May 23, 201417:52世界で活躍する女性映画監督に期待!
Comments(0) モチベーションUP 
「6月ピリ辛留学説明会(無料)」ご予約受付中
今回は<有楽町><渋谷><大阪><福岡>の会場にて行います
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
----------------------------------------------------------------------
こんにちは
今日もパシるパシリ系フレッドです

現在、フランスのカンヌで開かれている
世界で最も有名な国際映画祭、今年で67回目となる
カンヌ国際映画祭
が行われております。

コンペ部門の審査員を務める9人の審査員の中、
今年の“審査員長”を務めるのは、ニュージーランド出身の映画監督であり、
脚本家でもプロデューサーでもある【ジェーン・カンピオン氏】なんです。
janecampion[1]









彼女は、「ピアノ・レッスン」
パルムドールを取っている唯一の女性監督
世界的に映画界で成功した女性映画監督の一人なんです

パルムドールの他にも、この作品は、第66回のアカデミー賞において、
作品賞を含む8部門にノミネートされ、
脚本賞、主演女優賞、助演女優賞の3部門受賞した作品となりました
piano_ver1[1]










(このビーチは、オークランドから車で1時間弱くらいの場所です)

彼女は、女性の監督の方が「より女性的な視点」を提示すると
世界に驚きを持って受け止められる傾向にあると述べ、
これからの女性映画監督の活躍を期待しております

ちなみに、彼女は、世界3大映画際の1つ、
<ヴェネツィア国際映画祭>の審査員長は既に務めたこともあります。

今年のカンヌ国際映画祭では、
ジェーン・キャンピオン氏を含め、5名の女性審査員を占めており

・ヴェネツィア国際映画祭で、金獅子賞を受賞したソフィア・コッポラ監督
・韓国の女優チョン・ドヨン氏
・007のボンドガール、フランス人女優キャロル・ブーケ氏
・イランの女優レイラ・ハタミ氏

また、今年は、日本から河瀬直美監督の「2つ目の窓」が出品されており、
これからの女性映画監督の活躍に期待です
----------------------------------------------------------------------
女性のためのピリ辛留学
ホームページご覧ください
↑ ↑ ↑ コチラ ↑ ↑ ↑ をクリック
-------------------------------------------------------
1日1回、ポチッと応援クリックをお願いします
        ↓ ↓ ↓
     人気ブログランキングへ

コメントする

名前
URL
 
  絵文字