December 12, 201418:30海外での日付の表記には気を付けよう!
Comments(0)
「1月ピリ辛留学説明会(無料)」ご予約受付中
今回は<有楽町><渋谷><大阪><名古屋><福岡>の会場にて行います
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
----------------------------------------------------------------------
こんにちは
師走も爆走中のパシリ系フレッドです

私も日々の放課後補習を担当していて、
生徒さんの英語日記をみております。

まず日記なので日付から書いていただいているのですが、
初めてピリ辛留学の放課後補習に参加される生徒さんの多くの方が、
アメリカ式の英語の日付の書き方なんですよね。

<えっ 何が違うの?> と言いますと、

アメリカ式の表記では「曜日、、年」の順序で表記します。
イギリス式の表記では「曜日、、年」の順序で表記します。

日と月が逆になります

ニュージーランドはイギリス式>となりますので、

(1) Wednesday, 12 December 2014 (曜日、日、月、年)
(2) 12 December 2012 (日、月、年)
(3) 12 December (日、月)

曜日の表記を省略したり (例:Wednesday → Wed.)、
月を省略したり (例:March → Mar.)することも一般的に行われています

ちなみにアメリカ式表記では、

(1) Wednesday, December 12 2014 (曜日、月、日、年)
(2) December 12 2012 (月、日、年)
(3) December 12 (月、日)

となります 

皆さま、海外旅行に行った際、
賞味期限や消費期限の日付の表記には気を付けましょう
Exp








----------------------------------------------------------------------
女性のためのピリ辛留学
ホームページご覧ください
↑ ↑ ↑ コチラ ↑ ↑ ↑ をクリック
----------------------------------------------------------------------
1日1回、ポチッと応援クリックをお願いします
        ↓ ↓ ↓
     人気ブログランキングへ

コメントする

名前
 
  絵文字