September 14, 201218:00一人旅のススメ
Comments(2) モチベーションUP 
「10月ピリ辛留学説明会(無料)」ご予約受付中
今回は<東京><大阪><名古屋><福岡>4か所の会場にて行います
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
----------------------------------------------------------------------
こんにちは、Dr. Kです。
先週、スキー場での山籠りの仕事から解放されて、
オークランドに戻ってきました

ポカポカ陽気を期待して帰ってきたのですが、
この時期としては珍しい、
まさかの寒波がニュージーランド列島を覆い
かなり寒くてビックリです

スキー場は今年は雪不足で大変だったのですが、
各スキー場は大雪で、
今シーズンは後2,3週間で営業が終了するにも関わらず、
皮肉なことに今が一番雪の良い状態です


さて、今日は旅のお話。

私は長年、日本のスキー業界と関わって仕事をしてきました。
日本の女子アルペンスキー日本代表にとっては厳冬の時代が到来してます。
先シーズンから国からの代表チームに対する補助が一切カットされ、
各選手の活動はすべて実費で行わなければならなくなりました

スキーの選手は、
1年中を雪を求め練習場所を探しトレーニングを積み、
冬の間はヨーロッパ、北米のスキー場を中心に
試合で転戦を重ねるスケジュールで遠征費は年間数百万円になります。

各選手は各スキーの用具メーカーや企業とスポンサー契約を結び、
遠征費、また自分の生活費を捻出しているわけですね

ところがアルペンスキーは一昔と違い、
今やマイナースポーツのカテゴリーに入るため、
なかなかスポンサーが付きづらい立場あります

そうなると、選手は限られた金額の中で、
自己努力をしなければならないんですね

じゃあ、自己努力とはどうやってするのか?

その答えは簡単で、
日本の旅行代理店などを通さずに
自分ですべて手配をするということです

先日もある女子選手の話を聞いて、
プロの旅行コーディネーター顔負けの知識を持っていて
ビックリしました

彼女は100キロ近くあるスキー用具を持って、
ヨーロッパや北米各地を個人でレンタカーを借りて、
自分一人で転戦しているとのことでした






・自分で目的地までの車のルートを調べて、
・目的地の宿を決めて、
・食事の手配して
・試合のスケジュールの確認をして、
などなど、代表チーム所属の選手だったら、
そういった事務的な事は、
チームマネージャーあるいは、
連盟はチーム単位で行います。

選手は試合のことで頭がいっぱいのはずなのに、
そういった雑務までこなさなければいけない、
しかも異国で・・・

私も以前、同じような体験をしてたのですが、
とにかく大変です

そして、そんな逆境のなかで生まれたのが、
彼女の英語コミュニケーション能力なんですね。

外国で彼女のすべての手配には英語が関わってきます。
彼女はほとんど英語の勉強をしたことがないとのことでしたが、
まずびっくりしたのは、
ホテルや空港などでの彼女の英語ヘアリング力は相当な実力でした








ピリ辛留学にはTOIEC800点以上取得していても
会話ができないと嘆く方が多々いらっしゃいますが、
正直に言って、彼女のヒアリング力はTOIECの高得点者よりも遥かに上でした

また、自分の言いたい事を正確に伝えること、
つまり、スピーキング力ですが、
確かにBrokenな英語ではあったのですが、
数字が絡む会話、
特に日付、金額、期間などを相手に伝える時に、
必ず何度も確認をするという習慣ができているためか、
相手も彼女の言いたい事を正確に把握をしていました。

旅は人間をひとまわり大きくすると言いますが、
ピリ辛留学の学生もニュージーランドをラウンドして
ひとまわり(体重も)大きくなってくる方が多いです。

私はそこで、英語を上達させたいと思っている方に
是非、「一人旅のススメ」をしたいと思います

日本旅行社に頼んで最小限の英語だけ使うだけの旅ではなく、
一人で手配をして、一人で旅行を組み立て実行する。
一人旅は自分だけが頼りです。
自分がCAPTAINであり、
旅行中は
自分がSOUL MASTERにもなれる。

机上の勉強で、
TOIECの高得点だけを目指すのではなく、
真の意味での英語コミニケーション能力を是非養ってください。

ピリ辛留学卒業生諸君
旅でひとまわり(体重も)大きくなったと思う方
是非、君たちのニュージーランドの旅の英語体験を
このブログに書き込みしてください

よろしく!!
----------------------------------------------------------------------
女性のためのピリ辛留学
ホームページご覧ください
↑ ↑ ↑ コチラ ↑ ↑ ↑ をクリック

キラ☆ペラ親子留学
ホームページご覧ください
↑ ↑ ↑ コチラ ↑ ↑ ↑ をクリック
-------------------------------------------------------
1日1回、ポチッと応援クリックをお願いします
        ↓ ↓ ↓
     人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

1. Posted by Keiko Konda   September 24, 2012 13:42
4 Kさま

滞在中は本当にお世話になりありがとうございました。フィールドワークを体験したおかげで、店員さんに話しかける恐怖心が激減して、これなら一人旅できるかもしれない・・・というマインドに変化しました(できる、というのは錯覚かもしれませんが)。

来年の11月くらいに、一人でミルフォードトラックに行ってみようかと思っています。

ありがとうございました
2. Posted by Dr K   September 24, 2012 13:57
KONDAさん1週間大変お疲れさまでした。外国人恐怖症が治ってよかったですね。でも、KONDAさんって誰でも人懐っこく話しかけていく感じだから、外国人恐怖症ということがいまだに信じられないんですよね。世界人類みな兄弟ですよ。

あっそうだ、これからは外国人と対面した時に、みんな外国人のお面かぶってる「大阪のおばちゃん」と思ってください。それなら安心でしょう(笑)

一人でミルフォードトラックですか、いいですね!!

引き続き、お勉強続けてくださいね。

Good luck and keep in touch





コメントする

名前
 
  絵文字