February 2007

February 28, 200700:27ピリ辛留学【参加人数制限】のお知らせ
PermalinkComments(0) ピリ辛留学からの「お知らせ」 
★【重要】参加者の少人数制確保のための参加制限について★

2007年度もたくさんのご予約を承り、誠に有難うございます。

皆様にご愛顧いただいております、「ピリ辛留学」ですが、
2007年4月より、毎月の参加者の人数制限を行うことになりました。

その理由として、現在参加されている方々の声、そして講師、カウンセラーの
意見を尊重させていただき、下記の人数以上の参加者がいる場合、
ご参加の皆様に満足いただけるプログラムの提供はできないという判断の基に
人数制限の設定を決定いたしました。
緑&木








〜毎月の人数制限の内容〜

超初心者コース5名(超初心者コース+ショートコースの合計で5名)
本気コース5名(本気コース+ショートコースの合計で5名)

超初心者コース、本気コースの各クラスの最大人数が5名になった時点で受付を締め切らせていただきます。

ただし、現在いただいているご予約に関しましてはすべて有効とさせていただきます。

今後も皆様にご満足いただける留学プログラム運営していくよう精神誠意、
頑張って参ります。
参加ご希望の皆様には謹んでご了承いただけるようお願い申し上げます。

ピリ辛バナー


February 26, 200716:15ニュージーランドのオーロラ
PermalinkComments(4)
↓↓みなさん、今日もご協力ポチン
バナー緑
にほんブログ村 海外生活ブログへ

ニュージーランドのオーロラ

ニュージーランドは北島と南島の別れていて、
南島に観光スポットが多いような気がします。
私は以前、会社のスキー&スノーボードキャンプ
のオペレーション担当で冬の間3シーズン、
ワナカという街に滞在したことがあります
ワナカ湖






ワナカは湖畔の小さな街で、
湖の裏には大きな山脈が連なる、
雄大な景色に圧倒されるよう感動を覚えました。

スキー&スノーボード部門の担当から外れたので、
今後行く機会があまりないので
あの景色が見られないのが、
ちょっとさびしいかな。

さて、その同じ南島の中心、
ちょうどおへその部分あたるのところに
テカポという湖があります。
マウントクック






この湖は、ニュージーランドの最高峰、
マウントクックの雪解け水が流れ込んでいる湖で
もちろん、この湖は自体もとてもきれいなんですが、
なんとこの湖周辺で
オーロラを見ることができるんです。
自然現象なのでいつも見れるわけではないらしいのですが、
いつか必ず見たいと思っています。
オーロラ2








私はワナカでの仕事が終了後、
いつもこの湖の脇を車で移動していたのですが、
いつもタイミングが悪く、見れずじまいでいたので、
とにかくいつか機会を作ろうと考えているんです。
オーロラ1






ちなみに、上の写真のオーロラの下にあるのは
有名な「良き羊飼いの教会」で、
テカポを見下ろす小さな教会です。
何年か前にここを通ったとき、
ここで結婚式を挙げているカップルに遭遇して、
とても綺麗でした。
聞くところによると誰でも申し込めば、
結婚式ができるそうなので、
もいつかこんなところで素敵なダーリンと挙式が挙げられたらな〜と
漠然と思っていたのですが・・・・・・。

とにかく、ニュージーランドには、
目を疑うような自然がいっぱいなんですね。


がんばるあなたを応援します
ピリ辛バナー


February 23, 200718:40成長のきざし
PermalinkComments(2)
↓おっと更新サボってるとさがってしまいました^^;ポチッとお願いします
バナー緑
にほんブログ村 海外生活ブログへ

 成長のきざしとは

グラス





今日は生徒さんたちとショッピング。
生徒さんの一人がジーンズを買いたいということなので、
他の生徒さんを何人か連れて仕事を少し早く切り上げて、
NEW MAEKETにショッピングへ

金曜の夜は商店街がLATE NIGHTで、
夜9時まで営業しているのでゆっくり買い物ができる。
ニュージーランドの商店街は金曜日以外は、
大体5時でしまってしまうので、なかなか仕事帰りには
買い物ができません。

だから週末に行くことが多いのですが、
今日はボスから特別な許可をもらいというか、
ボスもついてきてしまいました。
ピリ辛留学のボスは、割とファッションチェックにはうるさくて、
私もずいぶん勉強(?)させてもらっています

ただ、確かに男性の目から見た
女性のファッションの意見は
思いもよらないことを言ったりするので新鮮なんですが、
内のボスは実はけっこう女性的な感性をもっていて、
んーこれって男性の意見というよりむしろオンナと思わせるOPINION
多いので、ちょっと複雑なんですよね・・・・

まあそれはともかく、きょうびっくりしたのは生徒さんの英語力
すごく上手くなっている!

店の人ともジーンズの形や値段のことなどスラスラと話している姿に、
ほんの3ヶ月前の彼女の姿を思い出して
スゴーイと思いました

彼女は話すこと自体があまり得意ではないので、
どうなることかとすごく心配だったのですが、
今はニュージーランド人経営で、お客さんのほとんどが
ビジネスマンのカフェで立派に働いている。
カフェ


本当にすごく頑張っていて、
私は彼女の一生懸命さに元気をもらっています

生徒さんから元気をもらうって
ちょっとおかしいかもしれませんけど、
でもほんと頑張っているみんなを見てる
と私もすごく刺激になります



生徒さんの「成長のきざし」って
いろいろなところで見えてくるんだけど、
多くの生徒さんと接して私が感じる「成長のきざし」は目だと思う
目に力がこもってくるというかなんというか、なんとも表現できないが、
目に自信が感じられるようになるんですね。
最初の頃の英語が話せない時期は、
どうしても目がおよぐと言うか、不安やあせりを目に感じるだけど、
英語力が上がってくるに従って、目に活力が生まれてくるんですね。

私は、ここのところ自分自身で「成長のきざし」を感じることがないので
ほんと、生徒さんがよい刺激になりますね。

よーし明日からまたガンバローっと

みんなで頑張ろう
ピリ辛バナー




February 21, 200708:12癒しのランチ at Parnell
PermalinkComments(0) ニュージーランドの魅力 
バナー緑
にほんブログ村 海外生活ブログへ

せみも元気に鳴く暑い日のParnell
坂道の下に広がる海にはヨットの白い帆が眩しく見えます。
パーネル










今日はパーネルで私のお気に入りの”VERVE”でランチ。
ここのパスタがお気に入り。

TODAYS SPECIALでいつも違うものが食べられます。
今日はサンドライトマトとズッキーニ、チキンのトマトクリームソース。

待っている間おしゃべりが弾みます。大きな木の下のテラスは人でいっぱい。
こんな日はお日様の光を浴びながらご飯を食べたいですよね。

デザート・ケースにずらりと並んだケーキの傍らには
外で摘んできた赤やピンクのかわいらしい花が添えられています。
すてきな夏のアクセサリーですね。
店内






さてパスタが大きなお皿でサーブされました。
パルメザンチーズは摩り下ろしたものではなく、
大きなスライスがどんと載っています。
手打ちのパスタに絡めるとふわっと溶けてソースに
さらにコクを加えてくれてとっても美味!
サンドライトマトも驚くほど甘かったです。
アイス・ラッテで涼んでカフェを出ました。
今日も大満足。
パスタ







のんびりお散歩しながらGALTONSに寄り、
VILLEROY&BOCHの陶器のお人形を買いました。
男の子と女の子がスキーをしています。仲良さそうでしょう?
少しづつ仲間が増えています。

このお店は日本でも人気の、北欧のガラス製品や食器があります。
覗いてみてください!
スキー人形










とてもさわやかな日、一緒に楽しい時間を過ごしてくれたお友達にも感謝!

私たちがガンバルあなたを応援します
ピリ辛バナー


February 19, 200715:03映画「バベル」、愛のカタチとは!
PermalinkComments(2)
バナー緑
にほんブログ村 海外生活ブログへ
週末、今話題の映画「バベル」を観てきました。

ガラス細工






新作なのでさぞかし混んでるだろうと思って行ったら、
なんと観客は私たち二人だけ!!! えーなんで

やっぱ、ニュージーランドだなーと思いましたね。

その日はピーカンの晴天で
こんな日はKIWIたちは、屋内遊びはしません。

ましてや、真面目な題材のテーマの映画など昼間っから観ないんですね。

お国柄というかなんというか・・・・。

まあそれはそうとして肝心の映画の方ですが
出演はブラッド・ピットで、その妻役にケイト・ブランシェット、
日本からは役所広司、アカデミー賞助演女優賞候補になっている新人(?)
菊地凛子が出演している映画でした。

旧約聖書に出てくる人間の愚かさを象徴した「バベルの塔」をモチーフにした作品で、
アメリカ、メキシコ、モロッコ、日本を舞台に、それぞれの国で独立したストーリーが展開して
最後にひとつに絡み合っていくという作品
一丁の銃を中心に米国、モロッコ、メキシコ、日本でそれぞれ起きる事件が
絡み合いながら同時進行するヒューマン・ドラマ。

すごく考えさせられる映画でしたね。

ちょっとした行き違いが大きな問題を引き起こし、
そしてほんのちょっとのコミュニケーションで崩れかけた絆が元にもどる。

なぜなんだろう
コミュニケーションの難しさ

いろいろな人間模様の中で特に印象に残ったのは、ブラピとケイト・ブランシェットの一組の夫婦。

子供を亡くし、傷心旅行の中、モロッコの山中をバスで移動中に
子供がいたずらで放った銃弾により妻が瀕死の傷を負う。
テロの疑いから国際問題に発展し、
各国の思惑が交差する中、救助が到着しないことに苛立つブラピ。
激痛と出血で苦しむ妻。
皮肉にも、元気だった時には妻は夫に子供を亡くした自分だけの辛さばかり訴え、
イライラした態度で思いやる余裕もなかったというのに
傷口が痛くて立ち上がれない、妻の身体を支えてトイレを手伝いながら見つめあう場面
話しという話しもしていないのに、今までの溝が一瞬にして縮まり、
2人の固い信頼と愛情を感じさせるシーンはとても感動的

言語が通じるからといって、気持ちが通じるわけでもなければ、
人種や宗教が違うからといって、必ずしもそこに大きな溝が存在するわけでもない。

逆に同じ文化や言葉を持った者同士、あるいは夫婦、親子でも
ちょっとした認識の行き違いが耐え難いようなこころの傷を与えてしまう。

モロッコの砂漠や東京のギラギラしたネオンの中で
それぞれが悩みと闘っている人々を見ていると、
場面が変わるごとに孤独感に襲われる。

そんなコミュニケーションの難しさと、その必要性を
全世界の人類に訴えかける映画だったと思う。


夕日2






ピリ辛留学の学生には、
そんなに英語が難しくなかったので、オススメしようっと。


ピリ辛バナー


February 16, 200715:22英語のなまりについて
PermalinkComments(0) 英語・English★ 
↓大好きな金曜日だというのに、悪寒がします(´Д`)元気のでるクリックをお願いします(´▽`)
バナー緑
にほんブログ村 海外生活ブログへ
渡航前のみなさまからの、よくある質問の中のひとつに、
「ニュージーランド英語はなまっているのですか?」
という質問があります。

実は私も、最初はニュージーランドという国にまったく興味がなかったため、
うわさに聞いていた「ニュージーランド英語なまり」が気になっていました。

でも、実はニュージーランド英語はオーストラリア英語よりもアクセントがきつくなく、
クイーンズイングリッシュに近いきれいな英語を話す方も多いです。
midori








もともと、「英語のなまり」というものを考えた時、

日本の英語教材はほとんど「アメリカ英語」を主体としたものだったり、
学校で勉強する英語自体がアメリカ英語であることから、
「アメリカ英語」が「英語」であると思ってしまいがちです。

しかし、世界で「アメリカ英語」が話されているのは「アメリカ」だけ。
残りのすべての英語圏で「イギリス英語」がベースに話されています。
つまり、「アメリカ英語」の方が少数派なのです。

また、本場イギリスの英語でさえ、きれいなクイーンズイングリッシュを話すのは富裕層の方たち。
ロンドンの下町っ子たちの英語は、とてもアクセントが強くて聞き取れないこともしばしば。

結局、どの国の英語にもその国らしいアクセントがあらわれます。

しかし、
英語が本当に話せる人は
アメリカ英語、イギリス英語、AUS英語、NZ英語、
インド人なまり、中国人なまり、韓国人なまり、日本人なまりであっても聞き取れます

ニュージーランドで英語を勉強することのメリットのひとつは、
「アメリカ英語」「イギリス英語」「オーストラリア英語」のすべてに慣れること。
というより、すべてを聞き取らなければならないこと。

なぜならピリ辛留学の開催地、
オークランドでは、いろんな国の人が生活しています。
毎日のように見るテレビでは、アメリカ、イギリス、オーストラリアの番組がほとんどですので
自然に耳が慣れていくんです

私も初めは、○○人のアクセントはききづらいとか、
○○人のアクセントは聞きやすいとか、思っていた時期がありましたが、
それは、言い訳にすぎませんでした。

今はどこの国のアクセントが混じっていても、自然と、どれも同じ「英語」だと耳が受け止めています。

英語が話せると、たくさんの国のひとと話すことができる。
こんなに素晴らしいことはありません
頑張っていきましょう〜〜

「短期間で英語を伸ばしたい方へ」
ピリ辛バナー


February 14, 200716:02男性からの『バレンタイン』プレゼント★
PermalinkComments(9) 留学生活のネタ帳 
↓今日はご機嫌でーす(*´∀`*) その理由は記事を読んでね。クリックもお願いします
バナー緑
にほんブログ村 海外生活ブログへ
朝イチから広告やホームページの変更についてボスとミーティング。
ホワイトボードを前に、あーでもない、こーでもないと論議をしていると・・・

コンコンッと来客が。

「どーぞー」
すると、郵便配達人が大きなバラの花束を抱えているではないですか
v's flower







TA・・・TAKAKO」と配達人。

今日はバレンタインデー

私宛のバレンタインのプレゼントだったのです

ニュージーランドでは、バレンタインに男性が女性に花束をプレゼントします
しかも、彼女や奥さまが働いている場合、仕事場に届けるのがクールな渡し方

お家やデートの場所で手渡されるのもうれしいけれど、
職場に届くのもいいもんです(*´∀`*)

なんたって、自慢できるから。はっはっは

いつも私をサポートしてくれるダーリンには感謝・感謝です。ありがとぅ〜〜

という訳で、今日は大きな花束を抱えて街を歩いている女性がいっぱいおりました(´ー`)

午後になると、学校帰り、仕事帰りの生徒さんたちがオフィスにやってきます
そんな生徒さんたちみなさんには、ピリ辛留学の代表から、ひとりずつ愛をこめて黄色いバラをプレゼント
みなさん、ピリ辛留学に参加してくれてアリガトウこれからも一緒にがんばりましょう
yellowrose






みんな「キャーー」と喜んでくれていて、
そんな生徒さんたちの姿を見ると、こっちまで楽しくなっちゃいます

しばらくして・・・

生徒さんたちがオフィスに集合・・・なになにみんな集まっちゃって、どうしたのと思っていると、

「HAPPY VALENTINE」

と、きれいな包み紙に包まれたチョコをくれました
choco






ベルギーチョコ・カフェラテ味のトリュフです。

「Takakoさんホワイトチョコ好きって言ってたから、ホワイトチョコが混ざってるやつなんです(・∀・)」
と生徒さん。

う・・感動です

まさか生徒さん達がそんなサプライズを用意してくれてるとは思わず、本当にうれしかったです(*´∀`*)
こんな瞬間があるから、この仕事が好きなんですよね

今日はダブルで幸せな日でした

3月東京・横浜・千葉・大阪 説明会開催!ご予約はお早めに!
ピリ辛バナー


February 12, 200718:52チャイマの意外な楽しみ方
PermalinkComments(3) 留学生活のネタ帳 
↓週末、温泉に行ってきました。やっぱり気持ちヨイ。応援ヨロシクです( ´∀`)
バナー緑
にほんブログ村 海外生活ブログへ

海外生活をする日本人がかなりお世話になる場所。

それはチャイニーズ・スーパーマーケット(通称チャイマ)

NZのスーパーに売っていない、白菜とか大根とかオクラとかも売ってるし、
中国製の日清のラーメンとかも売っていたり、
何かと日本人になじみの深い食材がいっぱい売っています。

そして何より、安い

というわけで、週末はよくチャイマに行きます

もうひとつのチャイマのお楽しみは、

商品に書いてある間違いまくっている日本語を読むこと〜〜


中国では日本製のものが人気なのか、
商品にみょ〜〜な日本語がてんこもり。
chinese







うん・・・、非常に惜しい
惜しいけど・・

違〜〜〜〜うっ(´Д`)

軽量「スズーソ」じゃナ〜イ(´Д`)
「スプーン」だから

「3つぅそらつて」じゃナ〜イ(´Д`)
なぜ小さい「ぅ」をいれるのー

「そらつて」じゃなくて「そろって」でしょ、ここでは小さい「っ」にして〜〜

「コソパクト」じゃないよ(´Д`)
「コンパクト」だよ。
「ン」と「ソ」は似てるけど違ーーう

商品ひとつひとつにこんな感じの間違いがあって、
爆笑ものもたくさんあります^^

3月「ピリ辛留学体験トライアルレッスン&説明会」ご予約はお早めに
ピリ辛バナー


February 09, 200720:0430歳以上の方の留学
PermalinkComments(2) モチベーションUP 
↓最近初めてGパンのひざが自然にやぶれて喜んでます応援よろしくです
バナー緑
にほんブログ村 海外生活ブログへ

到着したばかりの生徒さんや、
メールカウンセリングしている方に
「Takakoさんはおいくつですか」とよく聞かれるのですが、
私は今年31歳です

10代、20代の頃は、30歳にもなれば、
結婚もして、子供が2人くらいいて子育てに追われているだろうな〜
なんて思っていましたが、
まさか日本から遠く離れた南太平洋の小国ニュージーランドで、
「留学カウンセラー」という聞きなれない仕事をしているとは夢にも思いませんでした。

晩婚化が進み、30代からでもまだまだ自由に好きなことにチャレンジできるようになった今、ピリ辛留学にも30代の女性が数多く参加されています

30代、40代で留学される方は、不安も多く、
渡航前、留学を決意するまでは時間がかかったり、悩んだりする方が多いです
しかし、いざ、留学を決めた30代以上の方は、
みな、とても前向きで、行動力もあり、留学を思いっきり楽しんで頑張る方が多いです
やはり、ある程度の社会経験をつまれている「大人」なので、
しっかり自分のことを考え、「何をしなければならないのか」を常に意識して、勉強も遊びも思う存分満喫されています
バランスをとるのがうまいということです。

ニュージーランドに到着して、みなさん気づくんです。
「思ったより、年齢なんて本当に関係ないんだな。」
ということを。
hana







ニュージーランドでは初対面で、相手の年齢を聞くことはほとんどありません。
年齢を聞いてもあまり意味がないからです。
年齢がいくつであろうと、その人自身の性格にはなんの関係もないからです。

また、性別に関しても、職場での男女平等が確立されているので、
男性だから、女性だからという縛りもありません(むしろ女性が強めかな・・・)。
そのため、会社の育児休暇や国の子育て支援もものすごく手厚いものがあります。
たとえシングルマザーであっても、十分食べていけるだけの国からの援助があるので安心して子育てができます。
(だから離婚が多いという説もありますが^^;)

性別と同じように、年齢がいくつになっても仕事のチャンスがあると言えます。
求人広告には男女の区別はなく、また年齢制限ももうけていない会社が多いです。
実力さえあれば、男であると女であろうと歳がいくつであろうと平等にチャンスが与えられることに社会の寛容さを感じます。
特に最近は、好景気の影響でどこも人手不足なので、JOB MARKETは完全に売手市場の状態です。

あと私が思うことは、30代からの留学って、英語の勉強もさることながら、
人との出会いが重要なんですよね
恋愛系の出会いだけでなく、いろんな出会いがあります
その出会いによって、結婚、仕事の運がトントンビ拍子に開けていくことがあるから不思議です
私もいつも仕事・プライベート共に新しい出会いを大切にするよう心がけています

「3月“ピリ辛”トライアルレッスン開催」
ピリ辛バナー



February 07, 200713:26ピリ辛卒業生の国際結婚
PermalinkComments(5) モチベーションUP 
↓いつも応援してくださってるみなさま、ホントにありがとう
バナー緑
にほんブログ村 海外生活ブログへ

先週末、ニュージーランド人と国際結婚して現在南島に住んでいる、ピリ辛留学卒業生と久しぶりに再会しました

オークランドのカフェでお茶をしながら、旦那さまについて聞いてみました。

彼女は現在専業主婦。旦那さまは弁護士さんです。
お仕事は忙しそうですが・・・

夜は比較的早く帰ってきて、ディナーは必ず一緒に食べる。
なんでも「おいしい」と言って食べてくれる。
そして夕食後のお皿洗いはいつも彼。
朝、ご主人は早朝起きて朝食を食べずにでかける。
ランチは彼女がサンドイッチなどの簡単なお弁当を作ってオフィスに行って一緒に食べる。
日曜の家事は分担・・というか彼がやってくれる。
週末は、いつも一緒にいて、必ずどこかに連れて行ってくれる。


結婚後3年たった今でもそれは変わらないそうです。
sandwich
有名な話なので聞いたことがあるかもしれませんが、
ニュージーランドの旦那さまは「KIWI HUSBAND(キウィ・ハズバンド)」と呼ばれます。

ニュージーランドの国鳥である、飛べない鳥のキウィは、
メスが卵を産んだあと、オスが温めてふ化させます。
そのうえ、オスはせっせとエサをとってきてヒナに与えて子育てをするのです

そんなキウィの習性から、子育てや家事にとても協力的なニュージーランドの旦那さまは
「キウィ・ハズバンド」と呼ばれるようになったのです。

私も初めてホームステイしたときには、ホストファザーが仕事から帰ってきても、
当たり前のように家事をこなすのをみてビックリしたもんです

さておき、とーっても幸せそうな彼女をみて、本当によかったな〜と思いました
couple


私は彼女から、
彼女がニュージーランドに来る前、恋愛のことで随分苦しんでいたことを聞いていました。
20代のほとんどを、元彼のために尽くして頑張ってきた。
自分のことは考えずに、尽くしてしまう恋愛しかできなかった彼女。
そして彼とのつらい別れ・・・

20代最後の1年だけは自分だけのものにと、
英語なんてまったくできないのに、
ピリ辛留学にはいって、
まだ日常会話もおぼつかない時期に、ふとしたきっかけで今の旦那さまと出会って、
半年後には結婚してしまいました

ほんとアッという間の出来事だったので、私たちを含めまわりは大慌て。
一番びっくりしたのは実は本人だったかもしれませんが^^

人生分からないもんですね
まさか、ニュージーランドで国際結婚することになるとは、
夢にも思っていなかったでしょう。

そんな私もニュージーランドで働いて、生活することになるとは思っていなかった一人なんですけど^^

これからも、生徒さんのドラマを見守りつづけていきたいと思います

3月説明会「東京・横浜・千葉・大阪」にて開催
ピリ辛バナー