April 06, 201518:30樹齢1000年以上、カウリの巨木を歩く
Comments(0) ピリ辛スタッフのひとりごと 
「9月開催決定!第2弾ニュージーランド縦断弾丸ツアー」只今ご予約受付中
今回は10名様限定のため先着順とさせていただきます。
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
----------------------------------------------------------------------
こんにちは
イースターホリデー中もパシるパシリ系フレッドです

今日のニュージーランドはイースターマンデーで祝日
そんな中、私はオークランドから北へ車で4時間程の場所
Hokiangaという所に来ています

ここからすぐ近くにワイポウア・フォレストと呼ばれる
ニュージーランド原産の貴重な巨木カウリが見られる森林保護区があり、
マオリ語で<森の神>と呼ばれる現存する最古のカウリ「タネ・マフタ」
幹の胴回りが16メートルもある最大の
「テ・マトゥア・ナヘレ」(マオリ語で<森の父>)が見られる場所なんです
ちなみにタネ・マフタは日本の屋久杉と姉妹樹を結んだ木なんですよ。
Waipouwa








ニュージーランドの先住民マオリも日本と同じで多神教
山や海の神があれば木の神さまもいます。
そんな木にまつわる神話もたくさんあるんです

本当にワイポウアの森は樹齢1000年を越える
カウリの巨木達が静かに息づいていて、
そんなスピリチュアルな場所をゆっくりと森林ウォークを楽しんできました
----------------------------------------------------------------------
女性のためのピリ辛留学
ホームページご覧ください
↑ ↑ ↑ コチラ ↑ ↑ ↑ をクリック
-------------------------------------------------------
1日1回、ポチッと応援クリックをお願いします
        ↓ ↓ ↓
     人気ブログランキングへ

コメントする

名前
 
  絵文字