September 19, 201418:30明日はニュージーランド総選挙!
Comments(0) ピリ辛スタッフのひとりごと 
「9月10月ピリ辛留学説明会(無料)」ご予約受付中
今回は<有楽町><渋谷><大阪><名古屋>の会場にて行います
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
----------------------------------------------------------------------
こんにちは
今日もどこかへパシるパシリ系フレッドです

さて、連日TVや新聞、道端の看板などで良く見る選挙ニュース。
明日20日に「ニュージーランド総選挙」が行われるんです

ここニュージーランドは、国民の選挙で選ばれる議員からなる議会で、
国政選挙は3年に一回行われ、
120議席 (選挙区70、比例50)を争うこととなります。

議会で過半数を占める政党(または連立与党)の党首が
首相になり内閣を組閣となります

ニュージーランドは
≪National (国民党)><Labour (労働党)>が2大政党ですが、
今回、与党「National」が支持率で野党「Labour」を大きく引き離しており、
単独で過半数を獲得できるかが焦点となっております

ちなみに、7月の世論調査では、
National 54.9%
Labour 26.5%
Greeens 9.9%
の支持率でしたが、

8月の世論調査では、
National 50%
Labour 25.2%
Greeens 13.7%

9月10日時点の支持率は
National 45%
Labour 25%
と支持率は少し低下しているようですが、
依然National (国民党)が優勢

ただ、National (国民党)が単独過半数を取れない場合、
少数党との連立の行方次第で政権交代する可能性があり混戦模様。
今のところ、National (国民党)はUnited Future (統一未来党)、
ACT党、マオリ党と連立協力関係です。

さてさて、この2大政党ですが、
今回公約に掲げてるのは、
<与党National (国民党)>: 
所得者層の不満解消のため所得税減税を打ち出し、
外資誘致には前向き。

<野党 Labour (労働党)>
住宅難などへの与党の対応が不十分だとして、
新税の導入や外資の審査基準の厳格化を公約に掲げる。

ここで生活している人、これから生活しようとしている人とで
支持する政党も変わってくるかと思います
さてさて、泣いても笑っても残り1日
私も近所の投票所行ってきます
Election 2014






----------------------------------------------------------------------
女性のためのピリ辛留学
ホームページご覧ください
↑ ↑ ↑ コチラ ↑ ↑ ↑ をクリック
-------------------------------------------------------
1日1回、ポチッと応援クリックをお願いします
        ↓ ↓ ↓
     人気ブログランキングへ

コメントする

名前
 
  絵文字