September 28, 201214:37肝っ玉ホストマザー
Comments(3) 留学生活のネタ帳 
「10月ピリ辛留学説明会(無料)」ご予約受付中
今回は<東京><大阪><名古屋><福岡>4か所の会場にて行います
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
----------------------------------------------------------------------
こんにちは、Dr .Kです。
オークランドは今、桜が満開で温かくなってきましたよ。

今日は私のお気に入りのホストマザーのジャッキーの話です。

彼女は8年前にジンバブエからの移民したきた方で、
14歳の息子さんと二人暮らしで、
ノースショアの小奇麗な一軒家に住んでいます

2年前始めて会った時、家の増築工事中だったので、
「なんかバタバタして大変だね」
って声をかけたら、
「そうなの、週末に少しずつ作業してるのよ」と言っていたので、
週末に知り合いの大工さんがやってくれているのかなとおもったら、
彼女が一人でやっているとのこと

昨日伺った際も、ベランダの取りつけ作業をしていて、
ベランダの足の部分にコンクリートを入れ込んでいる最中だった

また、前に聞いた話では、
自宅の庭をきれいにする際に、
自分が勤めている会社から重機とトラックを借りて、
重機で竹やぶを切り取って。
大型トラックに載せて捨てに行ったそうだ

彼女は底抜けに明るく、
そして、いつもハッピーでパワフルの肝っ玉母ちゃんです。

でも彼女の、どこからそんなパワーが生まれてくるのか?
彼女がここまで生きてきた人生は決して平坦な道ではなかったのです

彼女の国、ジンバブエは南アフリカ共和国と隣接している小国で、
元々はイギリスの植民地で地下資源と農業が主産業で
イギリス系入植者が中心の大変の豊かな国であった。
しかし、イギリスから独立後、
白人と黒人の間に軋轢が生じ、内戦状態に陥り、
現在はロバート・ムガベ大統領の独裁政権下にあり、
劣悪な経済事情に加えて、秘密警察による監視や反体制派への暴力など言論の統制を受けることから
「世界最悪の独裁国家」と評される国にまでになってしまいました。

彼女の実家は元々は大変裕福な家で、
なに不自由のない生活に送っていたのですが、
内戦後、独裁政権から執拗な制裁を受け、
電気、水道などが止められて、
ジンバブエを脱出する前は
自宅のプールの水で家族が生き延びて、
ご両親や兄弟と共に命からがらニュージーランドに脱出してきたそうです

脱出してきた当時、
14歳の息子さんはまだ2歳だったそうで、
ホントに苦労して今の生活を築いたそうなのです。
その話を彼女は独特のユーモアを交えながら、
私に話してくれたのですが、
決して暗い話ではなく、
ホント面白おかしく話してくれる彼女に
私はいつも感銘を受けています。

自分でできることはすべて自分でやるというポリシーで、
先程の家の増築、改装、ランドスケーピングなど、
彼女にとって週末の楽しい余暇だそうです

彼女は強く、逞しく、そして何よりもすべての事をポジィティブに考える余裕、
私はホントに彼女のことが好きで、
お家にお伺する度に元気をもらっています

ピリ辛留学の学生もこの家庭には随分お世話になっていて、
時には彼女の豪快さに圧倒(笑)されているようですが、
先日到着した新しい学生も直ぐにこの家庭が気に入ってくれたようです、

学生諸君は是非彼女のポジティブな考え方に刺激を受けて、
ニュージーランド生活を楽しんでいただきたいです

ジャッキー母ちゃん、すげーカッコいいぜ!
----------------------------------------------------------------------
女性のためのピリ辛留学
ホームページご覧ください
↑ ↑ ↑ コチラ ↑ ↑ ↑ をクリック

キラ☆ペラ親子留学
ホームページご覧ください
↑ ↑ ↑ コチラ ↑ ↑ ↑ をクリック
-------------------------------------------------------
1日1回、ポチッと応援クリックをお願いします
        ↓ ↓ ↓
     人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

1. Posted by Natsuyo Irisa   October 03, 2012 21:33
jackie母ちゃんだいすき!!すっごく楽しかったし、一番嬉しかったのは、私のためにゆっくり話してくれたり、私が話そうとすると耳を傾けて一生懸命話を最後まで聞いてくれたことでした。
絶対また会いに行こうと決めています!!
元気そうで何より☆
相変わらずカーペンターなんですね笑
2. Posted by Dr K   October 04, 2012 10:39
IRISAさん、お元気ですか。昨年10月の説明会でお会いしましたね。8月にお越しいただいた時はスキー場にいたのでお会いできず残念でした。

Jackieはホントいい味出してますよね。

この間伺った時は、”カーペンター”というより”山賊”って感じで出てきました。

庭で作業してて、頭に葉っぱがついていて、手が泥だらけで「ゴメン、ちょっと洗うまで待ってて」と言われて恥ずかしそうにしてましたよ。

IRISAさんが泊った部屋の窓側の壁を打ち抜いて、外にベランダを作ってました。
3. Posted by Natsuyo Irisa   October 04, 2012 21:26
そうですかー!!いろいろと改造計画を聞いてはいましたが・・・やることが大胆ですね笑
次に会いに行った時は別のおうちになっているんでしょうね。それもまた楽しみ☆
ピリ辛ですごくお世話になりました。こちらこそお会いできずで残念でしたが、またNZ遊びに行きたいと思いますー!!

コメントする

名前
 
  絵文字