January 13, 201209:00オークランドの不動産バブルの再来か?
Comments(0) ニュージーランドの魅力 

「2月・3月ピリ辛留学説明会(無料)」日程発表
今回は<東京><横浜><大阪><名古屋>4か所の会場にて行います
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
----------------------------------------------------------
こんにちは、Dr .Kです。
ちょっと遅くなりましたが、
明けましておめでとうございます。
年末年始、皆さんはよい休暇をお過ごしになりましたか。

私は年末年始はハワイで過ごしました。
年末年始のオークランドの天気は、毎日雨でしかも気温も低かったので
急遽、ハワイに飛び、を満喫してきました。
現地は今年は比較的涼しくて過ごしやすい気候でしたよ

さて、今年はいきなり難しいお話からです

昨年来、世界の経済は混沌として状況が続いていますね。
ユーロ圏内の国債問題に発する各国経済の破綻懸念や
中国やインドなど新興国の経済成長の鈍化、
日本国内では円高による産業の空洞化問題など
世界は心配事のデパートの様相です。


そんな最中に信じられないようなニュースが飛び込んできました

Auckland property values increased by 4.3 per cent, ending the year at their
highest level ever - 1.4 per cent above the 2007 market peak.
(The New Zealand Herald紙)
AucklandHarbourBridge

上記の意味は、
「昨年1年間にオークランドの地価が4.3%上昇し、地価がピークだった2007年よりも
1.4%上昇したと」のこと。

まさに、ええええ・・・・マジですか・・・??
では、ニュージーランドの景気がそんなに良いのかと言えば、

答えは
Yes and Noなんです

Yesと言った意味は、
言わずと知れた、ニュージーランドは酪農国で、乳製品の輸出国であります。
近年、世界の乳製品の需要が大きくなっている関係で
乳製品の国際価格が上がって
ニュージーランドの農家が潤い、
景気が良くなる意味のYES。

NOと言った意味は
ニュージーランドは観光立国でもあり、
世界中から観光客が訪れれば国も潤うが、
世界の景気が悪くなれば
当然観光客も減るため減収になり
景気が悪くなるという意味のNO。

もちろん、上記2つの要因だけでニュージーランドの
景気が良くなったり悪くなったりするわけではないが、
大きな要因になっていることも事実なんですね。

じゃあ、なんで地価がそんなに上がるのか?
それは住宅地の需要と供給のバランスの問題なんですね。

需要:家を買いたい人
供給:家を売りたい人

今、オークランドはこのバランスが崩れているのです。

家が買いたいひとが多い
家を売りたい人が少ない

つまり家を買いたくても、売り物が少なくて買えないということなんです。
今、オークランドは深刻な住宅不足になっているのです

その理由は、
人口がここ10年で急速に増加したしも関わらず、
建設業界が景気の低迷を予想して、
新規の建設を減らしているからなんですね

ニュージーランド全体でも見ると、当然地価は下がってます。
やはり、2007年のピーク時に比べて、3.5%低下しています。

ということは、
オークランド+4,3%⇔ニュージーランド全体-3.5%
その差は実に7,8%の景気の温度差があるということです。

そして、じゃあなぜオークランドだけ上がるのか、

まずは国内の事情として、
国全体の景気が悪いのですが、
ニュージーランドの唯一の100万人都市、
オークランドに人口が集中してきている事。

また、人口の流入はニュージーランド国内からだけではなく、
移民立国でもあるニュージーランドの
快適な生活や、住環境を求めて
国外から移民者の数が益々増えている事も大きな要因です。

私がオークランドに暮らしていて
明らかに感じることは、
この街は決して景気が悪くないこと

そして、人口の増加に伴い、
様々なビジネスのチャンスをあること。

例えば、住宅建築業界が正にそれで、
元々、この国ではその業界自体の規模が小さい上に、
住宅不足が重なり、需要に供給が追い付かない状態が益々悪化して、
住宅価格に影響しています。

我々、ローカルは
是非、日本の住宅メーカーさんに参入していただければと思っています。

まあ、とにかくこの国の大工さんは最悪なんですよ。
仕事いい加減!
仕事遅い
仕事しない

この大工の質に関しては、大きな社会問題になっているんです。

ホント、日本の住宅メーカーさん期待しております

Good day

「女性のためのピリ辛留学」
説明会に参加できない地域にお住まいの方もご安心ください
体験レポート“説明会に行かなくても安心できるエージェントというのが判断基準でした”は、コチラです

ピリ辛バナー


お問い合わせ、資料請求はこちらから

-------------------------------------------------------
「人気ブログランキング」応援、よろしくお願いしますヽ(・ε・)人(・ε・)ノ
人気ブログランキングへ


コメントする

名前
URL
 
  絵文字