February 22, 201315:53雨乞いが必要、ニュージーランドで??
Comments(0) ピリ辛スタッフのひとりごと | ニュージーランドの魅力
「5月ピリ辛留学説明会(無料)」ご予約受付中
今回は<東京><大阪><名古屋>3か所の会場にて行います
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
----------------------------------------------------------------------
こんにちは、久々登場Dr. Kです。
先週日本から戻りました。

とにかく、日本は寒かったです。
もう2月に日本には行きたくないなんて贅沢な話しになりますが、
でも、夏の楽園ニュージーランドを離れるのは、
やっぱりツライ

ということで、オークランド空港に到着して
直ぐにビーチに向かい3週間ぶりの夏を味わい
夏のまぶしい太陽からエネルギーを注入してもらい、
AUCKLAND BEACH













その後、ビーチ前のお気に入りBARで、
ギンギンに冷えたビールと白ワインを胃袋に流し込んで
相当元気なりました。
SEA VIEW BAR







イヤー、ニュージーの夏は最高です
と、呟きたいところなんですが、
実は思うわぬところで問題が・・・・

実は今年に入ってまともに雨が降ってないのです。
ホント、毎日ピーカンなんです。

雨が降らないと大変困るのは農家。
ご存知、ニュージーランドの酪農の国。
雨が降らないと、家畜の餌になる牧草が枯れて
牛ちゃんや羊ちゃんの食べ物は足りなくなったしまうのです。
FARM











そうなると、当然死んでしまう家畜がでますので、
ミルクや肉の値段が高騰するんですね

また、山火事が各地で発生しているようです。
明日、ピリ辛留学は遠足でMATAKANAのFARMERS MARKETに行くのですが、
その周辺の農地で山火事が発生した模様。
大丈夫かな???
MATAKANA BUSH FIRE






ところが、泣くものあれば、笑うものあるのも世の常。
干ばつで笑うものはワイン農家なんですね。
ワイン用のブドウは干ばつになると、
実の糖分値が上がり、良質なワインができることで知られています。
そうなると、2013年度産のワインは最高なものになる可能性が大です
WINERLY















ニュージーランドにはワイン農園が600以上あり、
ワインのこの国では主要な輸出農産物であります

ワイン好きの私としては、
量質のワインが生産されることは、
大変、大変喜ばしいことであり、
白ワインなら最短で今年の10月位に新酒が味わえそうです。
今から、かなりワクワクしています。

さて、明日は遠足です。
前述したMATAKANA & 海洋保護区のGOAT ISLANDに渡り
シュノ―ケリングに挑戦!

今日は明日に備えて早く寝るぞ
----------------------------------------------------------------------
女性のためのピリ辛留学
ホームページご覧ください
↑ ↑ ↑ コチラ ↑ ↑ ↑ をクリック

キラ☆ペラ親子留学
ホームページご覧ください
↑ ↑ ↑ コチラ ↑ ↑ ↑ をクリック
-------------------------------------------------------
1日1回、ポチッと応援クリックをお願いします
        ↓ ↓ ↓
     人気ブログランキングへ

コメントする

名前
 
  絵文字