報がはいり、そして資金も得、少し大人になった私が初めて自分から行動して得たカードが『留学』だった。

『3ヶ月の短期留学』というカードを切ったあとも、
『ワーキングホリデー』『ワークビザ』と、滞在を延長するたびに他にも持っていた「日本で再就職」「他の国にワーホリ」などのカードを選ばず、『ニュージーランド』というカードを切りつづけた。ちなみにこれはNZという国にいたかったというよりは、ニュージーランドで積み重ねた人脈や経験を途切れさせたくなかったからだ。

『ニュージーランド』というカードは、楽しいことも嬉しいこともいっぱいあったが、
それと同時につらいことや悲しいこともいっぱいあった。
その度に、「選ばなかったカードを選んでいたら・・・」「今から新しいカードを切ることもできる・・・」などと一度も考えなかったと言えばウソになるだろう。

『海外で暮らす』というカードは、ただ、生活するだけでもハードルがある場合がある。言葉の問題もあれば、文化の壁にあたることもあるからだ。それに、頼りになる家族が近くにはいないし、昔からの心ゆるせる友達がいなかったり。日本人であっても全国さまざまなところから、年齢もさまざまな人が集まっている。すぐに気の合う友達ができるかというと、日本人同士であってもそうでもない。
つらい時、誰かに話を聞いてほしい時、日本の家族や友達への電話を何度もかけようと思って、受話器をとってやめたこともある。話した瞬間に涙がこぼれそうだと思ったし、心配かけたくなかったからだ。(私がもともと弱っちかっただけかもしれませんが^^;)

でも、そうしてひとりでいろんな場面をやり過ごしていくうちに、精神的に強くなってきて、だんだん少々のことでは動じない度胸がつきだした。それに、人と比べず自分が良いと思うもの、自分がやりたいことなどが分かるようになり、自己が確立してきたように思う。

私がこうして今もニュージーランドにいて成長できたのは、私が「ピリ辛留学」の生徒として入った時のカウンセラーだった今のボスが、新たなカードの選択肢をくれたり、他のカードの存在も教えてくれたりしたおかげもある。

だから、私も生徒さんに、生徒さんが気づいていない他のカード、頑張れば手持ちカードに入れることができるかもしれないカードを見せてあげたりすることができれば。。。と思う。

ピリ辛バナー

にほんブログ村 OL日記ブログへ

October 20, 200613:09夜も明るいオークランド
PermalinkComments(0) ピリ辛スタッフのひとりごと 
df4e9ada.JPG
↓1クリックの応援よろしくお願いします☆
バナー緑


サマータイムが始まり、また、日が落ちるのが日に日に遅くなってます

写真は昨日家に帰る時の、20:00くらいのQUEEN STです。

かなり曇っているにもかかわらず、
とても空が明るいです。

真夏は21:00ごろまで明るいので、
遅くまでBBQを楽しむことができます

ダメです。
狭いオフィスの中で、
ボスとBlair先生が話していて、
一方生徒さん2人が話していて、いろんな会話が耳に入ってきて集中できません。

基本、私は一度にひとつのことしか集中できません、男性脳の持ち主です。

あ、生徒さんに呼ばれたので今日は終わりますm(_ _)m

「女性のためのピリ辛留学」
ピリ辛バナー


↓OLブログランキング
にほんブログ村 OL日記ブログへ

October 19, 200611:00「チーズ部門賞優勝」のチーズ
PermalinkComments(4) ニュージーランドの魅力 
4a7dcd23.JPG
↓人気ブログランキングに参加しています
バナー緑


こないだスーパーで買ってみたのは

WHITESTONE「Windsor Blue」(ブルーチーズ)。

NZ有名料理雑誌「CUISINE」の2006年CHEESE AWARDS(チーズ部門賞)で
「CHAMPION OF CHAMPIONS」の賞をとったシールが貼ってありました。


このWHITESTONEのチーズは、
NZらしく、科学物質を一切使用しないオーガニックが特徴だそうです。

このチーズのために赤ワインを購入し、
お家に帰って早速試食

すると、「おいし〜〜〜〜い

やっぱり賞をとるだけのことはある。
おいしい高級な塩をなめた時のように、辛さの中に甘さがあって、
ブルーチーズ独特のクサさと、底の固い部分の香ばしさが最高

最近は毎日家に帰るとまっさきにこのチーズと一緒にワイングラス半分の赤ワインを飲みます
このチーズを食べたいがために、赤ワインを注ぐのです

今日もお家に帰ったら食べよ〜っと

「女性のためのピリ辛留学」
ピリ辛バナー

↓OLブログランキングにも参加しています
にほんブログ村 OL日記ブログへ

October 17, 200612:42NZの頑張るお友達を紹介!
PermalinkComments(2) モチベーションUP 
95a62ae2.JPG
↓人気ブログランキングのTOP10をチェック
バナー緑


もうお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、
少し前より、このblogの左側に私の仲良し友達のblogのリンクを貼っています。

ひとり目は、
●ビジネスウーマン若菜ちゃん:『なんでも屋若菜企画』というblogを書いています。

彼女とは私が3ヶ月の短期留学でNZを訪れた時に、とあるパーティーで会いました
その頃、彼女はワーキングホリデーで渡航していました。
しかし、次に私がワーキングホリデーでNZにいる間に、
なんと、レストラン&バーを経営する女将になり、
経営がおもわしくなかったレストランの売上をその経営手腕によりみごと黒字転換させました。
そうして売上も上々のレストランにしたにも関わらず、
新しいチャレンジのために、今年6月にあっさり引退

現在は日本とNZの架け橋となるビジネスを展開中です。

●隣のオフィスのAちゃん:『VON VON BEE』というblogを書いています。

うちの会社のオフィスのお隣さんです。
うちの会社も隣の会社も大きな会社ではないので、
Aちゃんは私の同僚みたいなもんで、仕事の合間にいっしょにコーヒー休憩したりします
Aちゃんは、アメリカの大学を出てNZへワーホリで渡航。
現在は私と同じくワークビザでバリバリ働いていて、年下のNZ人の彼氏がおり、プライベートもがんがん動き回って、とてもNZを満喫しています

独特の語り口が好評で、日に日に世界中からblogファンを増やしており、たまに町で「Aさんですか?」と声をかけられるそうです(笑)

●ワイヘキ島セレブ主婦:『ワイヘキ島でのつれづれなる生活』というblogを書いています。

このblogの作者、かなえちゃんは若菜ちゃんに紹介してもらって仲良くなりました。
彼女は出身地大阪で知り合ったNZ人の旦那様とNZに渡ってきており、ワイヘキ島というワイナリーで有名な島に住んでいますが(シティよりフェリーで35分くらい)、その島はセレブしか住むことができないくらい土地が高い場所です
しかし、そんな優雅なセレブ主婦、いつのまにかお客さんを乗せることができる運転免許第2種(P License)をとり、ワイヘキ島でのワインツアーを行う会社を立ち上げていました

いまやセレブ主婦改め、女社長です。

・・・と、今日は私のお友達紹介でした

ピリ辛バナー

にほんブログ村 OL日記ブログへ

October 16, 200613:20NZのOL服☆
PermalinkComments(2) ピリ辛スタッフのひとりごと 
b1c936c8.JPG↓1クリックの応援よろしくお願いします
バナー緑


今日は前回お買物行ったときの戦利品(?)をご紹介

ひとめぼれして買ったのは、
Laura Ashleyのフリル付きジャケット。$198でした。(1万5千円くらいかな?)
なにかと衣料品が高いNZでは、私は安いほうかな〜と思いました。
(Laura AhleyのHP(日本版)はこちら

そして今回のお買物の本命は、何を隠そう、カーディガン

なぜなら去年の夏に寒くて寒くて、手持ちのカーディガンを着たおしていて、
もっとカーディガンの色バリエがほしくて探しに探しまくったのだ。しかし、私が探したのは1・2月の真夏、真っ只中。
肌温度の違うNZ人にはカーディガンなんて必要ないため、
売っているのはキャミ・タンクトップ・Tシャツのみ。
1枚も袖ありのカーディガンでシンプルなものを見つけることができなかった。
あったと思ったら思いっきり変なデザインのものでね・・・。

で、今年は春先にカーディガンが売っている季節の間に絶対買っておこうと決めていたのだ。
なんせ、日本に帰る年末は冬物しかGETできないしね〜。

で今回「SUSSAN」というお店で買ったのが↓この2枚。
(SUSSANのホームページはこちら。)
黒カーデ

黒カーデ拡大

この黒は着てみたほうが形がかわいい
ボタンが実はプッチンボタンになっていて、ちょっと面白い。
これは $70→$40(3千円くらい) に値下げされていたー!これ1点しかなかったけど即買いでした。サイズがXSだったからかもしれません。
ピンクカーデ

このピンクはごくごく普通のカーディガン。
これも $70→$40(3千円くらい) に値下げされていました。
こういう普通の薄手のカーデガンが色違いで何枚かあると夏に重宝するはずです。
朝、晩、そしてビルの中は冷房で驚くほど寒い場合があります。
(ちょっとたたんであったのでシワシワです

あと、秋用のロングカーデガンも $70→$30で買いました。

今回は去年買えなかったカーデを3枚もセール品(たまたま)で買えたので大満足でした

ピリ辛バナー

にほんブログ村 OL日記ブログへ

October 14, 200612:33生徒さんと遠足「カツオドリの生息地
PermalinkComments(6) 留学生活のネタ帳 
8366d969.JPG↓人気ブログランキングに参加しています
バナー緑


さてさて、しばらく走ると海が見えてきましたー!

海は、グリーン・ブルー・紺・黄緑・黄土色などが絵の具を混ぜ合わせたように、
マーブルになっていてとてもきれかったです。
日本の海とはやっぱり色が違いますね
高台で写真を撮って、次はGannet(カツオドリ)生息地に向かいます。

私は前にもカツオドリの生息地に来たことがあるのですが、
その時は季節が違ったらしくて、1匹とカツオドリを見ることができませんでした。
今回は遠くからもカツオドリがたくさんいるのが見えたので、大興奮
gannet1

gannet2

ハッと気がついたら生徒さんを押しのけ、
我先へと、一番乗りでカツオドリの写真を撮っていました(恥)。
カツオドリは均等に間隔をあけながら巣を作っていておもしろかった。
そして繁殖期にありがちなメスの壮絶な奪い合いも観察して、
(くちばしでバクバクつままれて、挙句の果てに追い払われた)
「人間もあれくらいしないといけないのかなー」なんて、
妙な学習をして、次はムリワイビーチへ。

ビーチや温泉に行った時にとりあえずやっておきたいこと。それは、

TEMPERATURE〜〜〜〜CHECK」(温度チェック)

こっちの海は真夏でもかなり冷たいことがあります。
もちろん今回は、まだ春先なのでかんなり冷たかったです・・・が、
もちろんNZ人はキャッキャ言って泳いでいました。(日本人はマネしないように)
ムリワイビーチを出て次はbeesOnlineというはちみつ工場が併設されている、
はちみつブランドのカフェ
に行きました。

ここでははちみつを試食したり、ハンドクリームのテスターを塗ってみたりしている生徒さんの横で、ハチの生態観察ができる箱で女王蜂を必死で探している私がいました。(女王蜂の身体にシールが貼っているのです)
もう誰のための遠足だか分かりません^^;

見学したあとは、カフェでメニューの読み方を勉強し、
生徒さんに英語でオーダーをとってもらったりとフィールドワークのようなこともして、
とても充実した1日になりました。

あー本当に楽しかった

ピリ辛バナー

にほんブログ村 OL日記ブログへ