June 17, 201119:19ニュージーランドの自然エネルギー発電
Comments(0) ピリ辛スタッフのひとりごと 
「7月ピリ辛留学日本説明会」日程発表です!
<東京><大阪>会場にて行います
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください

こんにちは、Dr. Kです。
今年のニュージーランドはかなり暖冬です
いつ寒くなるのかなって思っていて昨日も日中20度くらいまで上がって
ホント温かいですよ

おかげでニュージーランドのスキー場はどこも積雪0
スキー場は軒並みスキー場開きを延期しています

私のスキーのキャンプはあと2ヶ月後なんですが大丈夫かな??

さて、前にもニュージーランドの電力供給の話をしましたが、
最新のNZ経済開発省の2010年の統計だと、
全発電量に対する水力の比率が56・4%で、
地熱、風力を合わせた自然再生可能エネルギーは72%に上るとのことです。

ホントニュージーランドはエコな国なんですね

先日ある番組でニュージーランドの地熱発電所のことが取り上げられていました。
ニュージーランドの全電力の約5%は地熱発電によって供給されています。

そして、その各発電設備はすべて日本製であると。
実は、日本の地熱発電に関わる技術は高く、
日本企業が世界の地熱発電設備容量の70%のプラントを供給しているとのこと。

では、日本の地熱発電の事情は?
日本において地熱発電によって生産されている電力量は535MW(53万キロワット)で
2010年段階で世界第8位

日本国内の地熱発電の発電量は、総発電量の0.2%を担うに過ぎないとのこと。
535MW(53万キロワット)は、福島第一原子力発電所にある中型原子炉1基分です。

しかし、潜在埋蔵量は約3300万kWで、福島第一原子力発電所の7倍とのこと

じゃあ、なぜ日本で地熱発電が積極的に推進されないのか

それは
・候補地となりうる場所の多くが国立公園等の開発に関する規制にひっかかる
温泉観光地となっていたりするため温泉への影響に対する懸念があること

でも、今はそんなこと言ってる場合じゃなくなってきましたね

地熱発電の技術と資源がある日本

今後一気に開発が進むといいですね

安心、安全な生活って、
日本では当たり前だったことが今、失われようとしています。
本当に悲しいことです

一日も早い日本の復興が来ると良いのですが・・・


-----------------------------------------------------------------------
キラ☆ペラ親子留学
ホームページご覧ください
↑ ↑ ↑ コチラ ↑ ↑ ↑ をクリック

-------------------------------------------------------
「人気ブログランキング」応援、よろしくお願いしますヽ(・ε・)人(・ε・)ノ
人気ブログランキングへ

コメントする

名前
 
  絵文字