July 18, 201418:30来週はマオリ語週間です!
Comments(0) 留学生活のネタ帳 
「9月10月ピリ辛留学説明会(無料)」ご予約受付中
今回は<有楽町><渋谷><大阪><名古屋>の会場にて行います
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
----------------------------------------------------------------------
Kia ora
今日もどこへでもパシるパシリ系フレッドです

皆さんニュージーランドの公用語は【英語】だけと思っている方も多いはず。
実は、ヨーロッパ人の入植前からマオリ族の人々によって
話されていた【マオリ語】も公用語なんです。
ニュージーランドでは来週7月21日〜27日まで
<Maori Language Weekです。
FF87CD5C-15EA-4AC9-B7B7-86BB38A0986D[1]







流暢に使える人は少ないですが、簡単な挨拶くらいは皆さん知ってます。

マオリ語は、音節が必ず母音で終わり、ローマ字に近く、
日本人には親しみやすいんです
また、大抵のマオリ語は合成語になっている特徴があります。
例えば、ニュージーランドをマオリ語で言うと、
Aotearoa (アオテアロア)と言います。

ao (アオ) 雲
tea (テア) 白い 澄んだ
roa (ロア) 長い 高い

をくっつけて、<長く白い雲 = ニュージーランド>となります

マオリ語で数を数える時は、
が「tahi(タヒ)」、が「rua(ルア)」、が「toru (トル)」と数えます。

roto (ロト)は湖という意味なので、
観光地としても有名なRotorua (ロトルア)は、
「2つの湖」という意味なんです。

土ボタルで有名なWaitomo (ワイトモ)は
waiは水
tomoは穴
で「水と穴」

クレイフィッシュ (伊勢エビ)やホエールウォッチングで
有名なKaikoura (カイコウラ)は、
kaiは食べる、食べ物
kouraはクレイフィッシュ
で、「クレイフィッシュを食べる」
という意味となります

こんなのがたくさんあるんですよね。

ニュージーランドの地図を眺めていると、
Whanga〜という地名が何ヵ所かあります。
このWhangaは湾、入江という意味があるので、
海沿いの場所というのが分ります。

これらの単語など知っておくと、その地名の意味がわかり、
訪れた時の感動も一味違ったものになるかと思います。
機会があれば、是非チャレンジしてみてください
----------------------------------------------------------------------
女性のためのピリ辛留学
ホームページご覧ください
↑ ↑ ↑ コチラ ↑ ↑ ↑ をクリック
-------------------------------------------------------
1日1回、ポチッと応援クリックをお願いします
        ↓ ↓ ↓
     人気ブログランキングへ

コメントする

名前
 
  絵文字