January 25, 201305:05ゴルフ天国ニュージーランドでプレイしてみよう!
Comments(0) ニュージーランドの魅力 
「2月ピリ辛留学説明会(無料)」ご予約承っております
<東京><大阪><名古屋>3か所の会場で開催中
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
----------------------------------------------------------------------
こんにちは
今日も元気にパシるパシリ系フレッドです

人口444万人のニュージーランドには、約400程のゴルフコースがあり、
この数は、人口1人当たりのごフルコース数では世界一なんです
ゴルフは庶民のスポーツで、気軽にできるのが魅力

日本でも石川遼選手、宮里藍選手らの活躍で、
ゴルフ人気がでてきましたよね。
ちなみに日本は2400程のゴルフコースがあるそうです。

ゴルフを一度もやったことがなくても、
パーやバーディー、イーグル、アルバトロスという
呼び名は聞いたことがあるかと思います
ゴルフのスコアは、Par(パー)を基準に1打少なるたびに、
そういった呼び名があるのですが、
これらは全て鳥の名前から付けられています(*´∇`*)

一説によると、バーディという用語は、
「flew like a bird(鳥のごとく飛んだショット)」からとられ、
第一次世界大戦と第二次世界大戦の間にアメリカで一般化。
Bird(バード)には,アメリカのスラングで「優れた」「素晴らしい」という意味があり,
それが幼児語のbirdie(バーディ)に変化したみたいですw(゚o゚)w オオー!

Birdieは小鳥、Eagleは鷲、Albatrossはアホウドリと、
鳥の大きさの違いから名付けられました

では、逆に規定打数より多くなると
ボギー、ダブルボギー、トリプルボギーと呼ばれますが、
こちらは鳥とは無縁の言葉です

世界でも有数の鳥の楽園と呼ばれるニュージーランド。
そんな鳥の名前に由来するスコアがとれたら2重の喜び

料金も手頃で気軽にプレーできるコースが多数あるので、
是非ニュージーランドの大自然の中でのゴルフをお楽しみください
Golf










----------------------------------------------------------------------
女性のためのピリ辛留学
ホームページご覧ください
↑ ↑ ↑ コチラ ↑ ↑ ↑ をクリック

キラ☆ペラ親子留学
ホームページご覧ください
↑ ↑ ↑ コチラ ↑ ↑ ↑ をクリック
-------------------------------------------------------
1日1回、ポチッと応援クリックをお願いします
        ↓ ↓ ↓
     人気ブログランキングへ

コメントする

名前
 
  絵文字